【ザ・クルセダーズ】1984年、オーケストラと共演となった東京公演!

ザ・クルセダーズ / 東京 1984

211543.jpg

1984年10月4日、オーケストラを従えての東京公演の模様を放送音源からアンコールまでの完全版として新たに登場したファン垂涎のライブ2枚組です。

マニアに方に伺うと本ライブは過去に数種類ほどリリースされていたとのことですが、全てがアンコールが未収録の不完全盤でした。そんな中、今回メガ・ディスクからの本盤は初めて当日アンコールで演奏された「ストリート・ライフ」を含んでの完全盤として登場しました。収録されている音質もサンプルをお聴き頂けばその良さに間違いなくご納得して頂けます。この時代のメンバー構成も素晴らしく、名曲中の名曲「ストリート・ライフ」のライブをご自身の耳でお確かめ下さい。日本版「ロイヤル・ジャム」となります。

Disc 1
1.Conversation For Jazz Saxophone & Orchestra
2.Carmel
3.Voices In The Rain
4.Mr.Cool

Disc 2
1.Rhapsody And Blue
2.Melodies Of Love
3.Chain Reaction
4.One Day I'll Fly Away(*)
5.Street Life(*)

ジョー・サンプル(p, keyb)
ウィルトン・フェルダー(ts)
デビッド T・ウォーカー(g)
バイロン・ミラー(b)
レオン・チャンクラー(dr)
ベスタ・ウィリアム(voc *)
シンフォニック・オーケストラ

head01.jpg

【キース】1969年ルガーノ・ジャズにおけるライブのデラックス・エディション盤が登場!

キース・ジャレット・トリオ / ルガーノ 1969

21224401.jpg

1969年、スイスで開催されたジャズ・フェスティバルに出演した模様をボーナス・トラックも付いたリマスター高音質CDに、こちらも驚愕クオリティーのライブDVDとをセットにしたファン垂涎の2枚組タイトルが登場しました。

2019年になりスイスのテレビ局で突如再放映された1969年ルガーノ・ジャズにおけるライブは、過去に流通していた聴くの耐え難い音源とは大きく異なった素晴らしい音質、映像となり世界のキース・マニアに衝撃を与えました。テレビ局が所有していたオリジナル・テープを使ったと言われていますが、その映像には誰もが驚愕するクオリティーとなります。また、その映像から音がけを取り出しリマスター処理を施したCDも収録されていますので音源マニアの方にも「これぞ名音源!」と謂わしめること間違いありません。詳細なデータは不明ですが、10月15日、16日、そして17日とフェスティバルは開催されました。また3曲目には、キースの
ソプラノ・サックスをフィーチャーした楽曲となり、その実力の片鱗を垣間見ることも出来ます。また、ボーナス・トラックとして1969年8月24日のベルギー、ビルゼン公演から当時ラジオ放送された2曲も収録しており、こちらも聴き逃がせません。

1.Improvisation
2.Improvisation
3.Improvisation
4.Poun' Over(And The Day's Not Throught)
5.A Kiss To Build A Dream On / Lucy In The Sky With Diamond(inc)
6.New Rag
DVDのサンプルです。 ↓

1-4:ライブ・アット・ルガーノ・ジャズ、スイス 10/**/1969
5-6:ライブ・アット・ビルゼン、ベルギー 08/24/1969

キース・ジャレット(p, ss)
ガス・ネメス(b)
ボブ・ヴェントレロ(dr)

head01.jpg

【キース・ジャレット】1969年、パリのカフェに出演したライブ3枚組!

キース・ジャレット・トリオ / ソルティ・ドッグ

212243.jpg

1969年11月、アルバム「サムホエア・ビフォー」リリース後のヨーロッパ・ツアーからイギリスのプログレ・バンドのプロコル・ハルムの名曲「ソルティ・ドッグ」をプレイしマニアから幻の音源と言われていたフランス、パリのカフェ・レスト「カメレオン」にて12日、14日のライブ・セッションの模様をサウンドボードと聴き間違えるオーディエンス録音で記録した3枚組が登場しました。(本当はサウンドボード録音では?)

