2107年1月12日最新タイトル

パット・メセニー・グループ / ヒューストン 1981

211902.jpg

1981年3月27日、テキサス・ヒューソトン大学でのライブステージが奇跡的に発掘された超A級音質のサウンドボード音源で収録されたファン感激の初登場音源がリリースされました。

マニアが所有していた秘蔵音源を元ソースとしており、テープ自体の保存が完璧な状態であったことが幸いし誰が聴いてもオフィシャル盤と勘違いしそうな超A級クリスタル音質で発掘されたことに拍手を送りたい素晴らしい美的ライブになっています。全曲捨て曲なしの大傑作ライブでメセニーワールドを体感して下さい。


Disc 1
1.Phase Dance
2.Better Days Ahead
3.The Windup
4.James
5.Offramp
6.It's For You
7.The Bat Part II
8.Ozark
9.Turnaround

Disc 2
1.Goin' Ahead / As Falls Wichita, So Falls Wichita Falls
2.Jaco
3.Untitled / Au Lait
4.San Lorenzo
5.(Cross The) Heartland
6.American Garage





ジャック・デジョネット・ディレクションズ / ブレーメン 1976

211903.jpg

1976年2月、ドイツ・ブレーメンでプロモーションとして特別に行われたライブ・ステージを発掘音源より初めて収録した正真正銘の激レア音源盤が登場しました。

プレステッジ・レーベルから1枚、ECMレーベルからは3枚とオフィシャルではアルバムがリリースされているジャック・デジョネット・ディレクションズ。本番はECMレーベルからリリースされた「アンタイトル」リリース後のライブとなり、ファンの皆様には本音源の計り知れないレア度がお判り頂けると思います。アルバム「アンタイトル」ではキーボードでウォーレン・バーンハートが録音に参加していますが本ライブ前にバンドを脱退しており、本ライブではジャック・デジョネットがピアノを弾いており哀愁あるピアノ・ソロを奏でてデジョネットの多彩な才能を再確認して頂けます。アバークロンビーの鋭いギターワークに絡むアレックス・フォスターのサックスが刺激的なサウンドを構成しておりスタジオ録音では決して味わうことが出来ないライブをご堪能下さい。

ライブ・アット・ブレーメン、ドイツ 02/12/1976

1.N.N.
2.Totally Free
3,Flying Spirits
4.Fantastic

ジャック・デジョネット(dr, p)
ジョン・アバークロンビー(g)
アレックス・フォスター(ts, ss)
マイク・リッチモンド(b)

Cyberseekers
名古屋市千種区今池1丁目5-9 オフィスイリヤビル2階

新譜ブログ

Author:新譜ブログ
名古屋で創業33年となるジャズ・セレクトショップです。マイルス、キース・ジャレットを筆頭にパット・メセニー、マイケル・ブレッカー、モダンジャズ等のCDを取り扱っています。オンラインストアはこちらから

リンク
最新記事
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
QR