【マイケル・ブレッカー】彼の歴史上、最重要ライブが再入荷!

マイケル・ブレッカー / ベルリン 1978

211311.jpg

1978年11月、マイケル・ブレッカーがブレッカー・ブラザーズとは別に自ら結成した2管クインテットで短期間にみ行ったヨーロッパ・ツアーからドイツ、ベルリン公演をFM放送されたライブ音源から劣化を感じさせない音源で79分収録したマイケルのライブCD中、最重要ライブ音源が待望の再入荷しました。

1978年と言えば、ブレッカー・ブラザーズの歴史的名盤「ヘヴィー・メタル・ビバップ」がリリースされマイケルの名前が全世界に知れ渡った記念すべき年となります。その絶頂期に結成されたクインテットのメンバーは、スイスが生んだ最も偉大なジャズ・トランペット奏者フランコ・アンブロゼッティ、ピアノにはチェット・ベイカーやキャノンボール・アダレイとの共演で知られるハル・ギャルパー、ベースにはエルヴィン・ジョ-ンズやマッコイ・タイナーのツアー・メンバーでもあったチップ・ジャクソン、そしてドラムスにはビル・エヴァンスのザ・ラスト・トリオのメンバーでもあったジョー・ラバーベラと言う錚々たるジャズ・プレーヤーで構成されています。1曲目からブレッカー兄弟とは深い付き合いとなるピアニスト、ハル・ギャルパーのアルバムからタイトル曲「スピーク・フィズ・ア・シングル・ヴォイス」となりマニアックなセットリストはやはり聴き逃がせません。アルバム「ヘヴィー・メタル・ビバップ」はジャズに非ずと批判があった中、このような素晴らしいメンバーを伴って正統派ジャズを奏でるマイケルは格別な存在です。

1.Speak With A Single Voice
2.Triple Play
3.I'll Never Stop Loving You
4.Hot Diggi Di Dam
5.Uptown End
6.Eight Bar Zone

211311_label.jpg

ライブ・アット・ベルリン、ドイツ 11/01/1978

マイケル・ブレッカー(ts)
フランコ・アンブロゼッティ(tpt)
ハル・ギャルパー(p)
チップ・ジャクソン(b)
ジョー・ラバーベラ(dr)

試聴サンプルです。

【スタン・ゲッツ】1971年、1977年のライブをカップリングした垂涎の1枚!

スタン・ゲッツ / オスロ 1977

212195.jpg

1977年に短期間行われたヨーロッパ・ツアーからオスロの有名ジャズクラブ「クラブ 7」に出演したライブと、1971年にオーケストラと共演したことで知られるドイツ、ハノーバー公演を共にレアーな放送音源から驚きの高音質でカップリングしたファン垂涎のライブが登場しました。

1977年にクインテットで「クラブ 7」に出演した時のメンバーは、いぶし銀の名手と言われるピアニスト、アンディ・ラヴァーンが参加しています。「ピアノトリオ 名盤読本」にも彼のアルバムは掲載されており歌心溢れるピアノで抒情性豊かに弾き切る演奏には感銘を受けます。ベースにはホレス・シルバーやギル・エバンスにも参加したマイク・リッチモンド、そしてドラムスには実力派ドラマーであるビリー・ハート、またテリー・ボジオが共演しているパーカッショニスト、エフレイン・トロとで構成されています。そのような豪華メンツを従えたスタン・ゲッツは正に水を得た魚の如く、粋なテナーを聴かせてくれます。後半4曲は、クルト・エーデルハーゲン楽団との競演となった1971年のライブで、他には聴くことが出来ないアンサンブルで奏でられる名曲をご堪能して頂けます。

1.Can Cao Do Sol
2.Infant Eyes
3.Desafinado / No More Blues
4.Stan's Blues
5.Con Alma
6.Here's That Rainy Day
7.Meadows
8.Nica's Dream

1-4:ライブ・アット・クラブ 7,オスロ 08/24/1977
5-8:ライブ・アット・ハノーバー、ドイツ 10/26/1971

スタン・ゲッツ(ts)
アンディ・ラヴァーン(p)
マイク・リッチモンド(b)
ビリー・ハート(dr)
エフレイン・トロ(perc)

スタン・ゲッツ(ts)
クルト・エーデルハーゲン・オーケストラ


【デビッド・サンボーン】デビッド・サンボーンが参加したマクブライド・トリオのライブ2枚組!

