2015年5月27日最新タイトル

パット・メセニー&オーネット・コールマン / ソング X イン・プロヴィデンス

211651.jpg


1986年、アルバム「ソング・X」発売に伴うワールド・ツアーより
5月2日にアメリカ・プロヴィデンスで行われたライブを高音質完全収録しています。

バンド・メンバーはパット・メセニー&オーネット・コールマンを筆頭に
ベースにはチャーリー・ヘイデン、ドラムスにはジャック・デジョネットと
オーネット・コールマンの息子であるデナード・コールマンと云う豪華な布陣です。
スタジオ録音では表現出来ない凄まじいハイ・テンションなステージはオープニングから
身震いする迫力で聴く者に迫って来ます。しかも、音がいい!!
パット・メセニーが敬愛するオーネット・コールマンとのステージ、是非お聴き下さい!!

ライブ・アット・プロヴィデンス、ロードアイランド 05/02/1987






パット・メセニー・グループ / ニューヨーク 1987

211652.jpg

1987年4月にリリースされたアルバム「スティル・ライフ」のプロモーショナル用
特別ライブとして放送されたニューヨーク、ラジオ・シティ・ホール公演を素晴らしい音質で収録したマニア垂涎のタイトルが登場しました。

ゲフィン・レコードに移籍しての第1弾となりブラジリアン音楽からの影響も
感じられたスティル・ライフは当時、コンテンポラリー・ジャズ・チャートでは
3位にまで上がった名盤中も名盤です。本公演はそのアルバムの特別ライブになり完璧までに完成度の高いライブが展開されて聴く者を圧倒いたします。やはり
全米の音楽関係マスコミから注目を浴びたニューヨークでのステージは流石です。
完璧な演奏内容、完璧な音質を貴方自身で体験して下さい!
尚、冒頭若干ですが音揺れが生じます。

ライブ・アット・ラジオ・シティ・ホール、ニューヨーク 08/14/1987






スティーリー・ダン / コーチェラ・フェスティバル 2015

211653.jpg

2015年、エルビス・コステロとツアーをしているスティーリー・ダンが
野外フェスティバルとなった4月のコーチェラ・フェスティバルに出演したライブを
サウンドボード級の極上オーディエンス録音にて収録したファン必聴盤になります。

フェスティバル用のセット構成でのライブは、彼らの代表曲ばかりが披露され
年齢からの衰えを一切感じさせない圧巻のライブがここに収録されています。
バンマスのジム・ビアードを筆頭にバックを担当したメンバーもスゴ腕揃いで
「エイジャ」、「リキの電話番号」そして「ヘイ・ナインティーン」など往年の名曲から
近年の楽曲まで手抜きのない完璧なアンサンブルをご堪能して頂けます!

ライブ・アット・コーチェラ・フェスティバル 04/10/2015






ジョシュア・レッドマン&ザ・バッド・プラス / ジャズ・イン・マルシアック 2012

211229.jpg

2012年7月、人気のザ・バッド・プラスとの競演となったマルシアック・ジャズでの
ライブを最高級の音質で収録したジョシュア・レッドマン快心のステージです。

2003年にアルバム「ヴィスタス」でジャズ・ファンの前にデビューして話題となった
ザ・バッド・プラスとの競演になった記念すべきライブを収録しています。
筋書き通りプレイすることが嫌いな彼らの創り出すサウンドにジョシュアのテナーが
加わったことで緊迫感に満ちた展開で進行され一瞬たりとも聞き逃せません。
イーサン・アイヴァーソンのピアノとジョシュアのテナーの相性は思わず古くからの
相棒と錯覚してしまうほどで、このライブは実際に見てみたいと感じてしまいます。
2015年にリリースされたコラボ・アルバムはこのライブが縁となったと言われています。

2015年5月14日最新タイトル

ラリー・カールトン / 大阪 1981(1CDR)

211648.jpg

1981年、名盤「ストライクス・トワイス」リリース後の来日公演から大阪でのライブを高音質サウンドボード収録したファン垂涎の1枚です。

当時、飛ぶ鳥を落とす勢いの人気で誰もがカセットテープにアルバムを録音してカー・ステレオでガンガン聴いていたラリー・カールトン。今回登場したタイトルはその時代のライブを激レアなサウンドボード音源より収録されており、当時に録音された音源ながら非常に高音質で収録されています。ベースにはアルバム同様にクルセダーズのロバート・ポップウェルも参加しておりこれは聴き逃せない1枚です。尚、当時録音されたカセットテープを元ソースにしていますので僅かですがヒスノイズが生じる楽曲もありますのでご了承下さい。それにしてもこれは貴重音源です。

1.Room 335
2.I’m A Fool
3.Rio Samba
4.Easy Evil / Night Crawler
5.Midnight Prade
6.Springville / Shuffle
7.Strikes Twice

ラリー・カールトン(g)
ドン・フリーマン(keyb)
ブライアン・マン(keyb)
ロバート・ポップウェル(b)
ジョン・フェラーロ(dr)






ジム・ホール&アッティラ・ゾラー / ハノーバー 1973(1CDR)

