2016年2月25日最新タイトル

マイケル・ブレッカー&トルヴァン・ビッグバンド / ルンド 1989(1CD+1DVDR)

211776.jpg

1989年4月、マイケル・ブレッカーが北欧の楽団歴20年を超えるトルヴァン・ビッグバンドを伴っての圧倒的な熱演を収録したタイトルが登場しました。

トルヴァン・ビッグバンドのメンバーには現代ヨーロッパを代表するピアニスト、ラーシュ・ヤンソンを筆頭としてギターには北欧ファンには有名なアンデシュ・リンドヴァルが参加しておりマイケルとのバトルを随所に展開しています。また、マイケルとビッグバンドとの演奏は抜群の相性でもう何年もこのメンバーでツアーを行って来たような安定感が感じ取れます。ラストはマイケルのファースト・ソロ・アルバムに収録されている名曲「シズィジー」の素晴らしい演奏でゴージャスなライブの幕が閉じられます。

DVDのサンプルです。






ブレッカー・ブラザーズ / リターン・オブ・バルセロナ(1CDR)

211774.jpg

1992年、11年のブランクを経て見事に復活しリリースされた彼らの名盤アルバム「リターン・オブ・ブレッカー・ブラザーズ」の大成功によりスタートしたワールド・ツアーから1993年にスペインのバルセロナで行われた特別ライブをステレオ・サウンドボード音源で収録したファン垂涎の高音質ライブです。

タイトでハードな演奏が最大の聴きモノになり、そのスリリングな演奏はいつ聴いても鳥肌が立ちます。ドラムにデニス・チェンバースを起用したのも効果的で驚くほどパワフルでシャープなサウンドに圧倒されること間違いありません。バンド全体が奏でるアンサンブルは完璧でマイク・スターンのギターや、ジェームス・ジェナスのソリッドなベースはキレ切れで立体感のある高音質も相まってひとりでも多くのブレッカー・ファンに素晴らしいCDです!






チャーリー・ヘイデン&カルテット・ウエスト / ベルリン 1992(1CDR)

211777_201603031622290da.jpg

チャーリー・ヘイデン率いるカルテット・ウエストが1992年にドイツ・ベルリンで行ったライブを放送音源から高音質で収録したレアーなタイトルが登場しました。

メンバーは、テナーにアーニー・ワッツ、ピアノには抜群のセンスでファンも多いアラン・ブロードベント、そしてドラムにはスタジオ盤とは異なりローレンス・マラブルが参加しています。アーニー・ワッツのテナーは甘美な音色でステージに華を添えています。近年、彼のテナーが再評価されていますがこの時代のライブこそお聴き頂きたい名演です。またライブ全体を通じて奏でられるチャーリ・ヘイデンの語りかけてくるようなベースに聞き惚れてしまうことを保障します。尚、4曲目にノイズが生じますがマスターに起因していますのでご了承下さい。

2016年2月18日最新タイトル

クリス・ポッター / シンクロニシティ 2015(1CDR)

211772.jpg

ECMレーベルに移籍し精力的にライブ活動を行っているクリス・ポッターの2015年ヨーロッパ・ツアーから10月のドイツ、エバースベルクでのライブをオフィシャル級の高音質で収録したテナー・ファン垂涎のタイトルが登場しました。

トリオのメンバーは、ベースにパット・メセニー、ブラッド・メルドー、山中千尋とのサポートで有名なラリー・グレナディア。ドラムにはニューヨーク出身でクリス・ポッターをはじめ、渡辺貞夫さん、パトリック・コーネリアスとの活動でも知られ最近ではマーク・ターナーとも活動して人気の高いジョナサン・ブレイクで構成されたトリオになり、聴き逃せないスリリングな演奏にきっと満足して頂けます。オープニングはスティングが在籍していたことで知られるイギリスのロックバンド「ポリス」が1983年にリリースした名曲「シンクロニシティー」がこのトリオ的解釈での演奏になり自由で幅広い表現力をクリス・ポッターの実力を再確認して頂けます。きっと貴方の愛聴盤になるであろう素晴らしい演奏に酔いしれて下さい。