本音源に関しては海外のキース・マニアの間でも謎が多い音源として有名となっており、約2周間もの間ビストロ「カメレオン」でプレイしたと伝えられています。キース・マニア御用達となっている海外サイト「パスト・コンサート」においてもその詳細は未だ不明のままでポール・モチアンが参加してテイクも有るとも言われております。今回、奇跡的に発掘された約3時間にも及ぶパート1(ディスク2の3曲目まで)、そしてその後のパート2の音源でその謎が断片的ですが解明されました。さて、肝心の音質はサウンドボード音源と聴き間違うような素晴らしいオーディエンス録音から記録されて何らストレス無しでお楽しみ頂けます。パート2は若干ですが音質が落ちますがマニア貴兄には問題なくお聴き頂けます。歴史に埋もれせてはならない重要音源、キース愛好家にとって絶対外せないお宝音源です。

Disc 1
1.Life Between The Exit Sings
2.LOve No.1
3.A Salty Dog
4.Expectations
5.Untitle In G
6.Pouts' Over(And The Day's Not Through)
7.Pretty Ballads
8.Starbright

Disc 2
1.Somewhere Before
2.A Moment For Tears
3.Untitles In Bb
4.Everything I Love
5.Lay Lady Lay
6.Life Between The Exit Sings
7.Lisbon Stomp
8.Pretty Ballad

Disc 3
1.Chutch Dreams
2.Untitle In F
3.Love No.1
4.Untitle In C
5.Everything I Love
6.Rainbow
7.Dedcated To You
8.Untitle In A
9.A Kiss To Build A Dream On

ライブ・アット・カメレオン、パリ、フランス 11/12,13,14/1969

キース・ジャレット(p)
ジャン・フランソワ・ジェニー・クラーク(b)
アルド・ロマーノ(dr)

head01.jpg

【マーカス・ミラー】2019年、最新ライブからCDとDVDをセットとして3枚組が登場!

マーカス・ミラー / ビッチェズ・ブリュー 2019(1CDR+1DVDR)

212242.jpg

2019年7月、スイスで開催されたジャズ・フェスティバルにマーカスが話題の若手メンバーを伴って出演したライブの模様を驚きの高音質CD2枚と84分に及んだライブをこちらも驚きとなる高画質で収録したDVDとをセットにしたファン垂涎となる3枚組が登場しました。

本ライブでは、マイルスの歴史的名曲「ビッチェズ・ブリュー」が演奏され海外ジャズ・サイトでも大きな話題となりました。マイルスのスピリッツを継承するマーカス入魂のライブ・ステージを驚愕のトップ・クオリティーでご覧頂けるファン必見・必携の最高品質タイトル。メンバーには昨年ブルーノート・レーベルでデビューした大型新人ピアニストであるジェイムズ・フランシーズとこちらもNYで活躍しているジュリアン・ポラックとを中心としトランペットにはマイルスのカバー・アルバムも発表しクール&ファンキーなハードバップからアシッド・ジャズまでジャンルレスなサウンドが魅力となっているラッセル・ガン、更にドラムスにはアレックス・ベイリーとで構成されており重厚なサウンドを形成しています。そして、やはり最大の注目はマイルスに名曲「ビッチェズ・ブリュー」です。それにしてもウットリする高画質です!!

Disc 1
1.7-T's
2.Untamed
3.Sublimity 'Bunny's Dream'
4.Detroit
5.Bitches Brew

Disc 2
6.Trip Trap
7.How Great Thou Art
8.Tutu
9.Come Together / Hylife

Disc 3(84 min DVD)



ライブ・アット・エスティバル・ジャズ、ルガーノ、スイス 07/06/2019

マーカス・ミラー(b, bcl)
アレックス・ハン(as)
ラッセル・ガン(tpt)
ジェイムズ・フランシーズ(keyb)
ジュリアン・ポラック(keyb)


head01.jpg

【マーカス・ミラー】2019年最新ツアーからフルハイビジョンのブルーレイが入荷!

マーカス・ミラー / ビッチェズ・ブリュー 2019(1BDR)

212240.jpg

スイスで開催されたジャズ・フェスティバルに出演した最新ライブをオフィシャル同等となるフルハイビジョン解像度(1080i)の超美麗クオリティーで収録したブルー・レイ・ディスクが登場しました。本ライブでは、マイルスの歴史的名曲「ビッチェズ・ブリュー」が演奏され大変大きな話題となりました。マイルスのスピリッツを継承するマーカス入魂のライブ・ステージを驚愕のトップ・クオリティーでご覧頂けるファン必見・必携の最高品質タイトルです。

メンバーには昨年ブルーノート・レーベルでデビューした大型新人ピアニストであるジェイムズ・フランシーズとこちらもNYで活躍しているジュリアン・ポラックとを中心としトランペットにはマイルスのカバー・アルバムも発表しク−ル&ファンキ−なハ−ドバップからアシッド・ジャズまでジャンルレスなサウンドが魅力となっているラッセル・ガン、更にドラムスにはアレックス・ベイリーとで構成されており重厚なサウンドを形成しています。そして、やはり最大の注目はマイルスに名曲「ビッチェズ・ブリュー」です。それにしてもウットリする高画質です!!

