2014年9月25日・最新タイトル

デイブ・リーブマン / ザ・ギバー・オブ・ライブ(1CDR)




パット・メセニー(g)、セシル・マクビー(b)、ビリー・ハート(dr)との4人で緊張感溢れる
アルバム「ウォーター/ギバー・オブ・ライフ」リリース後にプロモーショナルとして
行われた激レアで希少なライブ・ステージを初めて収録したアイテムが登場しました。

デイブ・リーブマンとパット・メセニーの競演はまったく予想出来ない展開が
ステージ上で繰り広げられています。時にオーソドックなバップ調もあれば
お互いが凌ぎを削るハードなパートも収録されており、チラックス出来るスタジオ盤とは
異なった真剣勝負のライブが納められています。セシル・マクビー、ビリー・ハートの
ふたりがベースとなるリズムをキープしてフロント二人のバトルを盛り上げた必聴盤です。

ライブ・アット・ デラウエアウォーターギャップ、ピッツバーグ 01/03/1997

1.Water : Giver Of Life
2.Heaven's Gift
3.White Caps
4.Reflecting Pool
5.Storm Sturge
6.Baptismal Font
7.Ebb And Flow(fade out)

デイブ・リーブマン(ss, ts, fl)
パット・メセニー(g)
セシル・マクビー(b)
ビリー・ハート(dr)






スタンリー・タレンタイン / ベルリン 1977(1CDR)



過去、レア音源の存在が確認出来なかったスタンリー・タレンタインの
超高音質ライブがメガ・ディスク・レーベルよりリリースされました。

ファンキー・テナーの巨人と言えばやっぱりスタンリー・タレンタイン!
本盤は1977年11月5日にベルリンで行われたジャズ・フェスでの
ステージを収録しています。一時、ジャズファンから軽く扱われていた
彼ですがCTIレーベルからリリースされたアルバム「シュガー」や「
チェリー」の大ヒットで再注目されました。アルバムからはメローな
イメージが想像出来ますが、やはりライブとなるとレジェンドの本領発揮!
ジャズ・ファンク・ファンから定評あるバック・メンバーの完成度の
高い演奏を従えてタレンタインがテナーが炸裂しています!

ライブ・アット・フィルハーモニー・ベルリン、ドイツ 11/05/1977

1.Introduction by Werner Wunderlich
2.Gibraltar
3.Don't Mess With Mister T
4.Band Introduction
5.Birdland
6.If You Don't Believe
7.Joao
8.Sugar

スタンリー・タレンタイン(ts)
ジョン・ミラー(keyb)
ロイド・デイビス(g)
ゲイリー・デベリー(b)
JT ルイス(dr)






フレディ・ハバード / インプレッションズ(1CDR)




1977年11月3日、ベルリンでのステージを最高級の
ステレオ・サウンドボード音源より収録した決定盤が登場しました。

CTI(Creed Taylor Issue)レーベルでの大成功からコロンビアに移籍して
リリースされた名盤「バンドル・オブ・ジョイ」のリリースに伴うツアー音源。
スタジオ録音では爽快メロウ・グルーヴのサウンドで幅広いファンに受けましたが
やはりライブとなるとそのサウンドは彼が最も得意とするハードバップ・スタイル!!
ジャズ・ファンク系マニアから評価は高いですがやっぱりコレじゃないとね!
ハードに暴れるフレディ・ハバード、是非お聴き下さい。

ライブ・アット・フィルハーモニー・ベルリン、ドイツ 11/03/1977

1.Introduction By Werner Wunderlich
2.One Of A Kind
3.Rahsann
4.Impressions
5.Bundle Of Joy

フレディ・ハバード(tpt)
デヴィッド・ガーフィールド(keyb)
リック・ジンガー(g)
ラリー・クライン(b)
カルロス・ベガ(dr)






ザ・クルセダーズ / アンダー・ザ・スカイ 1983(1CDR)



1983年、東京で開催されたライブを
ステレオ・サウンドボード音源より収録した極上盤が入荷しました。

当時のライブ音源を収録したカセットテープからの音源ながら
テープの保存状態が良かったこともあり非常に良好なクオリティをキープしてます。
メンバー紹介からはじまり冒頭の「ラスト・コール」からマニアなら感激!
また、演奏内容もこのフェスならではの高テンションでハズレがありません。
ラストにはラリー・グラハムまでもが登場してフィナーレを飾ります。

ライブ・アット・トウキョウ 07/30/1983

1.Introduction
2.Last Call
3.Sweet 'N Sour
4.Dream Street
5.Sunshine In Your Eyes
6.Joe Sample Solo
7.Melodies Of Love
8.Night Flight
9.Soul Shadows

ジョーサンプル(keyb)
ウィルトン・フェルダー(ts)
ステックス・フーパー(dr)
デビッド・T(g)
バリー・フィナートン(g)
ティム・マンデス(b)
レオン・チャンクラー(dr)
ヘクター・アンドレド(perc)
ラリー・グラハム(b, voc on 9)




2014年9月11日・最新タイトル

チック・コリア / ドルトムント 2014(2CDR)




