ジョー・ファレル、名門クラブ「ザ・ライトハウス」でのライブを全曲収録した衝撃の音源!!

ジョー・ファレル・カルテット / ザ・ライトハウス・テープス(2CDR)

212045.jpg

1981年3月、最強カルテットで行った名門クラブ「ザ・ライトハウス」に出演したライブ・ステージの模様を関係者から流出したレアーなマスター級音源で全曲初めてステレオ音源で収録したファン感激となる垂涎のライブ2枚組がリリースされました。

1960年代にはサド・ジョーンズ&メル・ルイス・オーケストラに参加し、チャーリー・ミンガスやエルビン・ジョーンズのカルテットにも参加、そして伝説と云われるリターン・トゥ・フォエバーのデビュー・アルバムにも参加してその実力はジャズ・ファンに強い印象を残しています。1970年中盤からは、CTIレーベルに移籍しアルバムを3枚録音しその中の「ペニー・アーケイド」は今聴いても新鮮で後のジャズ・シーンに大きな影響を与えたアルバムです。さて、CTIレーベルを離れ新たにコンテンポラリー・レーベルに移りフレディ・ハバード、ピーター・アースキン等が参加したアルバム「ソニック・テキスト」をリリースしスリリングなプレイで彼の傑作として評価の高い作品をリリースしました。本ライブは、そのアルバムをリリースしたのツアーからロサンジェルスにある名門ジャズ・クラブ「ザ・ライトハウス」で行われたライブで、一説にはこのライブはオフィシャル録音されながら何故か未発表に終わった幻の音源と言われたライブ音源です。メガ・ディスク・レーベルでは、限りなくマスターに近いステレオ音源を元ソースに本ライブをCD化しており原音の持つ魅力を最大限に引き出しています。歴史的な名音源をお楽しみ下さい。試聴も出来る商品サイトはこちらから。

Disc 1
1.Speak Low(16:44)
2.Morning Song(13:55)
3.Bara-Bara(13:45)

Disc 2
1.Byrdlike(17:03)
2.My Funny Valentine(12:52)
3.St. Thomas(14:55)
4.Theme (I'm An Old Cowhand)(1:42)

ライブ・アット・ザ・ライトハウス、ハモサ・ビーチ、ロサンジェルス 03/29/1981

ジョー・ファレル(ts, fl)
ジョージ・ケイブルス(p)
ボブ・マグナッソン(b)
ピーター・アースキン(dr)
Cyberseekers
名古屋市千種区今池1丁目5-9 オフィスイリヤビル2階

新譜ブログ

Author:新譜ブログ
名古屋で創業33年となるジャズ・セレクトショップです。マイルス、キース・ジャレットを筆頭にパット・メセニー、マイケル・ブレッカー、モダンジャズ等のCDを取り扱っています。オンラインストアはこちらから

リンク
最新記事
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
QR