2013年3月9日最新タイトル


MILES DAVIS / MILES IN NEW YORK(2CD)


Cyberseekers - 新譜ブログ


引退直前になる1975年、7月1日のニューヨーク・フィルハーモニーの本拠地である
エイブリー・フィッシャー・ホールで行われた激レアなライブを演奏曲はすべて収録した
プレス盤2枚組が登場しました。マイルスはこのホールがお気に入りなのか80年代に
入ってもよく使用していました。今回のライブも音響が抜群に良いと云われてる会場で
録音されたのでメイン・サイトに用意した3曲のサンプルをお聴き頂ければこの素晴らしい
録音状態のサウンドをお判り頂けます。ピート・コージー作と云われる
「マザー・ディアレスト・マザー」がショー第1部、第2部とそれぞれのエンディング
として用いわれてたことでも知られた激レア音源です。


しっかりした定位と、ボード録音に匹敵する最高にクリアーなサウンドでショウのほぼ
全容を楽しむことが出来ます。おそらくミキサーブースのセクションに立てられた
マイクスタンドからの録音のため周囲の歓声は殆ど拾っておらず、それぞれの楽器音の
粒立ちは半端なく美しい響きを奏でて1975年ライブを再現した名音源です。


LIVE AT AVERY FISHER HALL, NEW YORK 07/01/1975


DISC 1
1.BAND WARMING UP
2.TURNARAROUNDPHRASE
3.TUNE IN 5
4.MAIYSHA
5.MOTHER DEAREST MOTHER


DISC 2
1.RIGHT OFF
2.MTUME
3.UNTITLES LATIN
4.IFE
5.MOTHER DEAREST MOTHER


MILES DAVIS(tpt, org)
SAM MORRISON(ss, ts, fl)
PETE COSEY(g, perc)
REGGIE LUCAS(g)
MICHAEL HENDERSON(el-b)
AL FOSTER(dr)
JAMES MUTUME(cga, perc)





MILES DAVIS / COMPLETE BELGRADE 1971(2CDR)


Cyberseekers - 新譜ブログ


1971年11月3日のベオグラード公演が世界初の完全収録でリリースされたました。
このライブは古参マニアの方々には、今は無き懐かしのレーベル「ジャズ・ドアー」で
「アナザー・ビッチェズ・ブリュー」と云うタイトルで出ていました。


しかし、残念なが後半に演奏された「ファンキー・トンク」はまったく収録されていない
不完全なトホホ盤でしたが、今回、登場した本盤はスイスのFM局・RSI(RADIO SWISS ITALY)
で放送された音源を元ソースにしており、初めて当日の演奏をすべて収録した完全盤として
登場しました。元ソーズが良いのでオフィシャル級クオリティでの録音になってマイルスと
キース・ジャレットのふたりがベオグラードを舞台としたバトルをファンは至福の時として
最高音質で楽しむことが出来ます。全編、これ全てが聴き所とはまさにこのことです!!


LIVE AT DOM SINDIKATA, BELGRADE 11/03/1971


DISC 1
1.DIRECTIONS
2.HONKY TONK
3.WHAT I SAY
4.SANCTUARY


DISC 2
1.IT'S ABOUT THAT TIME
2.YESTERNOW
3.FUNKY TONK
4.SANCTUARY


MILES DAVIS(tpt)
GARY BARTZ(ss, as)
KEITH JARRETT(el-p, org)
MICHAEL HENDERSON(b)
NDUGU LEON CHANCLER(dr)
CHARLES DON ALIAS(cga, perc)
JAMES MTUME FOREMAN(cga, perc)



コメントの投稿

非公開コメント

Cyberseekers
名古屋市千種区今池1丁目5-9 オフィスイリヤビル2階

新譜ブログ

Author:新譜ブログ
名古屋で創業33年となるジャズ・セレクトショップです。マイルス、キース・ジャレットを筆頭にパット・メセニー、マイケル・ブレッカー、モダンジャズ等のCDを取り扱っています。オンラインストアはこちらから

リンク
最新記事
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
QR