【キャノンボール・アダレイ】ジョージ・デュークが参加した1972年ライブが入荷!

キャノンボール・アダレイ / ベルリン 1972

212187.jpg

ジャズ、ファンキー・ジャズの立役者の一人としても知られ粋なフレージングとリズム感が持ち味でもあるキャノンボール・アダレイがキーボードに若きジョージ・デュークを迎えのヨーロッパ・ツアーからベルリン、フィルハーモニー公演の模様を再放送されたクリアー音源から収録した傑作ライブがリリースされました。

オフィシャル盤では前年1971年のライブがリリースされていますが、アルバム・プロデューサーであるデヴィッド・アクセルロッドの手が入り賛否両論ありましたが本ライブ・レコーディングでは一切の編集がないストレートなジャズをご堪能頂けます。オープニングは名曲「ブラック・メサイア」からスタートし若きジョージ・デュークをフィチャーしたファンキー・ナンバー「ハミン」では弟のナット・アダレイのプレイが聴きモノです。その他、ハービーに捧げられた名曲「ドクター・ホノリス・カウザ」ではメンバーのグルーブが融和した必聴バージョンとなっています。ウォルター・ブッカーのアコーステック・ベース、キャンノンボールの信頼も厚いロイ・マッカーディのドラムスもツボを押さえたプレイでフロントの3人をバックアップしています。未編集のライブを最高級の音質で収録した名作、ジャズ・ファンの皆さんは絶対お見逃しないようにお願いいたします!

1.Rhythm Section / The Black Messiah
2.Member Introduction
3.Hummin'
4.Dr.Honoris Carsa
5.Directions / Drums Solo
6.Mercy / Mercy / Mercy
7.Piano & Bass Duet
8.Walk Tall

ライブ・アット・フィルハーモニー、ベルリン、ドイツ 11/02/1972

212187_label.jpg


キャノンボール・アダレイ(as, ss)
ナット・アダレイ(cornet)
ジョージ・デューク(keyb)
ウォルター・ブッカー(b)
ロイ・マッカーディ(dr)


Cyberseekers
名古屋市千種区今池1丁目5-9 オフィスイリヤビル2階

新譜ブログ

Author:新譜ブログ
名古屋で創業33年となるジャズ・セレクトショップです。マイルス、キース・ジャレットを筆頭にパット・メセニー、マイケル・ブレッカー、モダンジャズ等のCDを取り扱っています。オンラインストアはこちらから

リンク
最新記事
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
QR