デビッド・サンボーン / ハーフムーン・イン・チューリッヒ
フィーチャリング:クリスチャン・マクブライド

212194.jpg

2016年、デビッド・サンボーンが参加したことで俄然注目されたマクブライド・トリオのヨーロッパ・ツアーからスイス、チューリッヒ公演を放送音源から初めて全曲収録したファン待望のライブCDが入荷しました。

マイケル・ブレッカーの名曲「タンブルウィード」からデビッド・サンボーンが参加しておりシブいアルトを存分に披露しています。他にもマイケル・ブレッカーのアルバム「聖地への旅」からの楽曲「ハーフムーン・レーン」も演奏されています。メンバーは、ピアノにクリスチャン・サンズ、ドラムスにはジェロム・ジェニングスとなりスウィンギーでブルージーな演奏が魅力となります。この3人に加わったサンボーンは、自らのバンドでの演奏よりジャジーでスモーキーな味わい深いアレンジで伸び伸びとした姿を感じて頂けます。また、マクブライド・トリオで演奏されたスティービー・ワンダーのラブ・バラード「センド・ワン・ユアー・ラブ」(放題:愛を贈れば)で聴けるクリスチャン・サンズのピアノも哀愁を感じ聴き惚れてしまいます。

Disc 1
1.Volunteered Slavery
2.Send One Your Love
3.Tumbleweed
4.Half Moon Lane

Disc 2
1.Maputo
2.Sophia
3.Spanish Joint
4.I'm Coming Home

212194_label.jpg

ライブ・アット・ゲスナーアレー、チューリッヒ、スイス 11/02/2016

デビッド・サンボーン(as)
クリスチャン・マクブライド(b)
クリスチャン・サンズ(p)
ジェローム・ジェニングス(dr)
グレゴリー・ハッチングソン(dr, disc2-4)

試聴サンプル

【チック・コリア】1986年、東京で開催された野外ジャズ・フェスティバルでのライブ!!

チック・コリア・エレクトリック・バンド / アンダー・ザ・スカイ 1986

212196_01.jpg

1986年7月、東京で開催された野外ジャズ・フェスティバルに出演した模様を新たに発掘された放送音源から納得の高音質で収録した念願のアップグレード音源がリリースされました。

会場に詰めかけたファンを驚かせたジョン・パティトゥッチとデイヴ・ウェックルのテクニックは今聴いても時代を感じさせないインプロビゼーションは新鮮で、チック・コリアと激しいバトルを展開しています。放送自体、生放送となりラストに収録されている「マラゲーニャ」は時間の都合で演奏途中で終了してますが、それを補う最高のステージをお聴き頂けます。尚、廃盤となっている「イン・ゾーン」と比べても音質は格段にアップしている点も大注目です。

1.The Silver Temple
2.No Zone
3.Got A Match ?
4.Malaguena(inc)

ライブ・アット・オープンシアター・イースト、東京 07/27/1986

チック・コリア(keyb)
ジェイミー・グレイザー(g)
ジョン・パティトゥッチ(b)
デイヴ・ウェックル(dr)

試聴サンプルです。

【サンボーン、ラーセン&フェイトン参加】 ドクター・ジョン、1978年未発表ライブ!

ドクター・ジョン / ザ・セラー・ドアー 1978
★フィーチャリング:デビッド・サンボーン、ニール・ラーセン、バジー・フェイトン!

210928.jpg

1978年11月10日ワシントンDC伝説のクラブ「セラー・ドアー」に豪華メンバーを伴って出演したライブをオフィシャル未発表のサウンドボード音源から記録したタイトルです。

なんといっても注目なのがバックを務めた豪華メンバーで、伝説のクロスオーバー・グループ「フル・ムーン」で活動していたニール・ラーセン、バジー・フェイトン、更にデヴィッド・サンボーン、スティーブ・ガッドといったジャズ・フュージョン・AOR系の腕利きメンバーが集結しています。ドクター・ジョンのニュー・オーリンズ・サウンドと当時人気の洗練されたフュージョンによるこの時期ならではの必聴ライブです!

1.Swanee River Boogie
2.Dance The Night Away With You
3.Wild Honey
4.He’s A Hero
5.City Lights
6.Street Side
7.Mama Roux
8.Snake Eyes
9.Right Place, Wrong Time
10.Let's Make A Better World
11.Rain
12.Fire Of Love
13.Such A Night
14.Iko Iko

ドクター・ジョン(voc, p)
デビッド・サンボーン(as)
バジー・フェイトン(g)
ニール・ラーセン(org)
スティーブ・ガッド(dr)
ヒュー・マクラッケン(g)
キム・ハッチンソン(as)
ジム カルフーン(b)
ジョイス・キース(b-voc)
タミ・リン(b-voc)

試聴サンプルです。

【ウィントン・マルサリス】絶頂期、ワルシャワでのライブ!(DVD付き)

ウィントン・マルサリス・クインテット / ジャズ・ジャンボリー 1983(2CDR+1DVDR)

