2015年7月30日最新タイトル

マーカス・ミラー / ノース・シー・ジャズ 2015

211688.jpg

2年ぶりのアルバム「アフロディジア」も好評で2月の来日公演も大盛況で健在ぶりを示したマーカスのこの夏の最新ライブがDVDで到着しました。

ロッテルダムで開催されたジャズ・フェス「ノーズ・シー・ジャズ」に出演した模様を高画質で68分収録したライブは、オーディエンスとの掛け合いもありリラックスした雰囲気で進行されています。テンプテーションズの名曲「パパ・ワズ・ア・ローリング・ストーン」の冒頭でマーカスが同じくテンプテーションズの大ヒット曲「マイ・ガール」のイントロをベースで演奏したらオーディエンスは大歓声。フェスティバル用と思われる非常にノリの良いライブでファンの方々には必見の映像になります。





ウェザー・リポート / アスター・シアター 1978(2CDR)

211691.jpg

1978年、ピーター・アースキンをドラムに迎えてリリースされたアルバム「ミスター・ゴーン」リリースに伴うアメリカン・ツアーではメガ・ディスク・レーベルより高音質で収録されたタイトルが既にリリースされていますが、このペンシルバニアアスター・シアター公演ではサウンドボード音源が使用されておりマニアの方々にとって嬉しいタイトルが登場しました。

ザヴィヌルのシンセとショーターのサックスが織り成すサウンドに進化したジャコのベースが加わったライブはオフィシャル盤「8:30」でも聴く事は出来ますが残念ながら統一感が感じられませんでした。そんな中、高音質サウンドボード音源で収録された本盤のリリースは有意義なことになります。





ボブ・バーグ・カルテット / パリ 1993(2CDR)

211689.jpg

1993年、アルバム「エンター・ザ・スピリッツ」リリース後にプロモーション用として特別に行われた貴重なライブを最高級のサウンドボード録音した必聴盤です。

オープニングはアルバムでも1曲目に収録されていた「セカンド・サイド」からスタートしており並々ならぬ気合が感じ取れます。タイトな楽曲からバラードまで彼の非凡な感性で奏でられるテナーは感銘を受けること間違いなしです。ソロ・パフォーマンスの音源が殆ど残されていないので2枚組での本番は聴き応えも充分です。





クルセダーズ / 東京 1980(1CDR)

211690.jpg

1980年の来日公演より1月12日の東京でのライブを高音質ステレオ・サウンドボード音源より収録したファン垂涎盤になります。

前年1979年の東京公演の高音質盤はメガ・ディスクからリリースされていますが翌年の東京公演もそれに負けない高音質のステレオ音源が使用されています。またこの来日公演ではアイアート・モレイラがパーカッションで参加しています。大ヒット曲
「ストリート・ライフ」もランディ・クロフォードの美しい歌声でしっかり聴かせてくれます。1980年、クルセダーズの新しい歴史がはじまったと云われる1980年東京でのライブをお聴き下さい。



Cyberseekers
名古屋市千種区今池1丁目5-9 オフィスイリヤビル2階

新譜ブログ

Author:新譜ブログ
名古屋で創業33年となるジャズ・セレクトショップです。マイルス、キース・ジャレットを筆頭にパット・メセニー、マイケル・ブレッカー、モダンジャズ等のCDを取り扱っています。オンラインストアはこちらから

リンク
最新記事
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
QR