エスビョルン・スヴェンソン・トリオ(e.s.t.) / ニュルンブルグ 2000(1CDR)

211773_201602201209405bf.jpg

2008年に不慮の事故で世を去ったエスビョルン・スヴェンソン率いる「e.s.t.」 (エスビョルン・スヴェンソン・トリオ)がアルバム「グッド・モーニング・スージー・ソーホー」のリリース後に行われた2000年ヨーロッパ・ツアーからドイツ、ニュルンブルグ公演をオフィシャル級の高音質で収録しています。

正統派ピアノ・トリオによる演奏では三人が奏でるインプロヴィゼーションが聴きモノになり、その空気感は聴いていて心地良ささえ感じさせてくれます。ダン・バーグランドのベースは弓(フレンチ・ボウ)を用いた幻想的な世界観を演出しています。しかもトリオの演奏を損なうことのない高音質での収録もファンには嬉しい限りでじっくりと聴いて頂ける垂涎の1枚になります。

2016年2月11日最新タイトル

ウェイン・ショーター / スプレマシー 2001(1CDR)

211769.jpg

82歳になっても第一線でバリバリに活躍しているレジェンド、ウェイン・ショーターが結成し後に「至高のカルテット」呼ばれるようになったメンバーと伴って登場したニューポート・ジャズ祭でのステージを高音質で収録したジャズ・ファン垂涎のタイトルが登場しました。

2001年のワールド・ツアーからは各地でのライブをピックアップしたアルバム「フットプリント」が既にリリースされておりこのカルテットのライブにおけるパフォーマンスは非常に高い評価を得ています。本ライブは伝統あるジャズ・フェスながら野外でのステージということもあり緊張感の中にもリラックスした雰囲気が感じ取れ、他の2001年ライブとはひと味違う印象があります。さりとて、メンバー四人が創り出すインプロヴィゼーションは光り輝いてファンの方には聞き逃せない名盤になります。






デビッド・サンボーン / コペンハーゲン 1986(1CDR)

211768.jpg

1986年12月、大ヒット・アルバム「ストレイト・トゥ・ザ・ハート」リリース後のツアーから北欧コペンハーゲンで開催されたジャズ・フェスに出演したライブを高音質サウンドボード音源で収録したファン必聴、必携になるお宝タイトルが登場しました。

オフィシャル盤「ストレイト・トゥ・ザ・ハート」は、ニューヨークのSIRスタジオでのライブ録音でしたが、本盤は野外でのフェスティバルとなりメンバーのテンションも最高潮に盛り上がり、想像を超えたカッコいいステージがグイグイと迫って来ます。常にクールなサンボーンと対照的にハイラムのギターはノリノリで最高にキメています。また、ロータス・ブロッサムでは彼のアコーステック・ギターとサンボーンのアルトが織りなす音色に癒されます。キーボードにはこのツアーからサンボーンとの長い付き合いがスタートするリッキー・ピーターソンが参加している点も見逃せません。サンボーン、絶頂期の迫力あるステージを存分にお楽しみ下さい。





ジョシュア・レッドマン / ウィーン 1994(1CDR)

211767.jpg

1994年、アルバム「ムード・スウィング」リリース後のプロモーションとして行われたオーストリア・ウィーンで行われた豪華メンバーでのライブを放送音源から高音質で収録したジャズ・ファン垂涎のタイトルが登場しました。

やはり注目はカルテットのメンバー構成で、ピアノには国内外で最大の評価を得ているブラッド・メルドー、ベースにはアーチストから最大級の信頼を得て数々のアルバムに参加しているクリスチャン・マクグライド、そしてドラムにはブライアン・ブレイドで構成されていますので、本ライブにおいてもメインのジョシュア・レッドマンのソロ・パートに匹敵するソロ・パフォーマンスを披露しています。
個性の異なる四人が奏でる静と動のアンサンブルはまさに絶品ですべてのジャズ・ファンに感激頂けることと思います。この機会に是非、お聴き下さい。





