<無料ギフトも!>今回はチック・コリア・ウィーク!!

チック・コリア・トリオ / ヴィレッジ・ヴァンガード 1987

212116.jpg

ニューヨークの名門ジャズクラブ、ヴィレッジ・ヴァンガードに登場したライブの模様を当時ラジオ放送されたライブをサウンドボード音源で収録したファン必聴、必携となる極上盤が登場しました。

ECMからリリースされたアルバム「夜も昼も」とはセットリストも異なり、ニューヨークの名門クラブでのライブとなればやはり緊張感が違います。ある意味ではこちらも方がこのトリオが奏でるインプロビゼーションの真髄を存分に堪能して頂けます。このトリオで1982年にリリースされたアルバム「トリオ・ミュージック」に収録されていたモンクの名曲、ラウンド・ミッドナイトは絶品。ラストに収録された「リズム・ア・ナイト」においてチックはエレクトリック・ピアノを弾いています。あのライブ・アンダー・ザ・スカイ翌年のライブも注目に値します。

1.Night And Day
2.The Loop
3.Improv Ⅰ
4.Improv Ⅱ
5.Round Midnight
6.Rhythm A Night

ライブ・アット・ヴィレッジ・ヴァンガード、ニューヨーク 04/16/1987

チック・コリア(p)
ミロスラフ・ビトウス(b)
ロイ・ヘインズ(dr)




チック・コリア / ロンドン 2004

212117.jpg

イギリス・ロンドン東部シティ・オブ・ロンドンのバービカン・エステートと呼ばれる商業・居住複合再開発区内に1982年に完成し名会場として知名度の高いバービカン・ホールで、ライブ前半と後半と異なったバンドで出演したライブの模様をギリス国営放送BBCで放送されたライブ音源から高音質で収録したファン垂涎となるライブ2枚組が登場しました。

ライブ前半には、タッチストーンをバックに従えてのライブ。タッチストーンはチック・コリアがフラメンコ・ギタリストのパコ・デ・ルシアをフィーチャーしてリリースしたアルバムの名前から命名されたバンド。メンバーは、パコ・デ・ルシアのグループで活躍したことで知られチックとも付き合にが長いサックス&フルート奏者のホルヘ・パルド。フラメンコ・スタイルで粋なプレイにはファンが多いのにも頷けます。その他ルレス・ベナベン、トム・ブレックライン、ルベン・ダンタスで構成されています。因みに2003年のマドリード公演で結成されています。ジャズとフラメンコを融合した味わい深い演奏はさすがの一言です。また、ライブ後半には、アコーステック・トリオでのライブをこちらも最高の音質で収録されています。「ひと粒で2度美味しい」的な貴重なライブをセットした究極の垂涎盤です。

ライブ・アット・バービカン・ホール、ロンドン 07/06/2004

Disc 1(first set)
1.Touchstone
2.Alan Corday
3.TBC
チック・コリア(p)
ホルヘ・パルド(sax, fl)
ルレス・ベナベン(b)
トム・ブレックライン(dr)
ルベン・ダンタス(perc)

Disc 2(second set)
1.Humpty Dumpty
2.But Beautiful
3.Morning Sprite
チック・コリア(p)
ジョン・パティトゥッチ(b)
デイブ・ウェックル(dr)




チック・コリア / ソロ・イン・ロンドン

212118.jpg

1993年3月、ロンドン・ロイヤル・フェスティバル・ホールで行われたピアノ1台による美しいソロ・パフォーマンスの模様をイギリス国営放送BBCで放送されたライブ音源から高音質で収録したファン垂涎となるライブ2枚組がお値打ち価格で登場しました。

1964年頃からブルー・ミッチェル、ハービー・マン、モンゴ・サンタマリアらとの共演からキャリアをスタートし、1968年にはデビュー・アルバム「トーンズ・フォー・ジョーンズ・ボーンズ」を25歳で発表。1968年後半からハービー・ハンコックに替わりマイルス・デイビス・グループに加入にジャズ・レジェンドの道を今尚躍進しているチック・コリア。今回、リリースされたライブは前半がスタンダード、そして後半にはチルドレンズ・ソングからピックアップされた楽曲で構成されたライブとなり彼のエモーショナルな一面をご堪能して頂けます。ラストに演奏された「いつか王子様が」、「ラ・フィエスタ」は必聴となる美的バージョンでライブのトリを締め括ってます。

Disc 1
1.Sophisticated Lady
2.With A Song In My Heart
3.Blue Monk
4.How Deep Is The Ocean ?
5.Round Midnight
6.Improv 1
7.Prelude By Scriabin

Disc 2
1.Children's Song No. 1
2.Children's Song No. 2
3.Children's Song No. 3
4.Children's Song No. 15
5.Children's Song No. 9
6.Children's Song No. 10
7.Children's Song No. 11
8.Improv 2
9.Improv 3
10.Someday My Prince Will Come
11.La Fiesta

