2015年1月30日再入荷タイトル

ハービー・ハンコック・トリオ / モントリオール 2003(2CDR)



デイブ・ホランド、ジャックデジョネットを伴ってのトリオで行われた2003年
モントリオール・ジャズ祭でのライブを最高級のステレオ・サウンドボード録音した2枚組です。

時代の先取りで色々な意味で話題になるハービーですが、このモントリオール・ジャズ祭の
ステージでは近年稀に見る美しいピアノの音色を聴かせてくれています。この日、演奏された
楽曲をご覧になればシンプルなスタンダードばかりで力量が問われる楽曲ばかりで彼の並々ならぬ
意気込みが伝わって来ます。バックの2人もハービーとの相性は皆さん知っての通りでトリオが
奏でるアドリブの素晴らしさをじっくりとお聴き頂けます。これこそ名演です!!
肝心のセットリストは「フォー・オール・ユー・アー」、「パステル・ラプソディー」
その他「ワン・フィンガー・スナップ」や「ドルフィン・ダンス」等のスタンダードも
より完成度の高い演奏が収録されています。
妥協を許さない至高のトリオの名演をお聴き下さい。

詳細は下記サイトまで!
http://bit.ly/1wCYwIP






ハービー・ハンコック・カルテット / ロング・ビーチ 1984(1CDR)



1984年7月、ロングビーチで開催されたクィーン・メリー・ジャズフェスに
最強カルテットで望んだハービー・ハンコックのライブを最高音質で収録しています。

カルテットのメンツは、フレディ・ハバード、ロン・カーター、トニー・ウィリアムスで
テナーがなくても演奏はVSOPの再来とも云えるハード・バップ・ライブです。
オープニングの「バードライク」からバンドはフルスロットルで最高のノリ!!
続いての」ドルフィン・ダンス」、「カンタロープ・アイランド」と名曲のオンパレード!
メンバーのソロ・パートもタップリと収録されて時間を忘れて聴き入ってしまいます。
勿論、音質も驚きの高音質サウンドボード収録でジャズの醍醐味が詰まったアイテムです。


カルテットで今回初めてCD化されたロングビーチ公演ではモダンジャズ・ファンが
歓喜するハード・バップ・ライブが縦横無尽に展開されています。
最高のメンバー、最高の選曲、ノリにノッてるカルテットの魅力が炸裂してます!

詳細は下記サイトまで!
http://bit.ly/1tvrJKI

Cyberseekers
名古屋市千種区今池1丁目5-9 オフィスイリヤビル2階

新譜ブログ

Author:新譜ブログ
名古屋で創業33年となるジャズ・セレクトショップです。マイルス、キース・ジャレットを筆頭にパット・メセニー、マイケル・ブレッカー、モダンジャズ等のCDを取り扱っています。オンラインストアはこちらから

リンク
最新記事
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
QR