マイルス、価格改正&廃盤のお知らせです。

当店で取り扱いしていますマイルス・デイビスのタイトルから多数の商品が廃盤となりました。それに伴い2枚組ライブなどをお買い求め易い価格(2,980円)に変更した商品も多数掲載致しています。是非、チェックして下さい。商品はこちらから。

md_boston1974.jpg

【最新入荷】キース・トリオ、1985年の未発表ライブがリリース!

キース・ジャレット・トリオ / サン・セバスチャン 1985(1CDR)

212003.jpg

1985年7月からスタートした夏のヨーロッパツアーから7月18日にスペイン、サン・セバスチャンで開催されたジャズ・フェスティバルに出演したライブの模様を放送された音源を録音したマニア所有テープから初めてデジタル化し登場したキース・トリオ、最高の未発表ライブが登場しました。

1985年の夏には多くのジャズ・フェスティバルに出演したライブの模様はメガ・ディスク・レーベルから既に9タイトルリリースされていますが、マイルスやビル・エヴァンスでも有名な「いつか王子様が」を収録しているのは本盤だけです。この日、演奏されたテイクはこのトリオが1980年代に演奏したベスト・テイクと断言出来る素晴らしい演奏となります。この1曲だけでも本盤を買う価値は大いにあります。2曲目には1924年末のミュージカル「レディー・ビー・グッド」のためにジョージ・ガーシュウィンが作曲した「ファシネイティング・リズム」(邦題:魅惑のリズム)と続きます。誰もが聞き覚えのあるイントロが印象的で、清流の如く美しいキースのピアノに酔いしれること間違いありません。ただ、残念ながら曲の途中に放送司会者の声が数秒間カブってしまいます。しかし、それを差し引いてもサウンドボード音源で初リリースされた本盤の価値が下がる訳ではありません。末永くお聴き頂けるキース・トリオの決定盤が登場しました。商品はこちらから。

ライブ・アット・サン・セバスチャン、スペイン 07/18/1985

1.My Prince Will Come
2.Fascinating Rhythm(announcement overdub)
3.Meaning Of The Blues
4.Skylark
5.God Bless The Child
6.I Wish I Knew

キース・ジャレット(p)
ゲイリー・ピーコック(b)
ジャック・デジョネット(dr)

【再入荷】ハービー、ショーター、そしてマーカスによるマイルス・トリビュート!!

ハービー・ハンコック / トリビュート・トゥ・マイルス 2011

211012.jpg

2011年7月、ヨーロッパで開催されている伝統あるアンティーブ・ジャズで喝采を浴びたマイルス・トリビュートの模様を放送音源からオフィシャル級の音質で収録した超クールなライブ2枚組がリリースされました。価格も魅力の2,980円!

このプロジェクトには、ハービー・ハンコック、マーカス・ミラー、そしてウェイン・ショーターの大御所三人が参加しており、更にトランペットには多くのソロ・アルバムをリリースし中堅トランペッターとして人気のあるシーン・ジョーンズがハービーにより抜擢されています。彼のアルバム「No Need for Words」は多くのジャズ・ブロガーの方々が高い評価を下しており注目度の高いトランペッターでうs。今回のプロジェクトでのシーン・ジョーンズは正に「水を得た魚」の如く、素晴らしいフレーズを連発して御大ショーターと渡り合っている点等、聴き所が満載のライブとなっています。セット・リストもご覧の通り、マイルスの幅広い年代からピックアップされておりハンコックのピアノ、ショーターのテナー&ソプラノも圧巻のライブ・パフォーマンスを展開しています。さて肝心の音質ですがデジタルFM放送された音源をダイレクトにCD化していますので正にオフィシャル級クオリティーで収録していますので何方でも安心してお聴き頂けます。

Disc 1
1.Walkin' / Little One / Al Blues / Directions / Shhh..Peacefuk
2.In A Silent Way / Water Babies / Someday My Prince Will Come / Footprint
3.Band Introduction

Disc 2
1.Fran Dance / Jean Pierre
2.Orbits / Dr. Jekyll
3.Time After Time / Sketches Of Spain / It's About That Time
4.Tutu

ハービー・ハンコック(p, keyb)
マーカス・ミラー(b, bcl)
ウェイン・ショーター(ts, ss)
シーン・ジョーンズ(tpt)
シーン・リックマン(dr)

試聴サンプル

【最新入荷】キース、、1974年7月のイタリア・ペスカーラ公演を秘蔵音源からCD化!

