ジョシュア・レッドマン&ブラッド・メルドー / ハイウェイ・ライダー 201 6

【2016年10月27日最新タイトル】
ジョシュア・レッドマン&ブラッド・メルドー / ハイウェイ・ライダー 2016

211874.jpg

1992年に出会い今年になって初のデュオ・アルバムをリリースしたジョシュア・レッドマンとブラッド・メルドーが2016年10月にサンフランシスコのSFジャズ・センターでブラッド・メルドー名義の名作アルバム「ハイウェイ・ライダー」録音時のメンバーで再現したファン垂涎のスペシャルなライブを驚きの超、超音質オーディエンス録音で収録したタイトルがリリースされました。

当日のメンバーはブラッド・メルドー(p)、ジョシュア・レッドマン(ts)、ラリー・グレナディア(b)、ジェフ・バラード(dr)、マット・チェンバレン(dr)、室内管弦楽団(ダン・コールマン指揮)となりアルバム「ハイウェイ・ライダー」製作時と同じメンバーが揃って行われた特別な夜となり、このニュースは世界のジャズ・サイトでも大きく報道されました。さて、肝心の音質ですがアメリカ初の独立系ジャズ専門ホールであることが自慢のSFジャズ・センターだけあってその音響の良さもあり驚きの高音質で収録されています。総勢28名の室内管弦楽団との音像バランスも鳥肌が立つ完璧な演奏となって歴史的な夜を体感して頂けるファン必聴となる垂涎盤です!

Disc 1
1.Randall Kline Introduction
2.John Boy
3.Don't Be Sad
4.At The Tollbooth
5.Highway Rider
6.Member Introduction
7.The Falcon Will Fly Again
8.Now You Must Climb Alone
9.Walking The Peak

Disc 2
1.We'll Cross The River Together
2.Capriccio
3.Sky Tuning Grey [For Elliott Smith]
4.Into The City
5.Old West
6.Always Departing
7.Always Returning

ライブ・アット・SFジャズ・センター、サンフランシスコ 10/09/2016

ジョシュア・レッドマン(ts, ss)
ブラッド・メルドー(p)
ラリー・グレナディア(b)
ジェフ・バラード(dr, perc)
マーク・ジュリアナ(dr, perc)
ダン・コールマン(conductor)



デイブ・リーブマン&マーク・コープランド / ケルン 2006


デイブ・リーブマン&マーク・コープランド / ケルン 2006

211876.jpg

2006年12月、ドイツ・ケルンで行われたふたりの美しいデュオ・ライブを放送音源より驚きの超音質で収録したファン垂涎となる素晴らしいタイトルがリリースされました。

サックスとピアノとの調和を中心として展開されて一切の妥協を感じさせないふたりの感性に鳥肌が立ちます。スタジオで完成されたサウンドがライブとなると時に激しく、時にやさしく貴方の心に響いて聴き終わった後には爽快感が残ります。

ディスク3にはデイブ・リーブマン、スティーブ・スワロー、アダム・ナスバウムで構成されたトリオが2005年のライブ映像(く画質)となりこちらも見逃せません!

ディスク1
1.The Panderer
2.The Sun At The Zenith
3.The Piper At The Gates Of Dawn-Prayer For Mike

ディスク2
1.Autumn Leaves
2.The Vendetta
3.That's What
4.Mystery Waltz

ディスク3(DVD)
1.Interview
2.We Three
3.The Jewish Warrior
4.Hullo Bolinas
5.Bend Over Backwards
6.BTU
7.Played Twice

エルビン・ジョーンズ・ジャズマシン / ハンブルグ 1986

エルビン・ジョーンズ・ジャズマシン / ハンブルグ 1986(1CDR+1DVDR)

211875.jpg

1986年、デイブ・リーブマンとコートニー・パインの2管で行われたジャズ・マシンのライブを放送音源より高音質で収録したファン垂涎のタイトルがリリースされました。聴きモノはデイブ・リーブマンのソプラノ・サックスと幅広い音楽性でソウルフルなテナーが魅力のコトニー・パインになります。コトニー・パインはアシッド系と云われていますが、本ライブでにおいてはオーソドックスなプレイで彼の実力の高さがビシビシ伝わって来ます。更にベースには重鎮パレ・ダニエルソンが参加しておりオフィシャルでは出ていないメンバーでのライブは聞き逃せません。また、ディスク2には1990年のニューポート・ジャズでの高画質DVDが付いています。

ライブ・アット・フェブリック、ハンブルグ、ドイツ 10/01/1986

Disc 1(CD)
1.Day & Nights
2.In A Sentimental Mood
3.Shinjitsu
4.EJ Blues
5.Dahomey Dance