ライブ・アット・ロイヤル・フェスティバル・ホール、ロンドン 03/08/1993

チック・コリア(p)

その他、取扱中のチック・コリア関係のタイトルはココをクリックでご確認頂けます。
---------------------------------------------


【無料プレゼントDVD】


チック・コリア・トリオ / ハイネケン・ジャサルディア 2018

promochick2018dvd.jpg

2018年7月29日にスペインで開催されたサン・セバスティアン国際ジャズ・フェスティバルに出演したライブを1時間33分高画質、高音質で収録したファン必見となるDVDです。サイト上で試写可能です。

当店サイトからCD、DVDどれでもふたつ以上お買い上げで無料プレゼント致します。

1.Morning Sprite
2.Japanese Waltz
3.That Old Feeling
4.In A Sentimental Mood
5.Life Line
6.Prelude
7.You And The Night And The Music
8.Spain

ライブ・アット・サン・セバスティアン国際ジャズ・フェスティバル、スペイン 07/29/2018

チック・コリア(p)
ジョン・パティトゥッチ(b)
デイブ・ウェックル(dr)

【マイルス・デイビス】1969年ヴィレッジ・ゲイト・クラブ公演が再入荷!

マイルス・デイビス / ヴィレッジ・ゲイト 1969(1CDR)

10477.jpg

ジャズ史において数多くの名ライブが録音されたニューヨーク、ジャズの殿堂「ヴィレッジ・ゲイト・クラブ」でマイルスが1969年に登場したライブをマニア所有のマスター級オーディエンス音源から聴いた誰もが驚くスーパー・クオリティーで収録したアイテムが登場しました。

海外のコレクターの間でマイルスが1969年、ヴィレッジ・ゲイト・クラブに出演したのは4月25日、26日の2日間と5月23日、24日の2日間、そして7月29日、8月10日の計6公演が行われたことになっています。6月にも公演があったとの話もありますが詳しいデータは今持って不明なのが真実です。因みに、5月11日~13日にチック・コリアがデイブ・ホランド、ジャック・デジョネットを伴ってニューヨークのベル・サウンド・スタジオにて本ライブにも収録されている「ディス」を録音していますので5月説が有力です。今回リリースされたタイトルは、海外マニア所有のオーディエンス音源を僅かに補正しただけの素晴らしい最高音質で収録されており、今から49年も前に録音された音源とは信じ難いクオリティーとなっています。1969年、ロスト・クインテットのニューヨークで行われたクラブ・ツアーの中でもダントツの内容をなる文字通りの最高パフォーマンスです。商品サイトはこりらから。

1.Introduction / This
2.Footprints
3.Miles Runs The Voodoo Dwon
4.'Round Midnight(inc)

ライブ・アット・ヴィレッジ・ゲイト、ニューヨーク 1969

10477_label.jpg

マイルス・デイビス(tpt)
ウェイン・ショーター(ts, ss)
チック・コリア(elp)
デイブ・ホランド(b)
ジャック・デジョネット(dr)

【マイルス・デイビス】プレFM音源から収録した1973年ベオグラード公演が登場!

マイルス・デイビス / デオグラード 1973(1DR)

10478.jpg

マイルス・マニアに人気の高い1973年ヨーロッパ・ツアーから11月7日セルビア(旧ユーゴスラビア)、ベオグラードの貿易連合ホールで行われたライブを放送前のプレFMマスター音源から正にオフィシャル級クオリティーで収録したアイテムが登場しました。

1973年はマイルスにとって大変充実した年となり、1月にはニューヨークのヴィレッジ・イーストに出演してから北米ツアーがスタートしました。その後、6月19日から待望の来日公演も行われております。さて、10月からスタートしたヨーロッパ・ツアーからは大変優れたライブ音源が各種リリースされており、このベオグラード公演も古くから入手可能となっており所有している方も多いと思われます。しかし、当時のラジオ放送されたライブをカセットテープで録音した音源から制作されており音像に陰りがありまたステレオ感も乏しく音源でした。

今回リリースされた音源は、放送される前のプレFM音源となり、そのクオリティたるや幾多の1973年既発ライブとは次元の違うサウンドであり、経年劣化という言葉も消え失せてしまう文字通り衝撃のライブ音源です。また、1973年ライブにおいて本公演では、ピート・コージーのギターが大胆にフューチャーされて鬼気迫るプレをご堪能して頂けます。ピート・コージーのギター、レジー・ルーマスのファンキーなギター・ワークが左右に分離されそれを切り裂くマイルスのトランペット、鳥肌立つ珠玉の演奏は必聴間違いないです。1973年ヨーロッパ・ツアー中、史上最高峰レベルの音源となります。サイトには試聴サンプルを2曲用意しています。商品サイトはこちらから。