エディ・ゴメス / イン・ジャーマニー 1990(1CDR)

211766.jpg

アルバム「パワー・プレイ」リリース後のツアーからドイツ・バーデンバーデンにおいてプロモーション用として特別にスタジオにファンを集めて行われたライブを高音質で収録したタイトルになります。

当時、国内でFM放送のテーマソングだった「ロコモーティヴ」が収録されたアルバム「パワー・プエイ」は国内でヒットしたことを覚えてる方も多いと思います。本ライブではアルバム・テイクとは比べモノにならない高テンションの演奏が展開されて改めてこのバンドの実力がお判り頂けます。ライブ全編においてディック・オーツのテナー、ソプラノがフュチャーされファンの方にはレアーなライブでの演奏を堪能して頂けます。また、バンドの屋台骨を支えているスティーブ・ガッドのドラムも存在感があるプレイでバンドで重要な役割を果しています。音質はクリアーなステレオ・サウンドボード録音になっていますのでじっくりとお聴き頂けます。





ラルフ・タウナー、ゲイリー・ピーコック、ケニー・ホイーラー / エンスヘーデ 1992(1CDR)

211770.jpg

ECMを代表する3人で構成されたトリオで行ったツアーより昨年、再放送されたオランダ・エンスヘーデでのライブをサウンドボード録音したタイトルがリリースされました。

冒頭から美しいタウナーのアコースティック・ギターとピアノにゲイリー・ピーコックのベースが奏でられる静寂系な演奏にケニー・ホイーラーのトランペットが加わり美意識の高いステージになります。
荘厳なアコースティック・トリオの演奏で、3人のインプロヴィゼーションが静に語りかけてくれる素晴らしいライブです。ECMファンの方には聴き逃すことが出来ない1枚になります。

2016年2月9日再入荷タイトル

ウェザー・リポート / ベルリン 1971(2CDR)

210922.jpg

1971年、衝撃のファースト・アルバムをリリース後の9月3日に行われたドイツ、ベルリン公演を最高級ステレオ・サウンドボード録音したマニア感激のタイトルが新価格で入荷しました。

本タイトルでは、完璧なステレオ音源で収録されておりリアルに当時のウェザーの音楽を体感して頂けます。ジョー、ウェイン、ミロスラフは無論ですがこのライブにはECMレーベルのバリトン・サックス・プレーヤーであるジョン・サーマンが参加しています。サーマンのフリーっぽい多彩なフレーズが融合されたウェザーのサウンドはこのタイトルでしか聴くことが出来ないとても贅沢な商品です。また、トロンボーンには北欧ジャズの先駆者エイエ・テリンも参加しる点にも注目で、2枚組ながら2,980円という価格も魅力的です。
http://bit.ly/1PLE5rh





リターン・トゥ・フォエバー / ビジュー・カフェ 1973(1CDR)

210921.jpg

チック・コリア率いるリターン・トゥ・フォーエバーの1973年アメリカン・ツアー中、フィラデルフィアの有名ライブハウス、ビジュー・カフェで行われたライブがマニアも驚く高音質サウンドボード音源より収録されたお宝CDになります。

ビル・コナーズ在籍時のハードな演奏が展開されておりクロスオーバー創世記の貴重なライブをお聴き頂けます。メンバーのテクニックは勿論ですがバンドが織り成すアンサンブルも素晴らしく若きメンバーの熱いハートが感じられる当店推薦のタイトルです。
http://bit.ly/1KAhnSi

2016年2月4日最新タイトル

ジャコ・パストリアス / アナハイム・ジャム(1CDR)
フィーチャリング:ジョー・ディオリオ

211763.jpg

1979年1月、ジャコ・パストリアスがアメリカ合衆国カリフォルニア州のアナハイム市で開催された楽器コンベンション「NAMM」内特設会場でパット・メセニーの師匠と云われているギタリスト、ジョー・ディオリオとのライブ音源がまさかのリリース‼︎