エルビン・ジョーンズ(dr)
デイブ・リーブマン(ss)
コトニー・パイン(ts)
パレ・ダニエルソン(b)


Disc 2(DVD)
1.Is There A Jackson In The House ?
2.Island Bridge
3.In A Sentimental Mood
4.花嫁人形

ライブ・アット・ニューポート・ジャズ 1990

エルビン・ジョーンズ(dr)
ソニー・フォーチュン(ts, fl)
パット・ラバーベラ(ts, ss, fl)
チップ・ジャクソン(b)
ウィリー・ピケンズ(dr)

ウェイン・ショーター・カルテット / キュリー・ジャズ 2016

【2016年10月13日最新タイトル】

ウェイン・ショーター・カルテット / キュリー・ジャズ 2016(2CDR+1DVDR)

211870.jpg

2016年4月15日、スイスで開催されたキュリー・ジャズフェスティバルにショーター率いる至高のカルテットが出演した貴重なライブ・ステージを放送音源より驚きの高音質で収録された素晴らしいタイトルがリリースされました。

御年83歳を向かえながらまだまだ最前線でバリバリ活躍でジャズ・レジェンドとして若きプレーヤーからリスペクトを受けているウェイン・ショーター。今回リリースされたキュリー・ジャズでのステージでは圧倒的な存在感でテナー、ソプラノとサックスから泉の如く湧き上がるフレーズは鋭く心に響いて来ます。また今回のカルテットでは長年付き添ったブライアン・ブレイドからテリリン・キャリントンに変更されています。勿論、彼女のドラミングも悪いはずはありません。当日、演奏された楽曲もファンの方々には興味が沸くセットリストで聴き逃がすことが出来ません。

Disc 1
1.Solitude
2.Enchanted Paradise
3.Aquarelle
4.Three Marias
5.Orbits

Disc 2
1.She Moves Through The Fair
2.Prometeus Unbound
3.Joy Rider
4.Adventures Aboard The Golden Mean
5.Sanctuary(inc)

エルビン・ジョーンズ・トリオ / ベルリン 1968

【2016年10月13日最新タイトル】

エルビン・ジョーンズ・トリオ / ベルリン 1968(1CDR+1DVDR)

211869.jpg

1968年、ブルーノート・レーベルより名作「Puttin' It Together」をリリースし世界のジャズ・ファンから絶賛された中行われたヨーロッパ・ツアーから11月8日のベルリン公演を発掘された放送音源より納得の高音質で収録されたファン垂涎のタイトルがリリースされました。

サックスにはジョー・ファレル、ベースにはジミー・ギャリソンというピアノレス・トリオでのライブ・ステージで、本ライブでの余りにも激しいサウンドに衝撃を受けるジャズ・ファンは多いと思われます。縦横無尽に響き渡るジョー・ファレルのサックスは聴くモノを圧倒します。この後、チック・コリアの録音に参加しますがやはりこの時代の演奏がベストと云っても過言ではない事がお判り頂けます。その演奏に刺激を受けジョン・コルトレーン・カルテット時代からの盟友であるジミー・ギャリソンのベースもグイグイと迫力ある演奏で実況録音盤の醍醐味を存分に堪能して頂けます。また、2枚目には1968年、コペンハーゲン・ジャズフェスティバルに出演したライブの高画質DVDまで付いた正真正銘のコレクターズ・アイテムが登場しました。

DVDのサンプルです。




◇――――――――――――――――――――――――◇

マイルス・デイビス / カインド・オブ・ブルー(LP) デアゴスティーニ・ジャパン「隔週刊 ジャズ・LPレコード・コレクション」

【ギル・エヴァンス・オーケストラ】 1974年、1986年と未発表音源がリリース!

ギル・エヴァンス・オーケストラ / シュトゥットガルト 1974(1CDR+1DVDR)

211867.jpg

1974年7月、ドイツはシュトゥットガルトで行われたレアーなライブ・ステージを発掘された放送音源より高音質で収録したファン必携のお宝音源盤です。1974年は音の魔術師ギル・エヴァンスにとってターニングポイントとなり傑作アルバム「プレイズ・ジミ・ヘンドリックス」をリリースしました。本ライブはその1974年にドイツ、シュトゥットガルトで行われた非常にレアーなライブを発掘された放送音源を当時の空気感までをもダイレクトに収録しています。サンボーンのアルト、トランペットのルー・ソロフ、そしてギターのジョン・アバークロンビーと次代のジャズを背負うメンバーの熱い演奏がご堪能頂ける逸品になります。オープニングは1977年リリースのアルバム「プリースティス」に収録されていた「ショート・ビジット」ですが本ライブで既に演奏されていました。更に、ディスク2には1974年のウンブリア・ジャズ、1976年のトリノ・ジャズでの高画質ライブDVDが付いており正にマニア垂涎のコレクターズ・アイテムの決定盤となります。

