【マーカス・ミラー】当店取り扱い全タイトルを掲載中!

7月25日に最新アルバム「レイド・ブラック」をリリースしたマーカス・ミラーの歴代ライブから当店取り扱い全タイトル(CD&DVD)を掲載しました。

2枚組タイトルで2,980円とお求め易い商品から、1988年に来日したジャマイカ・ボーイズの東京、名古屋公演、そして1991年、1992年のライブ・アンダー・ザ・スカイでのライブ等も在庫していますので是非、チェックして下さい。


marcusall.jpg

【マッコイ・タイナー・トリビュート】ダニーロ・ペレス、魂を揺さぶるライブが登場!

ダニーロ・ロペス / ライブ・カルテット

212107.jpg

ウェイン・ショーター・カルテットの重鎮であるピアニストダニーロ・ロペスを中心としてたカルテットが、マッコイ・タイナーに敬意を払い彼の楽曲を再現したライブを放送音源から収録した魂を揺さぶるアイテムがリリースされました。

アルトにケニー・ギャレットが加わったトリオの演奏は、単にマッコイ・タイナーを彼を模倣するのではなく、才気あるエネルギッシュな即興演奏で再現しています。激しいリズミカルな脈動をもたらしトランスのような感情を作り出した「パッション・ダンス」での演奏は正に圧巻です。途中でセロニアス・モンクの「アスク・ミー・ナウ」を挿入しライブにアクセントを付けていることが判ります。メンバー四人の独創性豊かなパフォーマンスは、海外で「偉大なコンサート」と言われただけあって必ずご満足して頂けます。

1.Walk Spirit, Talk Spirit
2.Passion Dance
3.Search For Peace
4.Unknown

1.Ask Me Now
2.Blues On The Corner
3.Ballad Foe Aisha
4.La Cubana

ライブ・アット・フィラデルフィア、ペンシルバニア 04/01/2012

ダニーロ・ペレス(p)
ケニー・ギャレット(as)
ジョン・パティトゥッチ(b)
ブライアン・ブレイド(dr)

パット・メセニー・トリオ、アル・フォスターが参加したニュー・ヨーク公演が入荷!

パット・メセニー・トリオ / セブンス・アベニュー・サウス 1983

212108.jpg

1983年、マイルス・バンド在籍時のアル・フォスターをドラムスに迎えニューヨークのセブンス・アベニュー・サウスで行われた想像を超えた貴重なライブの模様をマニア秘蔵音源からパット・メセニー・ファン必聴となるライブが登場しました。

アルバム「リジョイシング」は、ドラムスがビリー・ヒギンズが担当しており同じくオーネット・グループに参加していたチャーリー・ヘンデンがベースとして参加し1983年11月の録音さてました。今回発掘されたニューヨークでのライブでは、マイルス・デイビス・バンドに在籍して活動中のアル・フォスターがビリー・ヒギンズに代わってドラムスを担当したコレクターズ・アイテムとなります。音質は残念ながら放送音源ではなくオーディエンス録音ですが、このライブ音源が発掘されたことは大きな事件であり、奇跡と言えます。マニアの皆様には喜んで頂ける演奏となっています。

Disc 1
1.Solar
2.Turnaround
3.James

Disc 2
1.Offramp
2.Lonely Woman
3.Broadway Blues

ライブ・アット・セブンス・アベニュー・サウス、ニューヨーク 12/11/1983

パット・メセニー(g)
チャーリー・ヘイデン(b)
アル・フォスター(dr)

ジャコ、ウェザーにおける記念すべきデビュー・ライブ!

ウェザー・リポート / アン・アーバー 1976(1CDR)

210226.jpg



完売御礼







パット・メセニー、2018年夏のヨーロッパ・ツアーから早くも完全版が登場!