Video : 1080i High Difinition 16:9
Audio : Linear PCM Stereo
Time : 84min

1.7-T's
2.Untamed
3.Sublimity 'Bunny's Dream'
4.Detroit
5.Bitches Brew
6.Trip Trap
7.How Great Thou Art
8.Tutu
9.Come Together / Hylife

ライブ・アット・エスティバル・ジャズ、ルガーノ、スイス 07/06/2019

マーカス・ミラー(b, bcl)
アレックス・ハン(as)
ラッセル・ガン(tpt)
ジェイムズ・フランシーズ(keyb)
ジュリアン・ポラック(keyb)


head01.jpg

【ウッディ・ショウ】サックスにジョー・ファレルを伴った未発表ライブが入荷!

ウッディ・ショウ / エンスヘーデ 1985

212241.jpg

サックスにジョー・ファレルを伴った1985年のヨーロッパ・ツアーからオフィシャルでは未発表となっているオランダ、エンスヘーデ公演の模様を放送音源よりファン納得の高クオリティーで録音した正統派ハードバップ・ライブが登場しました。

本ライブで彼が選んだ相棒は、エルビン・ジョーンズ・カルテットや初期リターン・トゥ・フォーエヴァーのメンバーでもあり、CTIレーベルから名作をリリースしているジョー・ファレルとなり強力なジャズ・スピリッツが炸裂したライブとなります。また、4曲目には彼の初リーダー作から「モルテン・グラス」が演奏されておりファレルの哀愁ある美しいフルートの調べに酔いしれます。本ライブ音源が未発表となっていたとは信じ難いことですが、34年という時空を超えて今聴くことが出来ることはファンにとってこの上ない幸せとなります。火の粉を散らすような熱いソロを繰り広げるウディ・ショウのトランペットを是非、ご堪能下さい。

1.Announcement
2.Vim 'N' Vigor
3.Joshua C
4.Molten Glass
5.The Organ Grinder
6.In The Realm Of Thought(inc)

ライブ・アット・エンスヘーデ、オランダ 03/29/1985

ウッディ・ショウ(tpt)
ジョー・ファレル(ts, ss, fl)
ジーン・アドラー(p)
ニール・スウェイソン(b)
ロニー・バラージュ(dr)


head01.jpg

【ダイアナ・クラール】豪華メンバーを従えてたスタジオ・ライブが入荷!

ダイアナ・クラール / オールモスト・ブルー

212239.jpg

2004年、豪華メンバーを従え、夫であるエルビス・コステロのナンバーやジョニ・ミッチェル等のカバー曲も披露されたスタジオ公開ライブの模様を放送音源より過去最高音質で録音された極上盤がリリースされました。

ベースにはクリスチャン・マクブライド、ドラムスにはピーター・アースキンそしてギターには彼女と長い付き合いになりオーソドックスはプレイで定評のあるアンソニー・ウィルソンという実力派メンバーがバックを固めておりファンには聴き逃がせない最高のライブです。しかし、何と言ってもジャズ・ピアノ&ヴォーカルの女王としてシーンに君臨するダイアナ・クラールのハスキー・ヴォイスは本盤最大魅力です。音質、ジャケットもリニューアルされた垂涎盤が登場しました。

1.Sometimes I Just Freak Out
2.Stop This World
3.Member Introdction
4.The Girl In The Other Room
5.Almost Blue
6.Devil May Care
7.Temptation
8.Black Crow
10.Let's Face The Music And Dance
11.Abandoned Masquerade
12.Love Me Like A Man
13.Departure Bay

212239_label.jpg


ライブ・アット・メゾン・ド・ラジオ・フランス、スタジオ 104,パリ 04/12/2004

ダイアナ・クラール(, voc)
クリスチャン・マクブライド(b)
ピーター・アースキン(dr)
アンソニー・ウィルソン(g)


head01.jpg

【ヘレン・メリル】名ピアニスト、ゴードン・ベックとの共演ライブ!