211650.jpg

1973年9月にドイツ・ハノーバーで行われたクールなライブを再放送されたFM音源より超高音質ステレオ・サウンドボード収録しています。

重鎮ジム・ホールと惜しくも1998年に亡くなったハンガリーのギタリスト、アッティラ・ゾラーという2大看板をメインとしたライブを高音質で収録してファンにとっては嬉しい限りです。ふたりのバックを担当しているのはレッド・ミッチェルとダニエル・ユメールで
こちらも安定したバッキングで心憎い演奏が光っています。異なったプレイのギタリストの素晴らしいライブをご堪能下さい。

1.Bag's Groove
2.Where Would I Be?
3.Alicia's Lullaby
4.Body And Soul
5.St. Thomas
6.Blues In The Closet

ジム・ホール(g)
アッティラ・ゾラー(g)
レッド・ミッチェル(b)
ダニエル・ユメール(dr)






パット・メセニー・トリオ / リジョイシング・イン・モントリオール(1CDR)

211649.jpg

1984年7月、カナダ・モントリオールのジャズ・クラブで行われたトリオ・ライブを激レアなサウンドボード音源より収録されたファン垂涎のアイテム!

ECMレーベルからリリースされジャズ・ファンの間で大きな話題となった代表作アルバム「リジョイシング」録音時のメンバーで構成されたライブになりオーネット・コールマン・トリオからチャーリー・ヘイデン、ビリー・ヒギンズを従えてのライブで
マニアの方々には非常に興味の沸くライブ音源です。当日のセットリストは、アルバムからの楽曲とメセニーの代表曲から選曲されておりこのトリオでの「ブルース・フォー・パット」、「ザ・バット」等は激レア音源です。このメンバーでのライブ音源は殆ど出回っておらず本盤は大変意義のあるリリースと云えます。

1.Blues For Pat
2.The Bat
3.The Calling
4.All The Things You Are
5.Lonely Woman
6.Segment

パット・メセニー(g)
チャーリー・ヘイデン(b)
ビリー・ヒギンス(dr)



2015年5月7日最新タイトル

アール・クルー / ボストン 2015(2CDR)

211646.jpg

2015年5月、ボストン・オールストーンのクラブで行われた最新ライブを高音質のステレオ・サウンドボード音源で収録したファン必聴ライブCDです。

1976年にブルー・ノート・レーベルよりのファースト・アルバムから早39年。60歳を過ぎた今でも現役バリバリでスムース・ジャズ・ファンを魅了し続けているアール・クルーの爽やかなギターは健在です。今回の最新ライブでは親交の深いサックス・プレーヤーのトム・ブラクストンが参加して心温まる歌心あるサックスを披露しています。トム・ブラクストンは昨年の松居慶子さんのツアーにも参加して国内でも注目を浴びています。カルテットで構成された爽やかなライブを最高級の音質で収録したファン垂涎のライブを是非とも、この機会にご入手下さい!
【メーカー・インフォより】

ライブ・アット・オールストーン、ボストン 05/01/2015

Disc 1
1.Introduction
2.Brazilian Stomp
3.Midnight In San Juan
4.Last Song
5.Ocean Blue
6.Jo Ann's Song

Disc 2
1.Love Theme From Spartcus
2.Alfie
3.Vonetta
4.Living Inside Your Love
5.Medley
6.Twinkle
7.Introduction
8.Wishful Thinking

アール・クルー(g, keyb)
トム・ブラクストン(sax, fl)
アル・ターナー(b)
ロン・オーチィス(dr)






マーカス・ミラー / ロックハル・クラブ 2015(2CDR)

211647.jpg

2015年4月、最新アフロディジア・ツアーからルクセンブルグでのライブを高音質でアンコールまでの完全収録した待望の最新ライブが登場!

ライブ前半は最新アルバムからの楽曲が演奏されており、その中でもアルバムに収録されて大きな話題になったテンプスことザ・テンプテーションズの1972年の大ヒット曲「パパ・ワズ・ア・ローリング・ストーン」のカバー曲はマーカスのベースをバリバリフューチャーしてのファンキーなスタイルで演奏してこれはファン必聴。ライブ終盤にはTUTU、ジャン・ピエール、ブラストとマーカス&バンドの熱いグルーヴもダイレクトに伝わるステージをお聞き逃し無く!!!
【メーカー・インフォより】

ライブ・アット・ロックハル・クラブ、ルクセンブルグ 04/20/2015

Disc 1
1.Hylife
2.B's River
3.Papa Was A Rolling Stone
4.We Were There
5.Goree

Disc 2
1.Son Of Macbeth
2.Jamming With Alexandre
3.Tutu
4.Jean Pierre
5.Blast

マーカス・ミラー(b, bcl)
アレックス・ハン(sax)
リー・ホーガンス(tpt)
ブレッド・ウィリアムス(keyb)
アダム・アガティ(g)
ルイス・ケイトー(dr)
ミノ・シネル(perc)


Cyberseekers
名古屋市千種区今池1丁目5-9 オフィスイリヤビル2階

新譜ブログ

Author:新譜ブログ
名古屋で創業33年となるジャズ・セレクトショップです。マイルス、キース・ジャレットを筆頭にパット・メセニー、マイケル・ブレッカー、モダンジャズ等のCDを取り扱っています。オンラインストアはこちらから

リンク
最新記事
カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
QRコード
QR