1.Turnaroundphrase
2.Tune In 5
3.Turnaroundphrase
4.Calypso Frelimo
5.Tune In 5

10478_label.jpg

ライブ・アット・ドム・シンディカタ、ベオグラード、セルビア 11/07/1973

マイルス・デイビス(tpt)
デイブ・リーブマン(ts, ss, fl)
ピート・コージー(g, perc)
レジー・ルーカス(g)
マイケル・ヘンダーソン(b)
アル・フォスター(dr)
ムトゥーメ(cga, perc)

【マーカス・ミラー】マイケル・ジャクソンの名曲をプレイした2018年最新ライブ!

マーカス・ミラー / アイル・ビー・ゼア(2CDR)

212115.jpg

6月に最新アルバムとなる「レイド・ブラック」をリリースし注目の中、マルシアック・ジャズフェスティバルに登場したライブ2枚組です。当日、演奏された楽曲は最新アルバムからの楽曲は無論、マイルスとの思い出が詰まった名曲「TUTU」やレノン&マッカートニー作「カム・トゥゲザー」等のライブでは定番となっているナンバーもバッチリ。しかも、アンコールにはマイケル・ジャクシンの名曲「アイル・ビー・ゼア」をマーカスのベース・ソロからはじまり10分近くにも及んだライブを素晴らしいアレンジで聴かせてくれます。これはファンにとっては聴き逃がせません!!

Disc 1
1.The Blues
2.Untamed
3.Detroit
4.Amandla
5.Trip Trap
6.Hylife

Disc 2
1.Preacher's Kid
2.Tutu
3.Come Together
4.I'll Be There(Michael Jackson)

ライブ・アット・ジャズ・イン・マルシアック、マルシアック、フランス 07/30/2018

マーカス・ミラー(b, bcl)
アレックス・ハン(sax)
ラッセル・ガン(tpt)
ブレット・ウィリアムズ(keyb)
アレックス・ベイリー(dr)

チック・コリア、2018年夏のジャズ・フェスでのライブが到着!

チック・コリア・トリオ / マルシアック 2018(1CDR)

212114.jpg

フランスで開催されているジャズ・フェスティバル「ジャズ・イン。マルシアック」にトリオで出演したライブの模様を現地でFM放送されたライブ音源からファン納得の音質で収録したファン必聴盤が登場しました。

メンバーにはチックから信頼の厚いジョン・パティトゥッチとデイブ・ウェックルとのトリオとなり最新ライブにおいても安心してお聴き頂ける最高のステージが展開されています。今年で77歳になりますが衰えを感じさせないピアノには改めて感服します。

1.Morning Sprite
2.Japanese Waltz
3.That Old Feeling
4.In A Sentimental Mood
5.Life Line
6.Sonata (Scarlatti)
7.You And The Night And The Music

ライブ・アット・ジャズ・イン・マルシアック、フランス 08/04/2018

チック・コリア(p)
ジョン・パティトゥッチ(b)
デイブ・ウェックル(dr)

【円熟のピアノ】ケニー・バロン、2管が参加した2018年最新ライブ!

ケニー・バロン / マルシアック 2108

212113.jpg

フランスで開催されているジャズ・フェスティバル「ジャズ・イン。マルシアック」に2管クインテットで出演したライブを現地でFM放送されたライブ音源から納得の音質で収録したピアノ・ファン垂涎盤がリリースされました。

寺井尚子を見出したことで日本のファンへの認知度も高いケニー・バロンの最新ライブが登場しました。サックスで参加しているダイナ・ステファンスは、シャープなサウンドで定評があり、ジョン・スコフィールドやブラッド・メルドー等との共演でも知られています。彼のバラードは心に響きます。トランペットはロイ・ハーグローブのバンドにも参加し、ストレートなジャスを得意とするジェレミー・ペルトが参加しています。スウィンギーでブルージーなトランペットは聴きモノです。極上メンバーのサポートを受け完成度の高いステージはファン垂涎となります。

1.Be Bop Be Bop
2.Blue Waters
3.Footprints
4.Well You Needn't
5.Concentric Circle
6.Song For Abdullah(inc)

ライブ・アット・ジャズ・イン・マルシアック、フランス 07/29/2018

ケニー・バロン(p)
ダイナ・ステファンス(sax)
ジェレミー・ペルト(tpt)
ジョナサン・ブレイク(dr)
アンノウン(b)

ブラッド・メルドー、2018年夏のヨーロッパ・ジャズフェスから最新ライブが到着!

