【キース・ジャレット】K プロジェクトからまたまた驚愕音源が!!

キャシュレス5%還元対象

キース・ジャレット・トリオ / ディフィニティブ・ハンブルグ 1989

2122784.jpg

1989年のワールド・ツアーから「ベスト・パフォーマンス」とマニア言われた非公式盤「スタンダード・アット・ムジークハレ」が再放送された超クリアーなデジタル音源よりブラッシュ・アップされ「K プロジェクト」より登場しました。

数年前に廃盤となった旧タイトル「スタンダード・アット・ムジークハレ」ですが、1980年代にラジオ放送されたライブをエア・チェックしたカセット・テープをマスターとして使用しておりテープ自体の経年劣化故、ヒスノイズも気になる楽曲もありました。また当初の放送ではオーディエンスの拍手もカットされていた楽曲もありました。今回、デジタル放送された音源では様々な不満をすべて解消してしまう音源となります。三人が織りなすサウンドは、正にオフィシャルと勘違いしてしまうレベルとなり、一層立体感が感じられる音源に誰もが涙してしまいます。オープニング「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」においてキースが奏でる1音、1音が清流の如く清いフレージングで貴方の心の奥底まで響いて来ます。「指で弾く」といベースの感覚が手に取るよう判るゲイリー・ピーコックの音像にも心温まります。更にキースのピアノにデジョネットの淀みのないシンバル、スネアが生み出す美音が重なり合って非公式盤というレベルを遥かに超越した美音世界に浸ることが出来ます。何回も何回も聴いてきたハンブルグ公演。あの名作がまったく生まれ変わってしまった究極タイトル。最大限の賛辞を持って存分にご堪能下さい。

Disc 1
1.My Funny Valentine
2.Never Let Me Go
3.All Of You
4.The Cure

Disc 2
1.Summer Night
2.Everything Happens To Me
3.I'm A Fool To Want You
4.I Remember Cliford
5.U Dance

ライブ・アット・ムジークハレ、ハンブルグ、ドイツ 10/18/1989

キース・ジャレット(p)
ゲイリー・ピーコック(b)
ジャック・デジョネット(dr)

head01.jpg

【ビル・エヴァンス】1976年、パリ公演の全曲版が遂に入荷!

キャシュレス5%還元対象

ビル・エヴァンス・トリオ / パリ 1976 完全版

212276.jpg

1976年11月5日、「ザ・パリ・コンサート」の全曲盤が過去、動画サイト等で出回っていた音源とは異なり、今年2019年に再放送された音源より収録したファン感激のアイテムが登場しました。フイァンタジー・レーベルからリリースされた「ザ・パリ・コンサート」は、ファンの間から放送音源ながら名音源盤として大変良く知られた名盤です。ファンタジー・レーベルからリリースされた9枚組には収録されて、また国内でも単独盤も出ていました。しかしながら、現在では入手困難盤となり再発が求められている音源でした。今回リリースされた音源は、その「ザ・パリ・コンサート」には未収録であった「アップ・ウィズ・ザ・ラーク」、そして「クワイエット・ナウ」をも含んだ全11曲となります。しかも、今年になってフランスのラジオ局で再放送されたマスター音源を元ソースとしていますので、その音質時の経過を忘れてしまう正にオフィシャル級音質で末永くお聴き頂ける名作となります。

1.Up With The Lark
2.34 Skidoo
3.Time Remembered
4.Quiet Now
5.TTTT (Twelve Tone Tune Two)
6.Sugar Plum
7.Turn Out The Stars
8.Someday My Prince Will Come
9.Minha (All Mine)
10.All Of You
11.Waltz For Debby

ライブ・アット・スタジオ 104,メゾン・ドゥ・ラジオ、パリ、フランス 11/05/1976

ビル・エヴァンス(p)
エディ・ゴメス(b)
エリオット・ジグムンド(dr)

head01.jpg

【ジャイアント・オブ・ジャズ】1972年、パリでのライブを放送音源で収録!

キャシュレス5%還元対象

ザ・ジャイアント・オブ・ジャズ / オリンピア 1972

212277.jpg

ジャズ・プロモーター、プロデューサーとして数々の舞台を創り上げるジョージ・ウェインによって企画された「ザ・ジャイアント・オブ・ジャズ」の1972年ヨーロッパ・ツアーからパリ、オリンピア劇場におけるライブを放送音源より初めて全10曲記録した2枚組が登場しました。

ジャイアント・オブ・ジャズの名は伊達じゃない豪華メンバーで構成されています。セロニアス・モンクを筆頭としてディジー・ガレスピー、アート・ビレイキー、カイ・ウィンディング、ソニー・スティット、そしてアル・マッキボンという文字通りのジャズ・レジェンドの面々です。今回リリースされたライブは、彼らの1972年欧州ツアーからパリで行われたライブを放送音源のエア・チェックより収録しています。過去、抜粋された1枚モノは出ていました全10曲を収録しているのは本盤だけです。これは事件です!!

Disc 1
1.Blue N' Boogie
2.Epistrophy
3.Lover Man
4,I Can't Get Started
5.Stardust

Disc 2
1.And Then She Stopped
2.Straight, No Chaser
3.'Round MMidnight
4.Dexterity
5.A Night In Tunisia

ライブ・アット・オリンピア劇場、パリ、フランス 10/27/1972

セロニアス・モンク(p)
ディジー・ガレスピー(tpt)
カイ・ウィンディング(trom)
ソニー・スティット(as, ts)
アル・マッキボン(b)
アート・ブレイキー(dr)

head01.jpg
Cyberseekers
名古屋市千種区今池1丁目5-9 オフィスイリヤビル2階

新譜ブログ

Author:新譜ブログ
名古屋で創業33年となるジャズ・セレクトショップです。マイルス、キース・ジャレットを筆頭にパット・メセニー、マイケル・ブレッカー、モダンジャズ等のCDを取り扱っています。オンラインストアはこちらから

リンク
最新記事
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
QR