2012年11月22日入荷商品

WAYNE SHORTER QUARTET / BERLIN 2012(1CDR)

Cyberseekers - 新譜ブログ

2012年11月4日、ドイツ・ベルリンで行われたファン待望の最新ライブを
ステレオ・サウンドボード音源で収録した注目のタイトルが登場しました。
現代ジャズ・シーンにおいて、最も安心感のあるカルテットの演奏ですが
過去のライブと大きく異なっている点は3曲ながら70分余りの演奏内容です。
10年もの間、同じメンバーでのツアーを行っていると内容がワン・パターンに
陥り易いのが常ですが今年になってそのライブが一段と大きなスケールで各楽曲
を大切にした展開にと変貌しています。また、ショーターのパートも過去のライブ
では有り得なかった長丁場で今年79歳とは誰が信じましょうか?
期待を裏切らないピリピリと研ぎ澄まされた圧巻のステージをお聴き下さい。

1.MYRRH
2.PIEACE ONE
3.JOY RIDER


DANILO PEREZ(p)
JOHN PATITUCCI(b)
BRIAN BLADE(dr)




MILES SMILES / LUGANO 2012(2CDR)

Cyberseekers - 新譜ブログ

2012年夏、ヨーロッパで開催された数多くのジャズ・フェスティバルで
話題と独占した「マイルス・スマイルズ」の11月、メンバー交代後になる
最新ライブが超高音質サウンドボード音源より登場しました。
ギターにはラリー・コリエル、トランペットはウォーレス・ルーニー、ベースは
マクラフリンとの交流等で知名度も抜群のラルフ・アームストロング、ドラムは
ご存知オマ・ハキム、オルガンはジョーイ・デフランチェスコ、そしてサックスには
リック・マギッツァという興味津々で「マイルスのライブならお任せ」チームの
素晴らしいステージが収録されています。ラリー・コリエルのアコーステック&
エレクトリック・ギターはどの楽曲のおいても輝いておりこれは最高!!
肝心の音質も放送音源からの収録になり誰が聴いても納得の超A級クオリティ!
是非、この機会をお見逃しなくお買い求め下さい。

DISC 1
1.ONE PHOEN CALL
2.IN A SILENT WAY / SPLATCH
3.BLUES MD

DISC 2
1.MAYISHA
2.FOOTPRINTS
3.TIME AFTER TIME

LIVE AT LUGANO, SWITZERLAND 11/07/2012

WALLACE RONEY(tpt)
RICK MARGITZA(ts)
LARRY CARYELL(g)
JOEY DeFRANCESCO(org)
RALPHE ARMSTRONG(b)
OMAR HAKIM(dr)



STAN GETZ QUARTET / BERLIN 1974(1CDR)

Cyberseekers - 新譜ブログ

初登場になる1974年11月1日のドイツ・ベルリン公演をマニアによって
奇跡的に発掘されたカセットテープから収録された激レア音源が登場しました。

1974年というとビル・エヴァンスとのベルギー公演の
ライブが有名ですがこのベルリン公演は貴重な単独ライブになっておりファンの
皆様にとっては聞き逃すことが出来ない激レアな商品です。
しかも、ピアノには80年代にスタン・ゲッツとの名コンビで知られるアルバート・デイリー
がこの1974年のライブにも参加しており素晴らしいピアノが聴ける逸品です。
しかも、驚異的に音が良いのも特筆すべき点です。チック・コリアに名作である
「La Fiesta」、そして代表曲「Wave」まで収録された大推薦のタイトルです。

1.Introduction
2.Lester Left Town
3.Lover Man
4.Annoumcement
5.Times Lie
6.Stan's Blues
7.La Fiesta
8.Wave

Live At Berlin, Germany 11/01/1974

Stan Getz(ts)
Albert Dailey(p)
George Mraz(b)
Billy Hart(dr)




KURT ROSENWINKEL / VIENNE 2004(1CDR)

Cyberseekers - 新譜ブログ

2004年、夏に行われたヨーロピアン・ツアーから7月9日のフランス・ヴィエンヌ
でのライブから2曲、そして7月24日のフィンランド・ポリ・ジャズでのライブから
3曲を収録した「現代ジャズギターの革新者にして伝導師」カート・ローゼンウィンケル
の初ブートが入荷しました。前半の2曲ではピアノにブラッド・メルドーが、テナー
にはジョシュア・レッドマンが参加しておりファンには聞き逃すことが出来ないライブ
になっています。また、後半3曲ではピアノがジョシュア・レッドマンとのコンビで
知られるアーロン・ ゴールドバーグが参加しています。またベースにはパット・メセニー
とのキャリアで有名なラリー・グレナディア、ドラムにはウィントン・マルサリス、
マーカス・ロバーツ等とのキャリアなどで実力も認められているアリ・ジャクソンが
参加しています。現代ジャズ・シーンの中心人物がバックを担当してのステージは
カート・ローゼンウィンケルの本領発揮の場になってオーソドックスながら革新的な
テクニックから生み出されるギターワークが最大の聴きモノとなっています。

1.Brooklyn Sometimes
2.Cubism
3.Brooklyn Sometimes
4.Synthetics
5.The Next Step

Track1-2 Live At Vienne, France 07/09/2004
Track3-5 Live At Pori Jazz, Finland 07/24/2004

Track1-2

Kurt Rosenwinkel(g)
Brad Mehldau(p)
Joshua Redman(ts)
Larry Grenadier(b)
Ali Jackson(dr)

Track 3-5
Kurt Rosenwinkel(g)
Aaron Goldberg(p)
Joshua Redman(ts)
Larry Grenadier(b)
Ali Jackson(dr)



 iTunes Store(Japan)

コメントの投稿

非公開コメント

Cyberseekers
名古屋市千種区今池1丁目5-9 オフィスイリヤビル2階

新譜ブログ

Author:新譜ブログ
名古屋で創業33年となるジャズ・セレクトショップです。マイルス、キース・ジャレットを筆頭にパット・メセニー、マイケル・ブレッカー、モダンジャズ等のCDを取り扱っています。オンラインストアはこちらから

リンク
最新記事
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
QR