【オーネット・コールマン】1991年、スイスでの高音質ライブCDが再入荷!

オーネット・コールマン&プライム・タイム / ルガーノ 1991

211220.jpg

クローネンバーグ監督「裸のランチ(Naked Lunch)」の音楽を担当したことで話題になった1991年のオーネット・コールマン。その1991年7月にスイスで開催されたジャズ・フェスティバルに出演したライブをFM放送から収録したファン待望のライブが登場しました。

プライム・タイム時代ではパット・メセニーの名前が思い出されますが、本作でのメンバーはギターにケン・ウェッセル、クリス・ローゼンバーグ。キーボードにはケン・ブライアント、ベースにはアル・マクダウェル、パーカッションには重鎮バダル・ロイ、そしてドラムには息子であるデナード・コールマンとで構成されています。オープニングは「Song X」からスタートして2曲目には1961年作の名曲「Harlem's Manhattan」、そして「What's TheNameOf That Song」と続くファン感激3連発でノックアウト間違いなし。しかも収録されている音質が大変良いのでオーネット・コールマンを筆頭にしてメンバーが繰り広げるインプロヴィゼーションの世界がバッチリと堪能して頂けます。名演です、お聴きください!

1.Song X
2.Harlem's Manhattan
3.What's The Name Of That Song
4.If I knew As Much About You(As You Know About Me)
5.The Door Is Open
6.Waltz
7.Kathelin Gray
8.Local Instinct
9.Bach Cello Suite
10.Bourgeois Boogie
11.Birthplace
12.Piccolo Pesos
13.Virgin Beauty
14.Badal
15.Spelling The Alphabet

ライブ・アット・ルガーノ、スイス 07/09/1991

オーネット・コールマン(sax, tpt, Violin)
デイブ・ブライアント(keyb, p)
クリス・ローゼンバーグ(g)
ケン・ウェッセル(g)
クリス・ウォーカー(b)
アル・マクダウェル(b)
デナード・コールマン(dr)
バダル・ロイ(tablas)
Cyberseekers
名古屋市千種区今池1丁目5-9 オフィスイリヤビル2階

新譜ブログ

Author:新譜ブログ
名古屋で創業33年となるジャズ・セレクトショップです。マイルス、キース・ジャレットを筆頭にパット・メセニー、マイケル・ブレッカー、モダンジャズ等のCDを取り扱っています。オンラインストアはこちらから

リンク
最新記事
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
QR