パット・メセニー・カルテット / デュッセルドルフ 2018

212105.jpg

2018年、夏のヨーロッパ・ツアーから7月13日にドイツ、デュッセルドルフで行ったライブの模様をファンがデジタル録音したオーディエンス音源から収録した待望の2018年ライブがリリースされました。

今年4月にはNEA全米芸術基金)の2018年ジャズマスター賞を受賞し、英ラジオ局「ジャズFM」が主催するアワード「ジャズFMアワード 2108」においてもゴールド・アワードを受賞してスタートした最新ツアーのい華を添えています。2016年の来日公演でもその実力で評価も上がったリンダ・オウ、グウィリム・シムコック、そしてアントニオ・サンチェスとのカルテットでのライブ。全20曲を収録した2枚組ライブです。

ライブ・アット・デュッセルドルフ、ドイツ 07/13/2018

Disc 1
1,Introduction
2.Pikasso
3.So May It Secretly Begin
4.Bright Size Life
5.Sirabhorn
6.Third Wind
7.Always And Forever
8.What Do You Want
9.Unquity Road
10.James
11.Slip Away
12.The Red One
13.Band Introductions

Disc 2
1.Farmer's Trust
2.Untitled
3.Unity Village
4.Better Days Ahead
5.When We Were Free
6.Medley (Solo Acoustic Guitar)
7.Are You Going With Me ?

2121051.jpg

パット・メセニー(g, g-synth)
リンダ・オウ(b)
グウィリム・シムコック(p, keyb)
アントニオ・サンチェス(dr)

ウィントン・マルサリス、1982年オランダで開催されたジャズ祭でのライブが登場!

ウィントン・マルサリス / ノース・シー 1982

212106.jpg

オランダで開催されているノース・シー・ジャズ・フェスティバルに自らのクインテットを率いて登場し世界のジャズ・ファンにハードバップ・リバイバルの衝撃を与えたライブが遂に放送音源からリリースされました。

テナーにはブランフォード・マルサリス、ピアノには国内でも人気の高いケニー・カークランド、ベースにはフィル・ ボウラー、そしてドラムスにはウィントンからの信頼も厚いジェフ・ワッツで構成されたクインテット。本ライブでは、ケニー・カークランドを中心としたバックと息の合ったインター・プレイの連続で当時、世界に衝撃を与えたライブを体感して頂けハードバップを愛するマニアには垂涎の家宝級タイトルとなり末永くお楽しみ頂けるタイトルとなります。

1.Introduction
2.I've Never Been In Love
3.Paraphernalia
4.Father Time
5.Who Can I Turn To
6.The Collector
7.Later

ライブ・アット・ノース・シー・ジャズフェスティバル、ハーグ、オランダ 07/16/1982

2121061.jpg

ウィントン・マルサリス(tpt)
ブランフォード・マルサリス(ts, ss)
ケニー・カークランド(p)
フィル・ ボウラー(b)
ジェフ・ワッツ(dr)

ジョニ・ミッチェル、ハービー&ジャコ、そしてトニー・ウィリアムス参加のバークレー・ジャズ祭!

ジョニ・ミッチェル / バークレー 1979(1CDR)

211741.jpg

1979年、伝統あるバークレー・ジャズフェスティバルにハービー・ハンコットを筆頭にジャコ・パストリアス、トニー・ウィリアムス、ドン・アライアスを伴って出演したステージをマニア蔵出し音源から収録したジャズ・ファン垂涎のタイトルが登場しました。

シャドウ・アンド・ライト・ツアーとは異なったメンバー構成で行われたライブは、非常にレアーなライブとなりその演奏は今聴いても新鮮さは失われておりません。海外マニアにも評価の高い本ライブはファンの方がには見逃し厳禁となり、音質の良さも相まって正真正銘の垂涎盤となります。

サンプル


ライブ・アット・バークレー・ジャズフェスティバル、バークレー、カリフォルニア 05/27/1979

1.Coyote
2.Goodbye Porkpie Hat
3.God Must Be A Boogie Man
4.Chair In The Sky
5.Black Crow
6.Dry Cleaner From Des Moines
7.Woodstock
8.Twisted

211741_label.jpg

ジョニ・ミッチェル(voc, g)
ハービー・ハンコック(keyb)
ジャコ・パストリアス(b)
トニー・ウィリアムス(dr)
ドン・アライアス(perc)

ヘイデン&ゴンサロ、2002年モンテカルロでのライブ!