キース・ジャレット / ペスカーラ 1974(1CDR)

212005.jpg

1974年、この年は前半がアメリカン・カルテットでのツアーで後半6月12日からはソロでのツアー、そして9月からはまたアメリカン・カルテットでのライブと多忙を極めていたキースですがライブでは疲労感など感じられずその底知れないパワーには敬服します。さて、このペスカーラ公演ですが熱心なマニアによって会場内で極秘に録音された秘蔵音源が使用されて、そのクオリティーはサウンボード録音と間違えても仕方のない程大変優れた音質で録音されています。当時のラジオ放送を録音したテープでも経年劣化で著しく音質が劣る音源もありますので、その意味でもここに収録されている音こそ奇跡の発掘音源と云っても過言ではありません。埋もれたままで終わらせることが出来ないこの音源を貴方自身で体感して下さい。

1.First Part(37:08)
2.Second Part(9:04)

ライブ・アット・ペスカーラ、イタリア 07/15/1974

キース・ジャレット(p)

【最新入荷】キース、2014年にイタリア・フェニーチェ劇場で行われた芸術的ソロ・ライブ!

キース・ジャレット / フェニーチェ 2014(1CDR)

212004.jpg

2014年、僅か10回しか行われなかったピアノだけでの美的インプロビゼーション・ライブから7月8日にイタリア、ヴェネツィアで1792年に完成した格式高いオペラ・ホール「フェニーチェ劇場」で行われたライブを収録したタイトルがリリースされました。

このツアーからのライブ音源は7月11日のローマ公演と話題となった5月3日の大阪フェスティバル・ホール公演がメガ・ディスク・レーベルから出ています。2014年にソロで行われたライブ音源は非常にレアーな音源となっています。因みに10月19日のシカゴ公演と11月30日のニューアーク公演だけはトリオでのライブが行われてました。さて、このフェニーチェ劇場でのライブはキース・マニアによる会場内でデジタル・オーディエンス録音されたデータを収録していますが、その音像のクリアーなことに驚きます。若干、会場内でのノイズをマイクが拾っていますがそれを補う音の良さは、やはりオペラ劇場の音響にあると思われます。キースの感性を見事に表現したピアノの調を聡明な音質で収録したフェニーチェ劇場でのライブ、是非ご堪能下さい。

1.Part Ⅰ
2.Part Ⅱ
3.Part Ⅲ
4.Part Ⅳ
5.Part Ⅴ
6.Part Ⅵ
7.Part Ⅶ

ライブ・アット・フェニーチェ劇場、ヴェネツィア、イタリア 07/08/2014

キース・ジャレット(p)

【再入荷】キース、オルガンだけで行われたストックホルム大聖堂でのパフォーマンス!

キース・ジャレット / ストックホルム大聖堂 1972(1CDR)

211962.jpg

1972年9月16日、ピアノではなくオルガン1台だけでストックホルム大聖堂で行われたバロック調の美的感覚溢れるインプロビゼーション・ライブの模様をマニアが発掘した放送音源テープから初めてステレオにて収録したキャリア中、大変貴重なパフォーマンスをお聴き頂けるファン必聴となる垂涎のタイトルです。商品はこちらから。

ライブ・アット・ストックホルム大聖堂、スウェーデン 09/16/1972

1.Improvisation(40:03)

211962_label.jpg

キース・ジャレット(org)

【最新入荷】ジョン・マクラフリン、1989年にトリオで行ったシュトゥットガルト公演がCD&DVDの2枚組で登場!

ジョン・マクラフリン・トリオ / シュトゥットガルト 1989(1CDR+1DVDR)

211980_20171023141503ac4.jpg

1989年3月、ベースに超絶テクニックのカイ・エクハルト、ドラムのトリロク・グルトゥというメンバーで構成されトリオ編成で行ったシュトゥットガルト公演を、高音質CDと高画質DVDとをセットとして収録したファン垂涎となる2枚組がリリースされました。

このトリオでのライブは、イギリス公演がオフィシャル盤で既にリリースされておりファンの方々かた名作といわれたアルバムです。本タイトルにはそのオフィシャル盤には未収録となっている楽曲が収録されておりますのでファンの方には外せないアイテムとなります。マクラフリンの超絶テクニックは無論、ベースのカイ・エクハルトがハンマリングを多用して奏でられるメロディック・スラップは必聴&必見です。本タイトルは、高音質CDと高画質DVDとの2枚組となっていますのでカイ・エクハルトのテクニックも動画でしっくりとご覧頂けます。DVDのサンプルは商品サイトにリンクしています。商品はこちらから。

1.Florianopolis
2.Are You The One ?
3.Mother Tongues
4.The Wall Will Fall
5.Zakir

ライブ・アット・シュトゥットガルト、ドイツ 03/25/1989

211980_label.jpg

ジョン・マクラフリン(g)
カイ・エクハルト(b)
トリロク・グルトゥ(dr, perc, voc)

【最新入荷】 リーブマン、スワロー、ナスバウム!! 2013年ライブが初CD化!