ブラッド・メルドー・トリオ / マルシアック 2018(2CDR)

212111.jpg

フランスで開催されているジャズ・フェスティバル「ジャズ・イン・マルシアック」にトリオで出演した模様を現地でFM放送されたライブ音源から納得の音質で収録したファン必聴盤が登場しました。

2018年はアルバム「アフター・バッハ」が世界のジャズ批評家から大絶賛を受け新たなファンも大幅ぬ増えたことが知られています。ライブにおいて「同じ演奏は一切ない!」と言われる彼のピアノはエモーショナルなプレイと鋭いアグレッシブなプレイが見事に調和されメルドー・ワールドが展開されています。今回、リリースされたマルシアック・ジャズにおけるパフォーマンスでは、中堅ジャズ・ピアニストと言われる枠を大きく超えたクリエイティブな世界が展開され、会場での感動が聴いているこちら側にもストレートに伝わります。音質の良さも光った最高のアイテムです!!

Disc 1
1.For David Crosby
2.Blues In C
3.Ode
4.I Concentrate On You

Disc 2
1.Green M&Ms
2.I Should Care
3.Highway Rider
4.Tenderly

ライブ・アット・ジャズ・イン・マルシアック、フランス 07/29/2018

ブラッド・メルドー(p)
ラリー・グレナディア(b)
ジェフ・バラード(dr)

ジョン・マクラフリン、1989年ヨーロッパ・ツアーから新音源が登場!

ジョン・マクラフリン / ブルクハウゼン 1989(1CDR)

212112.jpg

1989年、カイ・エクハルトとトリロク・グルトゥを伴って行われたヨーロッパ・ツアーから3月19日にドイツ、ブルクハウゼンでのライブをマニア所有のFMライブ音源から誰もが驚くクリアーなサウンドで収録したマクラフリン・ファン必聴盤がリリースされました。

マクラフリンのスリリングな超絶ギター・テクニックは無論、ベースのカイ・エクハルトがハンマリングを多用して奏でられるメロディック・スラップはベース・ファン必聴テクニットとなります。メンバー3人が奏でるインター・プレイの応酬は時の流れを忘れ聴き入ってしまいます。また、既発盤とはセットリストも異なって本ライブの価値を高めています。

1.Blues In Green
2.Florianpolis
3.Blues For L.W.
4.Zakir
5.The Wall Will Fall
6.Pasha's Love
7.Are You The One ? Are You The One ?

ライブ・アット・ブルクハウゼン、ドイツ 03/19/1989

ジョン・マクラフリン(g)
カイ・エクハルト(b)
トリロク・グルトゥ(perc)

【再入荷!】名盤、ビッチェズ・ブリュー未発表スタジオ・セッション集!!

マイルス・デイビス / ディープ・ブリュー(2CDR)

md_brew.jpg


マイルス、生涯最高傑作アルバムと云われる稀代の名盤「ビッチェズ・ブリュー」が録音時のセッションからオフィシャル・ボックスでは未発表となっている幻の音源が収録されておりスタジオ内におけるドキュメンタリー作品となります。世界中のマイルス・サイトでも紹介されている名作中の名作。これを聴かずに「ビッチェズ・ブリュー」は語れない!! 商品サイトはこちらから

2枚組価格、2,980円(税抜き)です。

尚、他店で販売している同タイトル、同ジャケット盤は収録時間の短い編集盤となっています。



試聴サンプル


Disc 1
Recorded New York Columbia Studio August 19 & 20, 1969(クリックで拡大)
disc01.jpg

Disc 2
Recorded New York Columbia Studio August 20 & 21, 1969(クリックで拡大)
disc02.jpg


【無料プレゼント】ジャック・デジョネットの新ユニット、最新ライブDVD!

ハドソン / ジャズ・ルガーノ 2018(1DVDR)

promohudson.jpg

◆ ジャック・デジョネット、ジョン・スコフィールド、 ジョン・メデスキー、スコット・コーリー

ジャック・デジョネットのユニット「ハドソン」がこの夏、スイスで開催されたジャズ・フェスティバルに出演した最新のライブ動画を1時間22分高画質で収録したDVDです

当店サイトからCD、DVDどれでもふたつ以上お買い上げで無料プレゼント致します。


1.Wait Until Tomorrow
2.Hudson
3.El Swing
4.Castles Made Of Sand
5.Dirty Ground
6.Tony Then Jack
7.Woodstock

ライブ・アット・エスティバル・ジャズ、ルガーノ、スイス 07/13/2018

Cyberseekers
名古屋市千種区今池1丁目5-9 オフィスイリヤビル2階

新譜ブログ

Author:新譜ブログ
名古屋で創業33年となるジャズ・セレクトショップです。マイルス、キース・ジャレットを筆頭にパット・メセニー、マイケル・ブレッカー、モダンジャズ等のCDを取り扱っています。オンラインストアはこちらから

リンク
最新記事
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
QRコード
QR