ヘレン・メリル / オータム・イン・パリ

212238.jpg

「ニューヨークのため息」ことヘレン・メリルがイギリスを代表するジャズ・ピアニスト、ゴードン・ベックとの共演アルバム「ノーティアーズ、ノーグッドバイズ」のリリースを記念し、パリ市立劇場で行われたライブをFM放送音源より納得の極上クオリティーで記録したライブCDがリリースされました。

ゴードン・ベックの美しいピアノを筆頭にデイル・バーロウのムードあるテナー・サックスをバックとしてヘレン・メリルのハスキーな歌声に魅了されてしまいます。スタンダードの名曲を中心としたセットリストで、彼女のヴォーカルと共にゴードン・ベックのピアノもも酔いしれてしまうゴージャズでムーディーなライブ・ステージをご堪能頂ける逸品です。

1.Believing Is Seeing
2.My Favorite Things
3.I Love You
4.What's New
5.Falling In Love With Love
6.Wave
7.What Is This Thing Called Love ?
8.While We're Young
9.By Myself
10.You'd Be So Nice To Come Home To
11.The Thrill Is Gone
12.'S Wonderful
13.Lilac Wine

ライブ・アット・パリ市立劇場、フランス 10/30/1984

ヘレン・メリル(voc)
ゴードン・ベック(p)
デイル・バーロウ(ts, ss, fl)
ミック・ハットン(b)
スティーヴ・アルグレス(dr)

head01.jpg

【ブラッド・メルドー】2019年来日公演から初日のライブが入荷!

ブラット・メルドー / ファースト・ナイト(05/30/2019)

212237.jpg

7年ぶりにトリオで来日したライブよりその初日となった5月30日の兵庫県立芸術文化センターでのライブをアンコールの3曲をも含んだ全曲収録としてファン垂涎のアイテムが登場しました。

東京国際フォーラム公演とは異なり、エルモ・ホープの「De-Dah」やコール・ポーターの名曲「From This Moment On」、コルトレーンの「Count Down」などスタンダードの名曲がメルドーによる解釈で奏でられています。更にこの日のラスト・ナンバーはセロニアス・モンクの代表作である「Monk's Dream」が披露されたスペシャルな夜となりました。しかもHDオーディエンス録音されたその音質も大変良好となっていますのでじっくりとお聴き頂き至福のひと時をお過ごし頂けます。

Disc 1
1.For David Crosby
2.Spiral
3.De-Dah
4.Backyard
5.From This Moment On

Disc 2
1.Where Do You Start
2.Tenderly
3.Count Down
4.Cry Me A River
5.Monk's Dream

212237_label.jpg

ライブ・アット・県立芸術文化センター、西宮、兵庫 05/30/2019

ブラッド・メルドー(p)
ラリー・グレナディア(b)
ジェフ・バラード(dr)

head01.jpg

【スタン・ゲッツ】豪華メンバーでのズート・シムズ・トリビュート・ライブが入荷!

スタン・ゲッツ / トリビュート・トゥ・ズート・シムズ

212236.jpg

1985年、シカゴで開催されたジャズ・フェスティバルにジェリーマリガン、ジミー・ジュフリー、そしてハービー・スチュワードと4本のサックスで豪快に演奏されたズート・シムズ・トリビュート・ライブです。

発掘された放送音源より収録されたライブは4本のサックスを中心としてケニー・バロンの美的ピアノにズート・シムズと縁の深いベーシスト、ジョージ・ムラーツが参加しています。更にドラムスには重鎮アル・フォスターまでもが登場してフェスティバルの大トリを飾った素晴らしいステージの模様をお聴き頂けるタイトルとなります。ジャズ・ファンなら一家に一枚の名作です。どうぞこの機会をお見逃しなく。

1.Introduction / Let Me Count The Way
2.If You Cared For Me Like I Cared For You Then You Wouldn't Cared All
3.Falling In Love
4.Blues For Zoot
5.Georgia On My Mind
6.Satin Doll
7.The Red Door
8.Zoot
9.Four Brothers
10.Early Autumn

ライブ・アット・ジャズフェスティバル、シカゴ 08/31/1985

スタン・ゲット(ts)
ジェリーマリガン(bs)
ジミー・ジュフリー(ts)
ハービー・スチュワード(ts)
ケニー・バロン(p)
ジョージ・ムラーツ(b)
アル・フォスター(dr)


head01.jpg
Cyberseekers
名古屋市千種区今池1丁目5-9 オフィスイリヤビル2階

新譜ブログ

Author:新譜ブログ
名古屋で創業33年となるジャズ・セレクトショップです。マイルス、キース・ジャレットを筆頭にパット・メセニー、マイケル・ブレッカー、モダンジャズ等のCDを取り扱っています。オンラインストアはこちらから

リンク
最新記事
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
QRコード
QR