【キース!】1992年、ソロ・ライブ全曲盤&2003年、トリオでの完全版が登場!

キース・ジャレット・トリオ / ペララーダ 2003

212139.jpg

2003年、ヨーロッパと北米だけに限定で行われたツアーから7月20日にスペインで行われたペララーダ城音楽祭に出演した貴重なライブの模様をマニアが会場内ベスト・ポジションでデジタルHD録音に成功したマスター音源から収録したファン垂涎盤が登場しました。

この2003年のヨーロッパ&北米ツアーは僅か19公演しか行われれず勿論、来日公演も無く謎に包まれたツアーとなっていました。その中からメガ・ディスク・レーベルからツアー初日公演(ニューアーク)が唯一のタイトルとしてリリースされマニアの方々に重宝されていました。今回リリースされたスペン、ペララーダ城音楽祭でのライブが2003年ツアーお待たせの第2弾となります。4月に行われたニューアーク公演では僅か6曲という収録でしたが、本盤ではアンコールの2曲も含め全11曲の全曲版で登場しました。また演奏自体の完成度も初日と比べると格段にアップしていることが判ります。ツアーから15年経過してようやくリリースされた決定盤、是非じっくりとお聴き下さい。

Disc 1
1.It Could Happen To You
2.I'm Going To Laugh You
3.St. Thomas
4.I Didn't Know What Time It Was
5.I Thought About You

Disc 2
1.Sunshine Song
2.The Song Is You
3.You've Changed
4.Straight No Chaser
5.God Bless The Child
6.When I Fall In Love

ライブ・アット・ペララーダ城音楽祭、ペララーダ、スペイン 07/20/2003

キース・ジャレット(p)
ゲイリー・ピーコック(b)
ジャック・デジョネット(dr)


◇――――――――――――――――――――――――◇


キース・ジャレット / ミュンヘン 1992

212140.jpg

1992年ツアーは前半5公演がスタンダード・トリオでのライブとして行われ、10月17日のジュネーヴ公演から5公演がキースだけのソロ・パフォーマンスとして行われました。キースのソロとしては10月19日のドイツ、ケルン公演がメガ・ディスク・レーベルからリリースされています。スタンダード・トリオの演奏とは違い、ピアノだけで進行するソロ・パフォーマンスではキースの感性の赴くまま至高の演奏がコンサート毎異なった展開となり、それこそがキースのソロ・ライブを聴く嬉しさでもあります。是非、最高のパフォーマンスを体感して下さい。

Disc 1
1.Part Ⅰ
2.Part Ⅱ

Disc 2
1.Part Ⅲ
2.Keith Speech
3.Improvisastion
4.Somewhere Over The Rainbow

ライブ・アット・フィルハーモニー、ガスタイク、ミュンヘン、ドイツ 10/23/1992

キース・ジャレット(p)
Cyberseekers
名古屋市千種区今池1丁目5-9 オフィスイリヤビル2階

新譜ブログ

Author:新譜ブログ
名古屋で創業33年となるジャズ・セレクトショップです。マイルス、キース・ジャレットを筆頭にパット・メセニー、マイケル・ブレッカー、モダンジャズ等のCDを取り扱っています。オンラインストアはこちらから

リンク
最新記事
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
QR