2017年4月22日再入荷タイトル

マイルス・デイビス / ボストン 1973(1CD)

10320.jpg

1973年、10月17日ボストンにある有名ジャズ・クラブ「ジャズ・ワークショップ」
におけるマイルス&バンドのステージを現地で生放送された音源から収録したオフィシャル仕様プレス盤CDです。

アナウンサーがバンド・メンバーの紹介を行っているその後ろではもう既にバンドのウォーミングアップがスタートしておりアナウンサーがその様子を気にしながらの様子がこちらにもヒシヒシと伝わって来ます。この10月17日のライブを聴くとマイルスとバンドの双璧を成すデイブ・リーブマンの演奏が際立って聴こえて来ます。彼自身が本ライブの1週間前となる10月10日、11日にNYでファースト・アルバム「ルックアウト・ファーム」の録音を終えてこのボストンに意気揚々と乗り込んで来たリーブマンの超過激なソロ・パファーマンスは正に必聴となります。勿論、リーブマンを「その気」にされているのは御大マイルスのキレの良いサウンドがあってのことは言うまでもありません。その本気マイルスが堪能出来るのは「プレリュード」での演奏。日本以外の海外コレクター間では「アガルタ・プレリュード」と命名されいます。今回の音源では既発盤を上回るクリアーなステレオ感でこの「プレリュード」の名演を聴くことが出来、それだけでも皆様には感動を持って堪能して頂けます。





マイルス・デイビス / アット・ザ・ファイナル(1CD)

10395.jpg

1973年、2回にわたって行われた伝説のヨーロピアン・ツアーから記念すべきツアー最終日となる11月21日のフランス・ボルドー公演が発掘された高音質マスター・カセットから収録されたレジェンダリー・レーベルのプレス盤CDです。

旧タイトルである「ボルドー・1973」と比べるとそのステレオ感が一層リアルに体感して頂けます。ピート・コージー&レジー・ルーカスが奏でるギター・ワークもしっかり左右に分離されて収録していますのでサウンド自体の立体感も大きく増している点が注目です。また、放送用に収録されたライブと異なり「生の1973年ライブ」を聴く幸せも存分にご堪能して頂けます。伝説になった1973年ヨーロピアン・ツアーの最終日、本音源はプレス盤でのリリースに相応しい新たな帝王伝説になります。





マイルス・デイビス / オリンピア 1973(1CD)

10396.jpg

1973年7月11日にパリ・オリンピア劇場で行われたキレッキレッの超ド級のライブが、発掘された再放送音源から驚きの超A級音質で収録したレジェンダリー・レーベルのマイルス・マニア垂涎となる必聴盤です。

フランスのFM局「ヨーロッパ 1」にて再放送されたパリ、オリンピア劇場でのライブは、正にサウンド・バランスも納得の素晴らしいクリティで収録されており、ステージ上で繰り広げられるマイルス・バンドのパフォーマンスを生々しくお聴き頂けます。オープニングから常識を逸脱した超ハイ・テンションでストレートに叩き出されたマイルス・バンドの音像はマニア成らずとも聴き入ってしまいバンド全体で生み出されるこのグルーブ感は名盤が多い1973年ライブにおいても上位に位置されることは間違いありません。1曲目、放送アナウンサーの声もギリギリでカブることなく収録されていますので安心して最初からお聴き頂けます。また、ネット上で流通してる音源では音割れなど聴き苦しい箇所も随所にあるとの話ですが今回のレジェンダリー盤でははじめて放送音源から収録されていますので音全てが明瞭で自然なダイレクト感いっぱいの最高音質で収録されています。1973年ヨーロピアン・ツアーに新たなる帝王伝説決定盤タイトルが仲間入りです!!





マイルス・デイビス / ガーデン・パビリオン 1982(2CDR)

10393.jpg

1982年4月28日、オランダ・ハーグのガーデン・パビリオンで行われたライブをはじめてマニアによって発掘された放送音源を収録した極上音源マニア垂涎盤となります。

「サウンドボード音源は出尽くした」と言われた1982年のヨーロピアン・ツアーですが本タイトルはマニアによって新たに発掘された激レアな放送音源を元ソースとしてはじめて収録しており途中の煩わしいアナウンスも本音源ではカットしてあり何ら問題なくマニアの方々に聴いて頂けます。当時の放送を録音したカセットテープの保存状態が良かったのが幸いしてビル・エヴァンスのサックス、マーカスの落ち着いたベースそして激しく叩きつけるアル・フォスターのドラム等マイルスを支えるバンドのアンサンブルもサウンドボードの安定した音質で聴けることは快挙と言えます。マイルスが我々音楽ファンに遺してくれた音の「遺産」を最良の形でお楽しみください。





マイルス・デイビス / ベルリン 1983(1CDR)

10435.jpg

1983年10月29日のベルリン公演よりアフタヌーン・ショーが、ドイツのFM番組「レイト・ナイト・ジャズ」で初めて放送されました。本タイトルはその貴重な音源をデジタルのまま収録した超高音質盤となります。

これまで一切出回っていなかったこの音源を本盤はダイレクトにしており1983年ライブCD中でも確実にトップに君臨するであろうダイアモンド・クリアー・サウンドで収録しています。このままオフィシャルとしてリリース出来るクリアーなサウンドはステレオ感、立体感ともに聴いた誰もが満足して頂ける正に極上盤。マイルスとバンドが創り出すグルーブ感が今ここに蘇ります。是非、この貴重な音源をお楽しみ下さい!

SHURE イヤホン SE215 Special Edition/カナル型 高遮音性/トランススルーセントブルー SE215SPE-A 【国内正規品】

新品価格
¥11,380から
(2017/4/23 10:45時点)

Cyberseekers
名古屋市千種区今池1丁目5-9 オフィスイリヤビル2階

新譜ブログ

Author:新譜ブログ
名古屋で創業33年となるジャズ・セレクトショップです。マイルス、キース・ジャレットを筆頭にパット・メセニー、マイケル・ブレッカー、モダンジャズ等のCDを取り扱っています。オンラインストアはこちらから

リンク
最新記事
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
QR