2015年1月22日最新タイトル

パット・メセニー・グループ / ボトムライン 1978(2CDR)

1978年9月、パット・メセニー・グループとしてのデビュー・アルバム「想い出のサン・ロレンツォ」のリリースに伴う特別プロモーション・ライブからニューヨーク、ボトムラインで行われたステージをサウンドボード収録しています。

1974年にゲイリー・バートンのアルバムに参加して翌年にはジャコ・パストリアスを迎えて「ブライト・サイズ・ライフ」をリリースしており、ここニューヨークにおいても
ファンの熱狂的な歓声で迎えられた素晴らしいライブです。
また、このライブでは翌1979年にリリースされたアルバム「アメリカン・ガレージ」からの楽曲も特別に披露されており、全米に放送されたこのライブはパット・メセニー自身
並々ならぬ気合が入ったステージだったことが感じ取れる
逸品です!







アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ / ソウルフル・マスター(1CDR)



1981年、若干20歳のウィントン・マルサリスを大胆にフューチャーしたアート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズの1981年未発表ライブ!!

トランペットのウィントン・マルサリスを筆頭にビルピアース、ボビーワトソンの3管での編成になっており力強い演奏が展開された王道ライブです。しかもピアノには技巧派としてファンの多いジェームス・ウィリアムスが参加している点にも注目です。洗練された彼のピアノはバンドの中で重要な存在だということを改めて知る事になります。
しかし、やはり最大の注目はマルサリスのトランペット!

若々しいマルサリスのソウルフルな演奏はフレディー・ハバードやリー・モーガンが絶賛したプレイを披露して新伝承派の幕開けライブとなります。若きマルサリス入魂のステージ、是非お聴き下さい。

ライブ・アット・ホーヘフェーン、オランダ 03/21/1981

1.Band Introduction
2.Full Of Love
3.The Double Up
4.How Deep Is The Ocean
5.Soulful Master Timmons
6.Wheel Within A Wheel

ウィントン・マルサリス(tpt)
ボビー・ワトソン(as)
ビリー・ピアース(ts)
ジェームズ・ウィリアムス(p)
チャールス・ファンブロー(b)
アート・ブレイキー(dr)






ジョー・ヘンダーソン・トリオ / ウンブリア・ジャズ 1993(1CDR)



1993年7月、イタリア・ペルージアで行われた男気あるれる三人によるステージをステレオ・サウンドボード音源にて収録した大推薦盤になります。

前年の1992年、デイブ・ホランド、アル・フォスターらが参加してNYで録音されたアルバムをリリースしており、その流れからこのトリオでのライブがヨーロッパでのジャズ・フェスティバル限定で実現したと思われます。
長年、メイン・ストリームを渡り歩いて来たこの骨太三人衆の演奏はハード・バップ魂溢れる粋な演奏がでジョー・ヘンの表現力豊かな美しいテナーが響き渡る最高のライブ!
ラストはファンに人気の高い「ラッシュ・ライフ」も演奏され極上クラスの1枚です。

ライブ・アット・ウンブリア・ジャズ、ペルージア、イタリー 07/18/1993

1.Recorda Me
2.Ask Me Now
3.Take The A-Train
4.Y Ya La Qiuero
5.Lush Life

ジョー・ヘンダーソン(ts)
デイブ・ホランド(b)
アル・フォスター(dr)

Cyberseekers
名古屋市千種区今池1丁目5-9 オフィスイリヤビル2階

新譜ブログ

Author:新譜ブログ
名古屋で創業33年となるジャズ・セレクトショップです。マイルス、キース・ジャレットを筆頭にパット・メセニー、マイケル・ブレッカー、モダンジャズ等のCDを取り扱っています。オンラインストアはこちらから

リンク
最新記事
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
QR