2015年1月28日再入荷タイトル

ハービー・ハンコック&ヘッドハンターズ / デトロイト 1973(3CDR)



1973年、真冬のデトロイトで行われた初期ヘッドハンターズを率いての
ライブをライブ関係者より流出したサウンドボード音源より収録の圧巻ライブ3枚組です。

パトリック・グリーソンが正式加入した貴重なライブ音源で、アルバム「SEXTANT」からの
楽曲がアルバムと比べて2倍以上の長さ演奏されている点などこの商品でしか
聴くことが出来ないアンサンブルばかりを収録しておりマイルスのアガルタを彷彿させる
カオス的なファンキーなスタイルとフォービートが交じり合った演奏が最大の魅力です。
トランペットで参加しているエディ・ヘンダーソンのプレイはアルバム「クロッシング」
とはケタ違いにハメを外したマイルスの匂いが感じられる激しい演奏で感激!
元ソースが当時のカセットテープよりの復刻音源になり若干のヒスノイズが生じます。
それを差し引いてもじっくりと聴き込む事が可能な圧倒的な演奏が詰まっています。

ライブ・アット・デトロイト、ミシガン 02/20/1973

ハービー・ハンコック(keyb)
ベニー・モウピン(reeds, perc)
バスター・ウィリアムス(b)
ビリー・ハート(dr, perc)
エディ・ヘンダーソン(tpt, fl)
ジュリアン・プリースター(trb, perc)
パトリック・グリーソン(synth)

詳細は下記サイトまで!
http://bit.ly/1fixvY2








ハービー・ハンコック&ヘッドハンターズ / ウルトラ・ソニック 1973(1CDR)



1973年リリースされジャズ・ファンクの名盤となり多くのミュージシャン
に多大な影響を与えたファースト・アルバム「ヘッドハンターズ」はあまりにも
有名ですが、今回入荷した商品は彼らの貴重な初期ライブから1973年、10月
NYのソニック・スタジオにおける記念すべきライブをマスター・カセットより
サウンドボード音源で発掘された待望の商品が登場しました。

マイルス同様にアコーステックからエレクトリックに移行したハービーが
集めた超スゴ腕メンバーによって生み出すグルーブ感はライブによって
初めて覚醒されると言っても決して過言じゃありません。
オープニングはハービーが音楽を担当したブラック・シネマ「反逆のエージョント」
に挿入されていたアクチャル・プルーフからスタートです。これは必聴です!!

ライブ・アット・ウルトラソニック・スタジオ、ハムステッド、ニューヨーク 10/01/1973

ハービー・ハンコック(keyb),
ベニー・モウピン(sax),
ポール・ジャクソン(b),
マイク・クラーク(dr)

詳細は下記サイトまで。
http://bit.ly/1tnmo8j







ハービー・ハンコック / ボストン 1973(1CDR)



1973年10月13日、ボストン・ポールズ・モールでの
プロモーション用特別ライブをサウンドボード音源で収録したタイトルになります。

マイルス・バンドを卒業後に彼の目指した音楽はジャズ&ファンクを融合した
まっ黒なグルーブで当時はこの斬新なサウンドに音楽界は驚いたことです。
今回、メガ・ディスク・レーベルからのタイトルではノイズ・レスな音質で
このポールズ・モールでのライブではダントツのクオリティになっています。

ライブ・アット・ポールズ・モール、ボストン 10/13/1973

ハービー・ハンコック(keyb)
ベニー・モウピン(sax)
ポール・ジャクソン(b)
マイク・クラーク(dr)

詳細は下記サイトまで。
http://bit.ly/1BwejOO






ハービー・ハンコック&ヘッドハンターズ / カンサス・シティ 1974(2CDR)



1974年、10月16日にカンサス・シティで行われたライブを奇跡的に
発掘されたサウンドボード音源より収録したタイトルになります。

このライブは過去、極端に音質が悪いオーディエンス録音で収録されたトホホな
ブートが出回っていましたが今回、発掘された音源は、それとは大きく異なった
サウンドボード音源からの収録になりファンには聞き逃せないタイトル!!
ポール・ジャクソンのファンキーなベース、マイク・クラークの変拍子ドラム、そして
やっぱりカッコいいベニー・モウピンのサックス。バンドの一体感が感じられ
そこから生み出されるまっ黒なグルーブを堪能出来る携必聴の極上音源です。

ライブ・アット・カンサス・シティ、ミズリー 10/16/1974

ハービー・ハンコック(keyb)
ベニー・モウピン(sax)
ポール・ジャクソン(b)
マイク・クラーク(dr)
ポール・サマーズ(perc)

詳細は下記サイトまで。
http://bit.ly/1H9J9mp







ハービー・ハンコック&ヘッドハンターズ / ハングアップ 1975(1CDR)



1975年11月のネブラスカ、オマハで行われたプロモーション用の
特別ライブが激レアなサウンドボード音源で収録したファン必聴盤になります。

この1975年11月7日のライブは1973年、1974年ライブとはメンバーも
メ異なっておりギターとしてブーティーとも交友があるブラックバード・マックナイトが
参加している点がやはり注目です。彼のブラック・パワーが炸裂したギターは流石!!
また、余談ですがこのオマハ公演は伝説になっている1975年の中野サンプラザ公演と
同じメンバー構成で行われたステージでエポック・メイキング的タイトルです!!

ライブ・アット・オマハ、ネブラスカ 11/17/1975

ハービー・ハンコック(keyb)
ベニー・モウピン(sax, fl)
ブラックバード・マックナイト(g)
ポール・ジャクソン(b)
マイク・クラーク(dr)
ビル・サマー(perc)

詳細は下記サイトまで。
http://bit.ly/1kXetns


Cyberseekers
名古屋市千種区今池1丁目5-9 オフィスイリヤビル2階

新譜ブログ

Author:新譜ブログ
名古屋で創業33年となるジャズ・セレクトショップです。マイルス、キース・ジャレットを筆頭にパット・メセニー、マイケル・ブレッカー、モダンジャズ等のCDを取り扱っています。オンラインストアはこちらから

リンク
最新記事
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
QR