2016年1月28日最新タイトル

ジャコ・パストリアス / ライブ・アット・ブルーノート 1984(5CDR)

211761.jpg

1984年2月にNYブルー・ノートで2日間行われたステージを会場内で録音したテープが奇跡的に発掘されその音源をダイレクトに収録したマニア驚愕の5枚組が登場しました。

初日18日のライブはメンバー構成もシンプルでフォーミングアップ的なステージですが、2日目19日のステージではメンバー構成も変わりサウンドに厚みが増した迫力あるライブになっています。ファースト・セットが1時間29分、そしてセカンド・セットは1時間25分と合わせて2時間54分と云う凄まじいステージが展開されていますのでジャコを愛する方々にとって全パートが聞き逃せない大作ライブになっています。また肝心なサウンド・クオリティーですがメンバーの武骨で豪快なサウンドをクリヤーで粒の揃った音質で収録されておりカセット・レコーダーでの録音とは思えない音像になっていますので安心してご堪能頂けます。尚、初日ライブには1箇所ですが音切れ部分に編集が施されていまして僅か2秒ほど音切れが御座います。





ミシェル・ペトルチアーニ / ウンブリア 1991(1CDR+1DVDR)

211762.jpg

1991年7月、イタリア、ペルージアで開催されたウンブリア・ジャズ・フェスティバルに出演したステージをサウンドボード音源で収録したファン垂涎のタイトルになります。

キーボードを加えたメンバー構成で行われた1991年ツアーですが、このウンブリア・ジャズではマイルス・バンドに在籍してファンの方々に人気の高いアダム・ホルツマンがキーボード&シンセで参加しています。イタリアで活躍したピアニスト、ブルーノ・マルティーノで有名な「エステート」やモンクの代表曲「ラウンド・ミッドナイト」そしてラストにジミ・ヘンドリックスの代表曲である「マニック・デプレッション」まで披露されたファン感激のライブになります。初回入荷分はデラックス・エディション盤としてDVD付きの限定2枚組になります。

DVDのサンプルです。






ダイアナ・クラール / ブレーメン 1996(1CDR)

211760.jpg

1996年、3枚目のアルバム「オール・フォー・ユー」のリリースに伴うプロモーション・ライブとして行われたドイツ、ブレーメンでのステージを放送音源より収録した素晴らしいタイトルが登場しました。

ギターにはラッセル・マローン、ベールにはポール・ケラーで構成されたトリオでのステージになり彼女の甘いハスキーな歌声にアコーステックでジャジーなサウンドがとても心地良く感じられます。ナット・キング・コールの名曲やペギー・リーの楽曲などじっくり聴いて頂ける選曲になってファンの方には末長くお聴き頂ける名作になります。また。ラッセル・マローンの粋なギターにも聴きモノになっています。

2016年1月21日最新タイトル

ビル・エヴァンス&トニー・ベネット / アンリリースド・ライブ・パフォーマンス 1977


211756_20170419113812a59.jpg

ビル・エヴァンスが長年ファンであったトニー・ベネットとの1975年に初の共演盤、そして1976年には「トゥゲザー・アゲイン」がリリースされファンにとっては色褪せない希代の名盤として語り継がれておりますが今回、メガ・ディスク・レーベルから登場した本盤は1977年、カナダ・ケーブル・テレビ内の特設スタジオで収録されたスタジオ・ライブになり、オフィシャル盤とは全く異なった世界初登場音源になります。高音質CDと高画質DVDとをセットとしたデラックス・エディション仕様となります。

ふたりの共演ライブが存在することは一部のマニアしか知り得ませんでしたが本盤には奇跡のライブ・セッションが高音質で収録されておりますのでマニアの方々にとって夢のような出来事です。各楽曲の解説はさておき、サイト上のサンプルをお聴き頂き奇跡の音源を体感して下さい。

1.Lucky To Be Me
2.My Foolish Heart
3.When In Rome
4.Some Other Time
5.A Child Is Born
6.Make Someone Happy
7.We'll Be Together Again