リーブマン、スワロー、ナスバウム / ウィ・スリー 2013(1CDR)

211999.jpg

デイブ・リーブマン、スティーブ・スワロー、そしてアダム・ナスバウムというベテラン三人によるプロジェクトで2013年にスイス、フリブールで行われたライブ・パフォーマンスを驚異のクオリティーで収録したタイトルがリリースされました。

デイブ・リーブマンはソプラノ・サックスだけではなく、テナー・サックスも担当しておりスタジオ録音では決して味わえない迫力ある熱い演奏でライブは進行しています。スティーブ・スワロー、アダム・ナスバウムとは30年以上に渡りプレイしている仲ですが、やはりライブとなると三人の個性が激しくぶつかり合うパフォーマンスには聴いていてゾクゾクします。実力ある三人で構築されたライブの素晴らしさを存分にお楽しみ下さい。商品はこちらから

1.Radio
2,Pleiades 7
3.Viscous Consistency
4.Days Of Old
5.Tommy's Hut
6.Up Too Late
7.All Blues

ライブ・アット・スピーラル、フリブール、スイス 05/08/2013

211999_label.jpg

デイブ・リーブマン(ts)
スティーブ・スワロー(b)
アダム・ナスバウム(dr)

【最新入荷】ハービー・ハンコック、新メンバーを伴っての最新ライブをCD2枚とDVDをセットにした3枚組が登場!

ハービー・ハンコック / オースチン 2017(2CDR+1DVDR)

212002.jpg

ベースにジェイムス・ジナス、ドラムスにはヴィニー・カリウタ、サックスには2017年グラミー賞で最優秀R&Bアルバム部門にノミネートされたウエスト・コースト・ジャズシーンの重要人物テラス・マーティンを従えたハービーの最新ライブがCD2枚とDVDがセットとなった3枚組がリリースされました。

今回、テキサス・オースチンでのライブではギターを担当していたリオーネル・ルエケが参加しておらずカルテット構成でのパフォーマンスが展開されています。時代の流れを先読みしたハンコックのサウンドですが、その根底に流れているジャズ&ファンク魂はしっかりと顕在で個性の強いメンバーをまとめています。シンプルだからこそ、その実力が判る最高のライブをCD&DVDとでお楽しみ下さい。DVDのサンプルは商品サイト上でご覧頂けます。商品はこちらから

Disc 1
1.Overture
2.Band Introduction
3.Actual Proof

Disc 2
1.Come Running To Me
2.Secret Source
3.Cantaloup Island
4.Chameleon

Disc 3(DVD)
1時間32分

ライブ・アット・ムーディ・シアター、オースチン、テキサス 10/12/2017

212002_label.jpg

ハービー・ハンコック(keyb)
ジェームズ・ジナス(b)
テラス・マーティン(sax, keyb)
ヴィニー・カリウタ(dr, perc)

DVDのサンプルです。

【再入荷】マイルス、1975年ニューポート・ジャズ祭でのライブが蘇る!!

マイルス・デイビス / マイルス・イン・ニューヨーク(2CD)

10299.jpg

引退直前になる1975年7月1日、NYの殿堂エイブリー・フィッシャー・ホールで行われたニューポート・ジャズ・フェスティバルに出演したライブの模様をマニアが会場内で録音した驚きの高音質オーディエンス録音マスターから収録した引退直前となるレアーなライブ音源2枚組が安心品質のプレス盤CDでリリースされました。

マイルスはこのホールが何故かお気に入りで、80年代に入ってもよく使用していました。今回のライブも音響が抜群に良いと云われてるエイブリー・フィッシャー・ホール内で録音されたマスター音源はサイトに用意した3曲のサンプルをお聴き頂ければsの生々しい音質がお判り頂けます。ピート・コージー作と云われる「マザー・ディアレスト・マザー」がショー第1部、第2部とそれぞれのエンディングとして用いわれてたことでも知られた激レアなニューコーク公演です。しっかりした定位とサウンドボード録音に匹敵する最高にクリアーな音像でショウのほぼ全容を存分にご堪能して頂けます。おそらくミキサー・ブースのセクションに立てられたマイク・スタンドからの録音のため周囲の歓声は殆ど拾っておらず、それぞれの楽器音の粒立ちは半端なく美しい響きを奏でて1975年ライブを再現した名音源になります。商品はこちらから

DISC 1
1.BAND WARMING UP
2.TURNARAROUNDPHRASE
3.TUNE IN 5
4.MAIYSHA
5.MOTHER DEAREST MOTHER

DISC 2
1.RIGHT OFF
2.MTUME
3.UNTITLES LATIN
4.IFE
5.MOTHER DEAREST MOTHER

ライブ・アット・エイブリー・フィシャー・ホール、ニューヨーク 07/01/1975

マイルス・デイビス(tpt, org)
サム・モリソン(ts, ss, fl)
ピート・コージー(g)
レジー・ルーカス(g)
マイケル・ヘンダーソン(b)
アル・フォスター(dr)
ジェームズ・フォアマン(perc)
Cyberseekers
名古屋市千種区今池1丁目5-9 オフィスイリヤビル2階

新譜ブログ

Author:新譜ブログ
名古屋で創業33年となるジャズ・セレクトショップです。マイルス、キース・ジャレットを筆頭にパット・メセニー、マイケル・ブレッカー、モダンジャズ等のCDを取り扱っています。オンラインストアはこちらから

リンク
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
QRコード
QR