【ギル・エヴァンス・オーケストラ】1984年、NYのクラブで行われた歴史的未発表セッション・パート1

ギル・エヴァンス・オーケストラ / セブンス・アベニュー・サウス 1984 Vol.1(3CDR)
★ フィーチャリング:ジャコ・パストリアス、デビッド・サンボーン&マイク・スターン ★

211803.jpg

1984年1月9日、ニューヨークのセブンス・アベニュー・サウスに集った豪華メンバーによる夢のようなライブセッションを完全収録したマニア垂涎となるシリーズがマニア秘蔵音源から2枚組で2,980円とお求め易い価格で遂にリリースが開始されました。

視聴も出来る商品サイトはこちらをクリックしてお入り下さい。

「スウィート・ベイジル」でのライブより3年前もとなる1984年、ギル・エヴァンスの元に集ったメンバーはと申しますとジャコ・パストリアス、デビッド・サンボーン、マイク・スターン、ハイラム・ブロック、クリス・ハンター等で構成されたビッグバンド・オーケストラになります。サンボーンはオープニングから3曲目までの45分間のみ参加になりますが、サンボーン節で観客を沸かせています。

さて、ジャコに関してはオープニングからラストまでの参加となっていますのでファンの方にとって外すことが出来ないタイトルになります。勿論、マイク・スターン、ハイラム・ブロックの両ギタリストのプレイも聞き逃せません。オーディエンス録音とは言えこの音源はマニアの方々のお宝となり当時のNYの香りを残す非常にレアーなタイトルになります。

参加メンバーです。
ギル・エヴァンス(conducter, keyb)
ジャコ・パストリアス(b)
デビッド・サンボーン(as)1st stage
クリス・ハンター(as)
マイク・スターン(g)
ハイラム・ブロック(g)
リッキー・フォード(ts)
マイルス・エヴァンス(tpt)
ガイ・バーカー(tpt)
ルー・ソロフ(tpt)
トム・マローン(tb)
ピート・レビン(synth)
アダム・ヌスバウム(dr)
バグジー・ムーア(perc)


-------------------------------------------


ギル・エヴァンス・オーケストラ / セブンス・アベニュー・サウス 1984 Vol.2(3CDR)
★ フィーチャリング:ジャコ・パストリアス、ビル・エヴァンス&ジョン・スコフィールド ★

211804.jpg

1984年1月16日、ニューヨークのセブンス・アベニュー・サウスに集った豪華メンバーによる夢のようなライブセッションをディスク3枚に収録したマニア垂涎のタイトル第2弾が登場しました。

第2弾となる1月16日NYライブに参加しているミュージシャンは、ジャコ・パストリアス、マーク・イーガン、ビル・エヴァンス、クリス・ハンター、トム・マローン、そしてギターにはジョン・スコフィールドがギル・エヴァンスの元に集ってジャンルを超えた演奏を自由に展開しています。やはり聴きモノはジョン・スコのギターとジャコのベースプレイになり、ビッグバンドでのジャコのプレイは改めて関心させられます。歴史に埋もれてしまうには余りに損失が大きい音源故、このように発掘されCD化されたことの意味は非常に大きいと思われます。是非、お聴き下さい!!

参加メンバーです。
ギル・エヴァンス(conducter, keyb)
ジャコ・パストリアス(b)
マーク・イーガン(b)
ジョン・スコフィールド(g)
ビル・エヴァンス(ts)
リッキー・フォード(ts)
クリス・ハンター(as)
マイルス・エヴァンス(tpt)
マーヴィン・ピーターソン (tpt)
ルー・ソロフ(tpt)
トム・マローン(tb)
ピート・レビン(synth)
アダム・ヌスバウム(dr)


---------------------------------------------


ギル・エヴァンス・オーケストラ / セブンス・アベニュー・サウス 1984 Vol. 3(2CDR)
★ フィーチャリング:デビッド・サンボーン、ハイラム・ブロック&ジョン・スコフィールド ★

211811.jpg

1984年2月13日、ニューヨークのセブンス・アベニュー・サウスに集った豪華メンバーによる夢のようなライブセッションをディスク2枚に収録したマニア垂涎のタイトル第3弾が登場しました。1月9日のライブでは残念ながら前半にしか参加していなかったデビッド・サンボーンですが、今回登場した2月13日のライブではラストまで大々的にフーチャーされておりファンの方々にとって聴き逃
せないタイトルとなっています。サンボーンの豪快なアルトに会場内のボルテージも盛り上がった様子もよく判ります。また、サンボーンとの相性抜群のハイラム・ブロックのギターとハイラムとは初コンビとなるジョン・スコフィールドのギター・ワークもお互い火花を散らすスゴい展開でこれはもう必聴間違いなしの逸品。オーディエンス録音とは言えこの音源はマニアの方々のお宝となり当時のNYの香りを残す非常にレアーなタイトルになります。

参加メンバーです。
Gil Evans(conducter, keyb)
David Sanborn(as)
Hiram Bullock(g)
John Scofield(g)
Chris Hunter(as)
Gary Joynes (ts)
Miles Evans(tpt
Shunzo Ohno(tpt)
Hannival Mervin Peterson(tpt)
Tom Malone(tb)
Mark Eagan(b)
Pete Levin(synth)
Kenwood Dennard(dr)
Bugsy Moore(perc)


---------------------------------


ギル・エヴァンス・オーケストラ / セブンス・アベニュー・サウス 1984 Vol. 4(2CDR)
★ フィーチャリング:ジャコ・パストリアス、デビッド・サンボーン&ジョン・スコフィールド ★

211812.jpg

1984年2月20日、ニューヨークのセブンス・アベニュー・サウスに集った豪華メンバーによる夢のようなライブセッションをディスク3枚に収録したマニア垂涎のタイトル第4弾が登場しました。

第4弾となる2月20日NYライブではジャコ・パストリアスが特別にフュチャーされた凄まじいステージとなっており、ライブ中盤にはソロ・パートまでも披露されています。また、ジャコのベースから弾け出すグルーブ感に他のメンバーも感化され迫真のライブが展開され、サンボーンもバラード主体の2月13日のライブよりもファンキーでカッコいいサンボーン節を連発しています。歴史に埋もれてしまうには余りに損失が大きい音源故、このように発掘されCD化されたことの意味は非常に大きいと思います。

参加メンバーです。
Gil Evans(conducter, keyb)
Jaco Pastorius(b)
David Sanborn(as)
John Scofield(g)
Chris Hunter(as)
Gary Joynes (ts)
Lew Soloff(tpt)
Miles Evans(tpt)
Shunzo Ohno(tpt)
Tom Malone(tb)
Mark Eagan(b)
Pete Levin(synth)
Adam Nussbaum(dr)

Cyberseekers
名古屋市千種区今池1丁目5-9 オフィスイリヤビル2階

新譜ブログ

Author:新譜ブログ
名古屋で創業33年となるジャズ・セレクトショップです。マイルス、キース・ジャレットを筆頭にパット・メセニー、マイケル・ブレッカー、モダンジャズ等のCDを取り扱っています。オンラインストアはこちらから

リンク
最新記事
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
QR