DVDのサンプルです。






マイク・スターン / レバークーゼン 2015

211757.jpg

2015年11月、ドイツ・レバークーゼンで行われた特別ライブを驚きの高音質で収録したファン垂涎のタイトルが登場しました。

2015年にはベーシスト、ヴィクター・ウッテンを伴って来日しカッコいいコラボのステージでファンにその雄姿を再確認させてくれました。本盤には来日公演とはメンバーが異なりドラムスには人気の高いデニス・チャンバースが参加しており、よりファンキーで迫力あるステージが繰り広げられております。マイク・スターンのテクニックとバンドのアンサンブルが聴きモノになりベテランならではの味わいが感じられる素晴らしいタイトルです。

1.Out Of The Blue
2.Wishing Well
3.What Might Have Been
4.Tipitina's
5.Big Neighborhood





チャカ・カーン / ジャバ・ジャズ 2015

211758.jpg

2015年3月、チャカ・カーンとインコグニートの共演となったジャカルタで開催されたフェスティバルでのステージを高画質で収録したファンキーなDVDです。

チャカ・カーンのパワルフで色気ある歌声にインコグニートのファンキーで粋なサウンドが融合して展開されるステージは正に鳥肌モノの連続です。チャカ・カーンの健在ぶりを示す最高のタイトルとなり1時間37分モニターから目が離せません!!

1.I Fell For You
2.Ain't Nobody
3.Sweet Thing
4.Until You Come Back To Me
5.Tell Me Something Good
6.You Got The Love
7.Hats
8.Talking Loud
9.Still A Friend Of Mine / Colibri
10.As
11.Good Love
12.Don't Worry 'bout A Thing / Everyday
13.Drums & Percussion Solo
14.Master Jam
15.Through The Fire
16.What'cha Gonna Do For Me
17.I Know You, I Live You
18.I'm Every Woman
1h37min





リチャード・ボナ&WDR ビッグバンド / レベークーゼン 2015

211759.jpg

2015年11月、ドイツ・レバークーゼンでWDRビッグバンドとの共演として特別に行われたライブを驚きの高音質で収録したファン垂涎のタイトルが登場しました。

WDR ビッグバンドは過去に数々のジャズ・アーチストとの共演でその実力はファンの方々には有名ですが、今回リチャード・ボナとの共演では、ボナのアフリカン・ビート弾けるサウンドを損ねることなく、それどころか更にノリの良いサウンドとして展開されたメモリアルなライブでファンの方々にとって必見のタイトルになります。

1.Shiva Mantra
2.M'Bemba Mama
3.Manyaka o Brazil
4.Tough Crowd
5.Janjo La Maya
6.Indiscretions
7.Sono Mama
8.Slang / Punk Jazz
9.Kurumalete
TOTAL 1h15min

2016年1月14日最新タイトル

ジャコ・パストリアス / ヒューストン 1983(3CDR)

211753.jpg

1983年ワールド・ツアーから初登場となる11月8日のテキサス、ヒューストン公演が激レアなサウンドボード音源で第1部と第2部、しかも当日のサウンドチェックまでをも収録した3枚組が登場しました。

ディスク1には第1部のステージ1時間15分を収録しており、ディスク2&ディスク3の3曲目までが第2部の演奏が1時間27分収録されてマニア諸兄に重宝される完全収録版になっています。そして当日ライブ前に行われた貴重なサウンドチェック音源をもサウンドボード音源で収録された大傑作盤となり登場致しました。ジャコ・ライブ伝説にとって今後絶対に外すことが出来ないであろう本盤をじっくりとお楽しみ下さい。





ブラッド・メルドー / ウィグモア・ホール 2015(4CDR)

211754.jpg

現代ジャズ・ピアノを代表するブラッド・メルドーが昨年12月にロンドンで行った二日間のライブから世界初演となるジャズとバッハの融合ライブで大きな話題となった17日のライブと、メルドー本来のステージを収録した18日のライブを共に高音質オーディエンス録音で全曲収録したファン必聴となる圧巻の4枚組が登場しました。

