2014年9月11日・最新タイトル

チック・コリア / ドルトムント 2014(2CDR)




2014年5月21日、ドイツ・ドルトムントで開催された
クラヴィア・フェスティバルでのライブを現地で放送されたFM音源を収録した
素晴らしいクオリティのピアノファン待望のタイトルが登場しました。

ピアノ1台でのソロ・パフォーマンスになっており、近年精力的に活躍している
チックのステージは今年も聴き逃せません。セットリストにはビル・エヴァンスや
セロニアス・モンクの楽曲をも演奏されておりカルロス・ジョビン等の
名曲も披露された最高のライブが収録されてファン必聴盤です。

ライブ・アット・ドルトムント、ドイツ 05/21/2014

Disc 1
1.It Could Happen To You
2.Desafinado
3.Turn Out The Stars
4.Very Early
5.Work
6.Pasttime Paradeise
7.Mazurka In A Moll, Op 17.No.4

Disc 2
1.The Dortmund Choir
2.Portrait #2 - Vihius
3.The Yellow Nimbus
4.Improvisation
5.Inprovisation 2
6.Children's Songs
7.Amando's Rhumba

チック・コリア(p)






ミッシェル・ペトルチアーニ / グラスゴー 1991(1CDR)



1991年名盤「プレイグラウンド」のリリースに伴って行われた
希少度の高いツアーから7月7日のグラスゴー公演をサウンドボードで収録してます。

アルバム同様、アダム・ホルツマンのシンセサイザーが加わってており
控え目なシンセサイザーがペトルチアーニのピアノを引き立てています

アルバムの1曲目に収録されてファンにはその美しいピアノが印象的だった
「セプテンバー・セカンド」からステージは始まり、スタジオとは
ひと味違う名曲になっています。また、ジャン・ピエールのフレーズが出て
会場も盛り上がる「マイルス・デイビス・リックス」、マクラフリン作の
「マイルス・ビヨンド」等、聴所は満載になっています。

ライブ・アット・グラスゴー、スコットランド 07/07/1991

1.September Second
2.Miles Davis' Licks
3.Bite
4.Band Introductions
5.Rachid
6.Estate
7.Piango, Pay The Man
8.Miles Beyond
9.Hayrula
10.'Round Midnight
11.Looking Up

ミシェル・ペトルチアーニ(p)
アダム・ホルツマン(synth)
スティーブ・ローガン(b)
ビクター・ジョーンズ(dr)
アブドゥ・エムボウ(perc)






ブラット・メルドー&クリスチャン・マクブライド / ブルーノート 2014(2CDR)



2014年6月6日、ニューヨーク・ブルーノートで開催された
ブルーノート・ジャズ・フェスティバルでのスペシャル・ライブがCD化されました。

相棒を変えて精力的に活動しているブラッド・メルドーですが今回
その相棒に選ばれたのはその安定してプレイに定評あるクリスチャン・マクブライド。
ピアノとアコーステック・ベースだけと云うシンプルな構成です。
それ故、お互いのアドリブがメインとなってステージは展開されます。

スペシャル・ナイトとなったこのライブのセットリストは正に特別で
ヘレン・メリルで有名な「ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ」
ショーターでお馴染みの「フットプリンツ」、その他「ダーン・ザット・ドレーム」
「クライ・ミー・ア・リヴァー」等の名曲が演奏されています。
音質もサンプルをお聴きになればお判りの通りオーディエンス録音としては
ピカイチのクオリティになっています。是非、お聴き頂きたい逸品です。

ライブ・アット・ブルーノート、ニューヨーク 06/06/2014

Disc 1
1.Think Of One
2.You'd Be So Nice To Come Home
3.Footprints
4.Darn That Dream
5.Confirmation

Disc 2
1.Crazyology
2.Beatrice
3.Cry Me A River
4.We See
5.G Blues
6.A Night In Tunisia

ブラット・メルドー(p)
クリスチャン・マクブライド(b)






ブライアン・ブレイド / ヴィリザウ 2014(1CDR)



2014年8月、スイス・ヴィリザウで開催されたジャズ・フェス
での模様を最高級のサウンドボード音源で収録したタイトルが登場しました。

今年4月にリリースされたアルバム「ランドマークス」は
ブルーノート復帰作となりジャズファンの間で大きな話題になりました。
そのフェロウシップ・バンドの最新ライブが聴ける!と云うだけで
ファンの方々は飛び上がること間違いありません。しかもその
音質がステレオ・サウンドボードだからこれはもう必聴です。
スタジオ録音とは異なった迫真のステージをお聴き下さい。

ライブ・アット・ヴィリザウ、スイス 08/30/2014

1.Farewell Bluebird
2.Landmarks
3.Shenandoah
4.Season Of Change

ブライアン・ブレイド(dr)
ジョン・カウハード(p)
メルビン・バトラー(ss, ts)
マイロン・ウォルデン(as, bcl)
クリス・トーマス(b)




コメントの投稿

非公開コメント

Cyberseekers
名古屋市千種区今池1丁目5-9 オフィスイリヤビル2階

新譜ブログ

Author:新譜ブログ
名古屋で創業33年となるジャズ・セレクトショップです。マイルス、キース・ジャレットを筆頭にパット・メセニー、マイケル・ブレッカー、モダンジャズ等のCDを取り扱っています。オンラインストアはこちらから

リンク
最新記事
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
QR