211933.jpg

グラミーを獲得した1983年にハードバップ・リバイバルとしてヨーロッパのジャズフェスティバルを席巻したマルサリスが、ベスト・パフォーマンスと言われているジャズ・ジャンボリー・フェスティバルに出演したライブを再放送されたライブ音源を収録した高音質ディスク2枚に高画質DVDとをセットとしてデラックス・エディション盤となります。

ベスト・パフォーマンスに相応しい燻し銀メンバーで構成となったクインテットは、ブランフォードのテナー&ソプラノ、玄人筋に大変評判の良いケニーカークランドのピアノとも絶妙に息の合ったプレイが展開されており、これこそ本盤最大の聴きモノとなります。また、絶頂期のパフォーマンスを記録したライブ動画も殆ど発掘されていないことを考慮しても今回付属している高画質DVDの映像はジャズ・ファン必見です。ハードバップを愛するマニア垂涎の家宝級タイトルとなり末永くお楽しみ頂けるタイトルとなります。

ライブ・アット・ジャズ・ジャンボリー、ワルシャワ、ポーランド 10/20/1983

Disc 1
1.Knoz-Moe-King
2.Fuchsia
3.What Is Happening Here Now ?

Disc 2
1.I've Never Been In Love Before
2.The Bell Ringer
3.Later

ウィントン・マルサリス(tpt)
ブランフォード・マルサリス(ts, ss)
ケニー・カークランド(p)
レイ・ドラモンド(b)
ジェフ・ワッツ(dr)

サンプル動画です。



head01.jpg

【ウェザー・リポート】1976年、ボローニャ公演が未編集マスター音源から初登場!

ウェザー・リポート / ディフィニティブ・ボローニャ 1976

212191.jpg

1976年のイタリア、ボローニャ公演(旧タイトル)「イタリアン・ウェザー」が今回、当時録音された未編集のマスター音源から収録楽曲も増え、霧が晴れたかのようなクリアーさと広がりとなった音質、更に演奏ピッチも正常となったディフィニティブ盤の登場です。

海外も含め多くのウェザー・マニアから「本当に同一ライブ音源なのか?」、「他公演を加えた編集盤では?」、また「演奏ピッチが極端に遅くなる曲がある」など数多くの疑問が持たれていた旧作「イタリアン・ウェザー」ですがリリースされたのがブートCD創世記という事もあり仕方なく購入された方も多いと思われます。

しかし、そんな不満がやっと解消される素晴らしい音源が登場しました。1976年、ジャコが参加しリリースされた名作「ブラック・マーケット」のツアーとなりプエルトリコ出身のベーシストであるマノロ・バドレーナ、またアレックス・アクーニャがドラマーとして参加した記念すべきツアー音源です。バンドに参加し初ツアーから早くもソロ・パート「ポートレイト・オブ・トレーシー」を自信に満ちた力強フレーズで披露しているジャコの存在は改めて大きかったと思われます。全てのウェザー・ファンが聴かねばならない歴史的記録が今ここに紐解かれます!

1.Scarlet Woman
2.Barbary Coast
3.Portrait Of Tracy
4.Lusitanos
5.Black Market
6.Directions
7.Badia
8.Gibraltar
9.Band Introductions
10.Dr. Honoris Causa (with nascent Birdland intro)

ライブ・アット・ボローニャ、イタリア 07/16/1976

212191_label.jpg

ジョー・ザウィヌル(keyb)
ウェイン・ショーター(sax)
ジャコ・パストリアス(b)
アレックス・アクーニャ(dr, perc)
マノロ・バドレーナ(perc)




【ヤン・ガルバレク】2018年、スイスでのジャズ祭に出演した最新ライブ!!

ヤン・ガルバレク・グループ / ザ・スイス・コンサート

212192bw.jpg

ECMレーベルに設立初期から参加しており現在においてもその存在感で信仰者も多いガルバレクが2018年にスイス、ローザンヌで開催されたジャズ祭「フェスティバル・オンゾ」に出演し喝采を浴びたライブを現地でデジタル放送された全曲を最高のクオリティーで記録したファン垂涎のライブが登場しました。

現在72歳のガルバレクですが、本盤で聴ける彼のサックスはギリギリまで研ぎ澄まされた空気感すらダイレクトに伝わって伸びやかな音色は衰えを一切感じないパワーを感じます。ベースにはユリ・ダニエルが参加しており新鮮なサウンドで展開されています。ブリューニングハウスが奏でるピアノは派手なプレイは封印しオーソドックスで堅実なプレイに好感を感じます。ドラムのグルトゥは、パーカッションやハンド・ドラム、タブラ等を多様し深みあるサウンドで独自のサウンドを作り出しています。ファンから「芸術的独創性を追求する」と言われる彼のライブは目が離せません!!