海外のジャズ専門サイトでも話題となったウィグモア・ホール初日公演では彼に大きな影響を与えたバッハのプレリュードやフーガに彼の感情を表現した即興演奏で構成されて非常に興味深い演奏になります。海外ジャズ専門サイトでもこのライブはキース・ジャレットと並び最大級の評価を得ており、メルドーのトレードマークである美旋律で奏でられるバッハの名曲をじっくりとお聴き頂けます。ライブ二日目の18日公演ではニール・ヤングの「ブリング・ユー・ダウン」からスタートした彼本来のステージになりウェス・モンゴメリーの「ウエストコースト・ブルース」、ビートルズの「フール・オン・ザ・ヒル」や「アンド・アイ・ラブ・ハー」、ザ・フーの「ピンボールの魔術師」等を即興演奏を加味した素晴らしい旋律で演奏した感激のライブになっています。





ジョー・ヘンダーソン / マルシアック 1994(2CDR)

211752.jpg

40年以上の輝かしいキャリアの中、同時代の多くのアメリカの一流プレイヤーと共演してジャズ・レジェンドの1人であるジョー・ヘンダーソンがフランスで開催されているマルシアック・ジャズ祭に出演したライブを現地での放送音源を録音したマスター・カセットテープから初めてCD化され登場したファン垂涎のレア音源2枚組になります。

ベースには安定したプレイで定評の高いジョージ・ムラーツ、ドラムにはアル・ファスター、そしてピアノには南アフリカ出身のベキ・ムセレクを伴ってのカルテットで行われたステージです。スタジオ録音においてはコンテンポラリー・ジャズを中心とした作品を残していましたが、ライブとなるとやはりバリバリのハードバップで健在ぶりをアピールした好盤です。
尚、途中テープ・ヒスが生じる楽曲もありますがオリジナルテープに起因しています。





マーカス・ミラー / レバークーゼン 2015(1DVDR)

211755.jpg

アフロディジア・ワールド・ツアーより11月10日のドイツ、レバークーゼンでのライブを現地放送映像から高画質で収録したファン垂涎のDVDが登場しました。

昨年リリースされたノースシー・ジャズ祭でのライブDVDとはセットリストも異なっておりファンの方々には外すことの出来ないタイトルになります。ラストに収録されている名曲「ジャン・ピエール」でのマーカスのクールなプレイは必見になります。

2016年1月7日最新タイトル


マイルス・デイビス / イン・ザ・ナイト・オブ・シンゲン(1CD)

10453.jpg

高音質でありながら途中でピッチが狂う箇所や音切れ等の問題点があり購入を控えていたマニアの方も多かった1990年7月14日のドイツ・シンゲン公演がその問題を修正し過去最高級の音質で収録されたあのオフィシャル仕様プレス盤CDの「テイル・フロム・ダークネス」がジャケットを新装し新価格で再入荷しました。

勿論、ズレが生じていたトラックIDの位置、曲間に生じていた無録音部分をそれぞれ修正済みで、高音だけが異常に強調され過ぎてシャリシャリ感があった音質を低音から高音までバランス良く補正した音質になっていますので安心してお聴き頂けるタイトルになります。





キース・ジャレット / アンティーブ 1991

211751.jpg


ヨーロッパで最も古く南仏アンティーブで開催されているアンティーブ国際ジャズフェスティバルに出演したライブをサウンドボード・テープより収録したマニア垂涎になる初登場音源が登場しました。レアーな楽曲も演奏されてファン垂涎のタイトルになります。

今回登場したアンティーブでのライブでは前半をキースの感情をダイレクトに表現した即興演奏で、後半にはスタンダードの名曲が収録されておりこれこそファンの皆様にとって最も聴きたかった音源になり、クロード・ソーンヒルが1941年に発表した名曲「オータム・ノクターン」、1936年映画「ショー・ボート」で使用され大ヒットした名曲「オール・マン・リバー」など非常にレアーな楽曲も演奏された素晴らしいライブになります。また、肝心の音質も現地での放送音源を収録していますので安心してご堪能頂けるファン垂涎のタイトルになります。

Cyberseekers
名古屋市千種区今池1丁目5-9 オフィスイリヤビル2階

新譜ブログ

Author:新譜ブログ
名古屋で創業33年となるジャズ・セレクトショップです。マイルス、キース・ジャレットを筆頭にパット・メセニー、マイケル・ブレッカー、モダンジャズ等のCDを取り扱っています。オンラインストアはこちらから

リンク
最新記事
カレンダー
12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
QRコード
QR