2014年9月3日リリース商品

ラリー・カールトン / サンモリッツ 2014(1CDR)




2014年7月15日、スイス・サンモリッツでの最新ステージを
極上のステレオ・サウンドボード音源にて収録したファン必聴盤が登場しました。

今年の2月にデヴィッド・T.ウォーカーとの来日公演が大成功に終わった
ラリー・カールトンが7月に自らのバンドを率いてのピカピカ最新ライブ。

セットリストを見て驚くのはやはり「Kid Charlemagne」ではないでしょうか!!
スティーリー・ダンが1976年にリリースした名作「幻想の摩天楼」に収録された名曲で
ここで聴けるラリー・カールトンのソロはAOR史上のベストとも言われています。
彼のソロ・パフォーマンスで名曲「Kid Charlemagne」演奏されたことはファンにとって奇跡で
今のところ本盤でしかその奇跡の音源を聴くことが出来ません。
その他、ジョージーやルーム335等の名曲も演奏されており、この最新ライブは外せません!!

ライブ・アット・サンモリット、スイス 07/15/2014

1.Friday Night Shuffle
2.Oui Oui Si
3.Burnable
4.Josie
5.Kid Charlemagne(w/announcing)
6.Minute By Minute
7.Smile And Smile To Go
8.Sunrise
9.Blues
10.Room 335
11.Walk With Me(fade out)

ラリー・カールトン(g)
ジェシー・ミリナー(keyb)
クラウス・フィッシャー(b)
ハーディ・フィシュター(dr)






ハービー・ハンコック・カルテット / アナザー・トウキョウ・ナイト(2CDR)



1987年、待望の来日公演から9月9日行われた東京サン・パレス公演を
サウンドボード音源より収録された迫真のライブ盤が登場!!

同年9月5日に行われた東京サントリー・ホール公演は10年前にメガ・ディスク
からリリースされておりジャズ・ファンのマスト盤として有名ですが、今回は
その四日後のステージになります。サントリー・ホール公演とはセットリストが
異なっておりここで聴けるマイケル・ブレッカーのパフォーマンスは絶品!!
当時、録音されたカセットテープがマスターになっていますので若干ノイズが
生じる楽曲がありますがそれを差し引いても是非、聴いて頂きたい音源です!!

ライブ・アット・トウキョウ 09/09/1987

Disc 1
1.Limehouse Blues
2.Dolphin Dance
3.Opus 1.5
4.Just One Of Those Things

Disc 2
1.Sister Cheryl
2.Loose Change
3.Autumn Leaves
4.Citadel
5.Maiden Voyage

ハービー・ハンコック(p)
マイケル・ブレッカー(ts)
ロン・カーター(b)
トニー・ウィリアムス(dr)





ソニー・ロリンズ・クインテット / イズント・シー・ラヴリー(2CDR)



1986年11月のイングランド・クロイドンで行われたライブを
貴重なサウンドボード音源から収録されたロリンズ・ファン必聴盤が登場しました。

ライブ全編に渡り圧倒的な存在感でソロを吹きまくるソニー・ロリンズには驚かされます。
オーソドックスでメロディアスな楽曲など多彩なナンバーが演奏されてスタジオでの録音では
感じられない陽気なロリンズの姿が感じ取れるライブ盤。前半ではパワフルなサックスが
展開されて聴く者を圧倒します。ライブ後半からはアンサンブルを重視した構成になり
アルバム「Easy Living」にも収録されていたスティービー・ワンダーの名曲中の名曲
「Isn’t She Lovely」(邦題可愛い・アイシャ)の演奏はいつ聴いても和みます。
ラストに演奏された「テナー・マッドネス」までロリンズのテナーに堪能して下さい。

ライブ・アット・フェアフィールド・ホール、クロイドン、イングランド 11/02/1986

Disc 1
1.I'm Old Fasihioned
2.Autumn Nocturne
3.Unknown

Disc 2
1.Best Wishes
2.My One And Only Love
3.Don’t Stop The Carnival
4.Isn’t She Lovely
5.Allison
6.Tenor Mdness

ソニー・ロリンズ(ts)
クリフトン・アンダーソン(trom)
マーク・ソスキン(p)
ジェロム・ハリス(b)
トミー・キャンベル(dr)






チック・コリア&スタンリー・クラーク / サン・セバスチャン 2014(1DVDR)



2014年7月にスペインで開催されたジャズ・フェスティバルでの
ライブ映像を高画質で収録したファン待望のDVDが登場しました。

昨年の来日公演も大好評だったデュオ・ライブ。
アコーステックで構成されたステージはリターン・トゥ・フォーエヴァーの
楽曲が中心になっていますが、スタンリー・クラークがやりたいと云っていたビル・エヴァンスの
「ワルツ・フォー・デビー」では素晴らしい演奏を堪能することが出来ます。
ラストには1975年にリリースされたアルバム「No Mystery」からタイトル曲まで
演奏された1時間16分のステージです。

ライブ・アット・ドノスティア、サン・セバスチャン 07/25/2014

1.Sometime Ago / La Fiesta
2.After The Cosmic Rain
3.Waltz For Debby
4.La Cancion De Sofia
5.Yellow nimbus
6.No Mystery
TOTAL 76min

チック・コリア(piano)
スタンリー・クラーク(bass)



コメントの投稿

非公開コメント

Cyberseekers
名古屋市千種区今池1丁目5-9 オフィスイリヤビル2階

新譜ブログ

Author:新譜ブログ
名古屋で創業33年となるジャズ・セレクトショップです。マイルス、キース・ジャレットを筆頭にパット・メセニー、マイケル・ブレッカー、モダンジャズ等のCDを取り扱っています。オンラインストアはこちらから

リンク
最新記事
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
QR