チャーリー・ヘイデン&ノクターン / モンテカルロ 2002

211886.jpg

キューバ音楽、そしてボレロを取り上げて製作されジャズ・ファンの間で話題となった名盤アルバム「ノクターン」のリリース後に出演したモンテカルロでのライブをFM放送されたデジタル音源からをオフィシャル級音質で収録したジャズ・ファン垂涎となるタイトルが登場しました。

ピアノにはキューバの至宝ゴンサロ・ルバルカバ、ドラムスにはこちらもキューバの至宝イグナシオ・ベローナ、テナーにはデビッド・サンチェス、バイオリンにはフェデリコ・ブリートス・ルイスという豪華メンバーで行われたスペシャル・ライブでオフィシャル盤とはひと味違う演奏が聴きモノになります。チャーリー・ヘイデンとキューバのふたりが奏でるメロディアスな世界をご堪能頂ける当店推薦となるタイトルとなります。

サンプル


ライブ・アット・モンテカルロ、モナコ 04/22/2002

1.En la Orilla del Mundo(At The Edge Of The World)
2.Nightfall
3.Moonlight
4.Transparence
5.El Clego
6.Contigo en la Distancis / En Nosotros(With You In The Distance/In Us)
2118861.jpg

チャーリー・ヘイデン(b)
ゴンサロ・ルバルカバ(p)
デビッド・サンチェス(ts)
フェデリコ・ブリートス・ルイス(violin)
イグナシオ・ベローナ(dr)

QR_Code01.jpg

ショーター率いる「至高のカルテット」の記念すべきデビュー・ライブ!

この記事はブロとものみ閲覧できます

【初登場音源】 セロニアス・モンク、豪華メンバーでの1967年マインツ公演が登場!

セロニアス・モンク / マインツ 1967

212103.jpg

1967年ヨーロッパ・ツアーから、初登場となる11月8日のドイツ、マインツ公演がマニアも驚く高音質マスターから収録した新たな定番タイトルが登場しました。

1967年ツアーからは過去ライブ音源がリリースされていますが、どのライブにおいても異なった演奏となりファンのは外すことが出来ません。今回、メガディスク・レーベルからリリースされたマインツ公演の参加メンバーは、ジョニー・グリフィン、チャーリー・ラウズのテナー、フィル・ウッズのアルト、そしてクラーク・テリーを中心とした2本のトランペット、更にトロンボーンが加わった超強力ホーンにラリー・ゲイルスのベース、ベン・ライリーのドラムスとで構成されたノネットでのライブです。再放送音源から収録された音質は、安心してお聴き頂けるクオリティーでご堪能頂けます。

1.Introduction
2.Ruby My Dear
3.Don't Blame Me
4.Rhythm-A-Ning
5.Straight, No Chaser
6.Evidence
7.Oska. T

サンプル


ライブ・アット・マインツ、ドイツ 11/08/1967

セロニアス・モンク(p)
ジョニー・グリフィン(ts)
チャリー・ラウズ(ts)
フィル・ウッズ(as)
クラーク・テリー(tpt)
ライ・コープランド(tpt)
ジミー・クリーブランド(tromb)
ラリー・ゲイルス(b)
ベン・ライリー(dr)
Cyberseekers
名古屋市千種区今池1丁目5-9 オフィスイリヤビル2階

新譜ブログ

Author:新譜ブログ
名古屋で創業33年となるジャズ・セレクトショップです。マイルス、キース・ジャレットを筆頭にパット・メセニー、マイケル・ブレッカー、モダンジャズ等のCDを取り扱っています。オンラインストアはこちらから

リンク
最新記事
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
QRコード
QR