2014年5月21日、ドイツ・ドルトムントで開催された
クラヴィア・フェスティバルでのライブを現地で放送されたFM音源を収録した
素晴らしいクオリティのピアノファン待望のタイトルが登場しました。

ピアノ1台でのソロ・パフォーマンスになっており、近年精力的に活躍している
チックのステージは今年も聴き逃せません。セットリストにはビル・エヴァンスや
セロニアス・モンクの楽曲をも演奏されておりカルロス・ジョビン等の
名曲も披露された最高のライブが収録されてファン必聴盤です。

ライブ・アット・ドルトムント、ドイツ 05/21/2014

Disc 1
1.It Could Happen To You
2.Desafinado
3.Turn Out The Stars
4.Very Early
5.Work
6.Pasttime Paradeise
7.Mazurka In A Moll, Op 17.No.4

Disc 2
1.The Dortmund Choir
2.Portrait #2 - Vihius
3.The Yellow Nimbus
4.Improvisation
5.Inprovisation 2
6.Children's Songs
7.Amando's Rhumba

チック・コリア(p)






ミッシェル・ペトルチアーニ / グラスゴー 1991(1CDR)



1991年名盤「プレイグラウンド」のリリースに伴って行われた
希少度の高いツアーから7月7日のグラスゴー公演をサウンドボードで収録してます。

アルバム同様、アダム・ホルツマンのシンセサイザーが加わってており
控え目なシンセサイザーがペトルチアーニのピアノを引き立てています

アルバムの1曲目に収録されてファンにはその美しいピアノが印象的だった
「セプテンバー・セカンド」からステージは始まり、スタジオとは
ひと味違う名曲になっています。また、ジャン・ピエールのフレーズが出て
会場も盛り上がる「マイルス・デイビス・リックス」、マクラフリン作の
「マイルス・ビヨンド」等、聴所は満載になっています。

ライブ・アット・グラスゴー、スコットランド 07/07/1991

1.September Second
2.Miles Davis' Licks
3.Bite
4.Band Introductions
5.Rachid
6.Estate
7.Piango, Pay The Man
8.Miles Beyond
9.Hayrula
10.'Round Midnight
11.Looking Up

ミシェル・ペトルチアーニ(p)
アダム・ホルツマン(synth)
スティーブ・ローガン(b)
ビクター・ジョーンズ(dr)
アブドゥ・エムボウ(perc)






ブラット・メルドー&クリスチャン・マクブライド / ブルーノート 2014(2CDR)



2014年6月6日、ニューヨーク・ブルーノートで開催された
ブルーノート・ジャズ・フェスティバルでのスペシャル・ライブがCD化されました。

相棒を変えて精力的に活動しているブラッド・メルドーですが今回
その相棒に選ばれたのはその安定してプレイに定評あるクリスチャン・マクブライド。
ピアノとアコーステック・ベースだけと云うシンプルな構成です。
それ故、お互いのアドリブがメインとなってステージは展開されます。

スペシャル・ナイトとなったこのライブのセットリストは正に特別で
ヘレン・メリルで有名な「ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ」
ショーターでお馴染みの「フットプリンツ」、その他「ダーン・ザット・ドレーム」
「クライ・ミー・ア・リヴァー」等の名曲が演奏されています。
音質もサンプルをお聴きになればお判りの通りオーディエンス録音としては
ピカイチのクオリティになっています。是非、お聴き頂きたい逸品です。

ライブ・アット・ブルーノート、ニューヨーク 06/06/2014

Disc 1
1.Think Of One
2.You'd Be So Nice To Come Home
3.Footprints
4.Darn That Dream
5.Confirmation

Disc 2
1.Crazyology
2.Beatrice
3.Cry Me A River
4.We See
5.G Blues
6.A Night In Tunisia

ブラット・メルドー(p)
クリスチャン・マクブライド(b)






ブライアン・ブレイド / ヴィリザウ 2014(1CDR)



2014年8月、スイス・ヴィリザウで開催されたジャズ・フェス
での模様を最高級のサウンドボード音源で収録したタイトルが登場しました。

今年4月にリリースされたアルバム「ランドマークス」は
ブルーノート復帰作となりジャズファンの間で大きな話題になりました。
そのフェロウシップ・バンドの最新ライブが聴ける!と云うだけで
ファンの方々は飛び上がること間違いありません。しかもその
音質がステレオ・サウンドボードだからこれはもう必聴です。
スタジオ録音とは異なった迫真のステージをお聴き下さい。

ライブ・アット・ヴィリザウ、スイス 08/30/2014

1.Farewell Bluebird
2.Landmarks
3.Shenandoah
4.Season Of Change

ブライアン・ブレイド(dr)
ジョン・カウハード(p)
メルビン・バトラー(ss, ts)
マイロン・ウォルデン(as, bcl)
クリス・トーマス(b)




Cyberseekers
名古屋市千種区今池1丁目5-9 オフィスイリヤビル2階

新譜ブログ

Author:新譜ブログ
名古屋で創業33年となるジャズ・セレクトショップです。マイルス、キース・ジャレットを筆頭にパット・メセニー、マイケル・ブレッカー、モダンジャズ等のCDを取り扱っています。オンラインストアはこちらから

リンク
最新記事
カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
QRコード
QR