1.Short Visit
2.Drizzling Rain
3.Up From The Skies
4.Cheryl
5.Amadama

Gil Evans(piano, conductor)
David Sanborn(as, fl)
John Abercrombie(g)
Paul Metzke(g)
Lew Soloff(tpt)
Marvin Hannibal Peterson(tpt)
Peter Gordon(french horn)
Pete Levin(french horn)
Tom Malone(trombone, tuba, synthesizer)
Howard Johnson(tuba)
John Stubblefield(ts, fl)
Trevor Koehler(bs, ss, fl)
Don Pate(b)
Bruce Ditmas(dr)
Susan Evans(perc)
Warren Smith(perc, vib)

DVDサンプルになります。







ギル・エヴァンス・オーケストラ / モントルー・ジャズ 1986(2CDR)

211868.jpg

1986年7月、スイスで開催されているモントルー・ジャズ祭に出演したライブ・ステージを発掘された放送音源より高音質で収録したファン必携のお宝音源盤になります。テナーにはジョージ・アダムスとクリス・ハンター、ギターにはハイラム、ブロック、トランペットにはルー・ソロフ、キーボードにはピート・レヴィン、バリトン・サックスにはジョン・サーマンという凄腕メンバーが参加しており彼らの素晴らしい演奏を緻密なアレンジでひとつにまとめているのがギル・エヴァンスの魔術なのでしょう。放送音源を収録していますので音質的にも何ら問題のないクオリティーでギルの才能を再確認して頂ける素晴らしい実況録音盤になります。

Disc 1
1.Orgone
2.Groove From The Louvre
3.There Comes A Time

Disc 2
1.Snowflake Bob
2.Sometimes
3.Subway
4.Eleven

Gil Evans(piano, conductor)
Chris Hunter(as, fl)
George Adams(ts, voc)
John Surman(bs, ss, bcl)
Hiram Bullock(g)
Pete Levin(keyb)
Delmar Brown(keyb, voc)
Jossy Fine(b)
Lew Soloff(tpt)
Shunzo Ono(tpt)
Miles Evans(tpt)
David Bargerontrombone, tuba)
Dave Taylor(bass trombone)
John Clark(french horn)
Kenwood Dennard(dr)


head01.jpg

マイルス・デイビス / ベルリン 1971 サウンド&ヴィジョン

【2016年10月1日最新入荷】

マイルス・デイビス / ベルリン 1971 サウンド&ヴィジョン(2CD+1DVDR)

10458.jpg

マイルスとキース・ジャレットが白熱のバトルを展開し伝説と語り伝えたれている1971年11月6日、ベルリン公演がオフィシャルまっ青の超高音質プレス盤CDと驚愕の高画質で収録されたDVDRがセットとなったマニア垂涎の3枚組が登場しました。

過去のCDR盤では演奏ピッチの狂いや音質に難があり、マニア諸兄はより高音質で正確な演奏スピードを求めるていました。レジェンダリー・レーベルが発掘された新音源は、リアル・ステレオ・サウンドボード音源を使用し正常なピッチ、そしてマニアも納得する超高音質で登場した傑作タイトルです。また、本ライブではマイルス以上にキース・ジャレットの陶酔したプレイを聴くために本ライブを購入する意義も大きいと思われます。更に、更に再放映された当日のライブを完璧な画質で収録したDVDまで付いた正真正銘のコレクターズ・アイテムとなり貴方の元にお届け致します。

10458_label.jpg

ライブ・アット・フィルハーモニー、ベルリン、ドイツ 11/06/1971

Disc 1
1.Introduction
2.Directions
3.Honky Tonk
4.What I Say

Disc 2
1.Sanctuary(inc)
2.It's About That Time
3.Funky Tonk / Sanctuary

Disc 3(DVDR)
1.Directions(inc)
2.Honky Tonk
3.What I Say
4.Sanctuary
5.It's About That Time
6.Funky Tonk
7.Sanctuary
TOTAL 70min

DVDのダイジェストです。




◇――――――――――――――――――――――――◇

マイルス・デイビス / カインド・オブ・ブルー(LP) デアゴスティーニ・ジャパン「隔週刊 ジャズ・LPレコード・コレクション」

Cyberseekers
名古屋市千種区今池1丁目5-9 オフィスイリヤビル2階

新譜ブログ

Author:新譜ブログ
名古屋で創業33年となるジャズ・セレクトショップです。マイルス、キース・ジャレットを筆頭にパット・メセニー、マイケル・ブレッカー、モダンジャズ等のCDを取り扱っています。オンラインストアはこちらから

リンク
最新記事
カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
QRコード
QR