Disc 1
1.Molde Canticle #1
2.Molde Canticle #2
3.Buena Hora, Buenos Vientos
4.Drum Solo
5.Molde Canticle #1(reprise)
6.Pageant Intro (vocal & perc solo)
7.Pageant
8.Tao
9.Yr

Disc 2
1.Survival
2.I Took Up The Runes
3.5th Piece
4.Recife
5.Had To Cry Today

ライブ・アット・フェスティバル・オンゾ、ローザンヌ、スイス 11/07/2018

212192_label.jpg

ヤン・ガルバレク(ts, ss)
ライナー・ブリューニングハウス(p, keyb)
ユリ・ダニエル(b)
トリロク・グルトゥ(dr, perc)

【スティーブ・キューン】2018年、小さなジャズクラブに出演した最新ライブ!

スティーブ・キューン・トリオ / ノイブルク 2018

212193.jpg

アルバム「トゥ・アンド・フロム・ザ・ハート」のリリースを記念しドイツ、イノブルクのジャズ・クラブで行われたプロモーション用ライブの模様を現地でのデジタル放送から収録した美音アイテムが入荷しました。

80歳を超えても精力的に活動しているスティーブ・キューンの姿には頭が下がります。今回リリースされたジャズ・クラブ「バードランド」では、ロマンテックな曲調のメロデイー、またスウィング感ある楽曲など彼の力量はまだまだ健在です。ベースにはエイダン・オドネル、ドラムスにはビリー・ドラムンドというベテランふたりとのトリオとなり正に「いぶし銀」のステージをご堪能頂けます。

1.My Shining Hour
2.Adagio
3.Saga Of Harrison Crabfeathers
4.I Thought About You
5.Unknown

ライブ・アット・クラブ・バードランド、ノイブルク、ドイツ 11/09/2018

212193_label.jpg

スティーブ・キューン(p)
エイダン・オドネル(b)
ビリー・ドラムンド(dr)


【ウェザー・リポート】1979年、ハマースミス公演の4枚組が再入荷!!

ウェザー・リポート / ハマースミス 1979

211771.jpg

1979年、ジャコ・パストリアスによって紹介されたピーター・アースキンが正式なドラマーとして加入して始まった1979年ワールド・ツアーから7月7日、8日と2日間に渡ってロンドンの「ライブの殿堂」と云われているハマースミス・オデオンで行われた凄まじいステージをオーディエンス録音から記録した圧巻の4枚組がリリースされました。

ウェザー・リポート、ジャコ・マニアから圧倒的な信頼を得ているメガ・ディスクからのリリースになり、今回も当時の録音とは信じ難いマスター音源を使用していますので、安定感あるクオリティーで彼らのサウンドだけに集中出来る優良音源です。本作も無粋なイコライズ処理は一切しておらず再生時に僅かに生じていたノイズの除去とピッチ調整のみに留めておりますのでナチュラルな音像をご堪能頂けます。アルバム「8:30」だけでは満足出来ない貴方に贈る1979年ツアーの真髄を本音源で確認していただきたい。

Disc 1
1.8:30(inc)
2.Sightseeing
3.Black Market
4.Scarlet Woman
5.Teen Town
6.A Remark You Made(inc)
7.Slang

Disc 2
1.Shorter Solo
2.Zawinul & Shorter Duo
3.In a Silent Way
4.Birdland
5.The Orphan
6.Badia - Boogie Woogie Waltz

Disc 3
1.8:30(inc)
2.Sightseeing
3.Black Market
4.Scarlet Woman
5.Teen Town
6.A Remark You Made(inc)
7.Slang

Disc 4
1.Birdland
2.Shorter Solo
3.Zawinul & Shorter Duo
4.The Orphan
5.Erskine Solo
6.Badia - Boogie Woogie Waltz

211771_label.jpg

ディスク1&2:ライブ・アット・ハマースミスオデオン、ロンドン 07/07/1979
ディスク3&4:ライブ・アット・ハマースミスオデオン、ロンドン 07/08/1979

ジョー・ザウィヌル(keyb)
ウェイン・ショーター(ts, ss)
ジャコ・パストリアス(b)
ピーター・アースキン(dr)
Cyberseekers
名古屋市千種区今池1丁目5-9 オフィスイリヤビル2階

新譜ブログ

Author:新譜ブログ
名古屋で創業33年となるジャズ・セレクトショップです。マイルス、キース・ジャレットを筆頭にパット・メセニー、マイケル・ブレッカー、モダンジャズ等のCDを取り扱っています。オンラインストアはこちらから

リンク
最新記事
カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
QRコード
QR