2015年3月26日最新タイトル

デビッド・サンボーン / ヴィトリア 1991(1DVDR)

sanborn91dvd.jpg

1991年、恒例のヨーロッパ・ジャズ・フェスティバルより7月15日のヴィトリア・ジャズでのライブを高画質&高ビットレートで収録したDVDがリリースされました。

オープニングはファンに人気の高い「ファースト・ソング」でサンボーンのアルトは無論、ピアノのケニー・カークランドの新主流派的演奏と云われるプレイに聞き惚れてしまいます。
彼は98年に惜しくも43歳という若さで世を去ってしまいましたが今でもレベルの高いプレイ・スタイルに影響を受けた若手も多いと聴いています。それ以外にもベースにはチャーネット・モフェット、ドラムスにはアル・フォスター等で固めたバック・メンバーのノリの良さにサンボーンのテナーも艶っぽい音色でステージを盛り上げています。2曲目にはオーネット・コールマン作の「ザ・グッド・ライフ」、3曲目はケニーのピアノをフューチャーした「トナリティ・アトーンメント」続いてラテン・タッチにアレンジされたマーカスの名曲「キャメル・アイランド」等の名曲が披露されたステージは必見!!ラストにはショーターの名曲「ブラック・ナイト」までも演奏された62分のステージです。【メーカーインフォより】











ジョン・マクラフリン、アル・ディ・メオラ&パコ・デ・ルシア / フランクフルト 1980(2CDR)

211620.jpg

1980年10月、ドイツ・フランクフルトでのスーパー・ギター・トリオによるエレガントで圧巻のライブを生々し過ぎる高音質で収録した待望のタイトルです。

多種多様なスタイルが持ち味のマクラフリン、叙情的なフレーズでの超速弾きギタリスト、アル・ディ・メオラ、そして天才フラメンコ・ギタリストであるパコ・デ・ルシアによる見事なアンサンブルとインター・プレイを全曲収録しています。三人の個性を全面に出したソロ・パートから互いが火花を散らしながらバトルを展開する楽曲を構成の妙がご堪能頂けます。芸術とまで語られた伝説のライブは貴方の心に響きます。
尚、当時録音されたカセットテープからの音源で若干ヒスノイズが生じる楽曲もあります。
【メーカーインフォより】


ライブ・アット・フランクフルト、ドイツ 10/31/1980

Disc 1
1.Monasterio de Sal
2.Gitanos Andaluces
3.DiMeola Solo
4.McLaughlin Solo
5.Mediterranean Sundance

Disc 2
1.Frevo Rasguado
2.Short Tales Of The Black Forest
3.Chanela
4.Manha De Carnaval
5.Spain

ジョン・マクラフリン(g)
アル・ディメオラ(g)
パコ・デ・ルシア(g)







ハービー・ハンコック&チック・コリア / シアトル 2015(2CDR)

211621.jpg

37年ぶりに共演ツアーがはじまったジャズ・レジェンド二人によるピアノ・デュオ・コンサートからその初日公演を収録しています。

お互いにマイルス・スクールの門下生でジャズの生きた歴史を背負ってきたある意味ライバルなのですが今年3月からなんと37年ぶりになるピアノ・デュオによるライブが行われることは今年のジャズ・シーンの大きなエポックメイキングになることは間違いありません。本盤は注目の中で行われた初日3月14日シアトルでのステージをマニアが会場内で録音したマスター音源を収録しています。ライブ前半はチック・コリアのピアノとエレクトリック・ピアノが会場を魅了しており卓越したセンスの良さが光るステージを展開。後半はハービーの登場となり代名詞と云われる楽曲をピアノとベテランならではの円熟したテクニックで心憎い演奏を披露しています。マイクノイズが生じる箇所がありますがご了承下さい。【メーカーインフォより】

Disc 1
1.Improvisation(fade in)
2.Improvisation / Easy To Love
3.Implication

Disc 2
1.Dolphine Dance
2.Solar
3.Maiden Voyage
4.Spain
5.Cantaloup Island

ライブ・アット・パラマウント・シアター、シアトル 03/14/2015

ハービー・ハンコック(p, synth)
チック・コリア(p, el-p)







マイケル・ブレッカー&ケニー・バロン・トリオ / FOUR(2CDR)

211622.jpg

2000年11月4日、ケニー・バロン・トリオにマイケルが特別参加した激レアなステージの音源をリマスターして再登場盤になります。

プロ・ツールで24ビット/96khzのデジタル・トランスファーを施し録音時の乱れを補正しバランス重視でのトリートメント作業により10年以上前にリリースされていた旧タイトルとは異なった超優良オーディエンス録音として
生まれ変わった音源を用いています。マイケルのテナーがブローした時に音が割れてしまっていた箇所や、楽曲の途中で音圧が下がってしまった箇所をスタジオ・エンジニアによって原音を損なうことの無いように修正された音像は
「オーディエンス録音だから」と敬遠していた貴兄も必ずや「何コレ?」と息を飲む高い明瞭感とパンチの効いた音になっています。ケニー・バロンの美しいピアノのとマイケルのテナーが相まって表現豊かな演奏が展開されてた素晴らしいライブがジャケットも一新して新装リリースされました。本盤のリリースに伴い旧タイトルは廃盤です。【メーカーインフォより】


Disc 1
1.Introduction
2.Confirmation
3.Naima
4.Autumn Leaves
5.Invitation

Disc 2
1.Introduction
2.Four
3.Body And Soul
4.Impressions
5.Blue Monk

マイケル・ブレッカー(ts)
ケニー・バロン(p)
レイ・ドラモンド(b)
シルビア・クエンカ(dr)



Cyberseekers
名古屋市千種区今池1丁目5-9 オフィスイリヤビル2階

新譜ブログ

Author:新譜ブログ
名古屋で創業33年となるジャズ・セレクトショップです。マイルス、キース・ジャレットを筆頭にパット・メセニー、マイケル・ブレッカー、モダンジャズ等のCDを取り扱っています。オンラインストアはこちらから

リンク
最新記事
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
QR