メンバーは、ジャコを筆頭にジョー・ディオリオ、セカンド・ギターにはハンガリー出身で国内でもファンの多いアッティラ・ゾラー、そしてドラムスにはカール・バーネットという贅沢なメンバーでの演奏になりマイルスでおなじみの「イッツ・アバウト・ザット・タイム」やスタンダードの名曲「ステラ・バイ・スターライト」等を披露しています。当日の録音データだけはネットで確認出来ましたが、その音源自体は謎に包まれたままでマニアからは「迷宮入り音源」とまで言われていました。今後、公式には絶対陽の目を見ないであろう本音源こそマニア垂涎のレア盤になります。

1.Unknwon Title
2.Unknown Title
3.It's About That Time / Jam
4.Jam
5.Stella By Starlight
6.Blues / Jam





ヤン・ガルバレク・グループ / ジークブルク 2015(2CDR)

211764.jpg

2015年10月、ドイツ・ボン近郊で開催されたベートーヴェン音楽祭に出演したライブを最高級の極上クオリティーで1時間32分余り収録したタイトルが登場しました。

エバーハルト・ウェーバーのトリビュート・アルバムにおいてもその存在が輝いていたヤン・ガルバレクが自らのグループを率いて行った2015年ヨーロッパ・ツアーからの音源になります。メンバーはピアノ&キーボードにはライナー・ブリューニングハウス、ベースにはユリ・ダニエル、そしてドラム・パーカッションにはトリロク・グルトゥで構成されています。ヤン・ガルバレクのソロ・パートは無論、メンバーのソロ・パートも手抜きなしで演奏されて一瞬とも聞き逃せない演奏で聴き所は満載です。ベースのユリ・ダニエルが思いのほか派手な演奏で観客を沸かせたり、ライナー・ブリューニングハウスがベートーヴェン音楽祭ということでクラシックの手法での演奏は本ライブでしか味わうことが出来ません。是非、お聴き下さい。

Disc 1
1.One Goes There Alone
2.Life Without Balcony
3.Red Dust
4.Transformation(piano solo)
5.Maracatu(bass solo)
6.Vignette

Disc 2
1.Pendant
2.La Pasionaris
3.Drum Solo
4.It's High Time
5,Paper Nut





ハイラム・ブロック・バンド / ニューヨーク 1984(2CDR)

211765_2016022017444703e.jpg

1984年2月、ニューヨークの有名クラブ「55 グランド」で行われたハイラム・ブロック・バンドのレアーなライブをマニアが会場内で録音したカセット・テープより収録したタイトルが登場しました。

アルトにはデビッド・サンボーンが参加しており、本ライブにおいてもサンボーンがアイドルとするキング・カーティスの楽曲「オデ・トゥ・ビリー・ジョー」も演奏されています。その他、フレディ・ハバードの楽曲である「ストレイト・ライフ」、マイルスでおなじみの「ソラー」、ママス&パパスの大ヒット曲「カリフォルニア・ドリーミング」などハイラムのギター・プレイとサンボーンのアルトが存分に堪能して頂けます。メンバーにはクリス・ハンター、ビクター・ルイス、アレックス・ブレイクが参加して熱いグルーブが体感出来るライブです。

Disc 1
1.UnknownTitle
2.Straight Life
3.Ode To Billie Joe

Disc 2
1.California Dreaming
2.Solar
3.Dear Prudence
4.Sonnymoon For Two


Cyberseekers
名古屋市千種区今池1丁目5-9 オフィスイリヤビル2階

新譜ブログ

Author:新譜ブログ
名古屋で創業33年となるジャズ・セレクトショップです。マイルス、キース・ジャレットを筆頭にパット・メセニー、マイケル・ブレッカー、モダンジャズ等のCDを取り扱っています。オンラインストアはこちらから

リンク
最新記事
カレンダー
01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
QRコード
QR