2013年12月14日入荷商品

デイブ・ホランド・カルテット / ロンドン 2009(2CDR)



2009年、ロンドンで開催されたジャズ・フェスティバルから11月20日の
ライブをオフィシャル級の最高級ステレオ・サウンドボード音源で収録しています。

デイブ・ホランドのニュー・プロジェクト「オーヴァー・トーン・クァルテット」での
ステージとなっておりテナーにはクリスポッター」がフューチャーされておりまた、
ピアノには若き逸材ジェイソン・モランが参加してる点が注目です。
重厚なクリス・ポッターのテナーから奏でられるインプロビゼーションは
とてもスリリングでグイグイと演奏に引き込まれ時の経過を忘れてしまいます。

ライブ・アット・ロンドン・ジャズ・フェスティバル、ロンドン 11/20/2009

DISC 1
1.THE OUTSIDERS
2.WALK IN THE WALK
3.PATTERNS
4.GUMMY MOON

DISC 2
1.INTERCEPTION
2.SKY
3.BLUE BLACKS

デイブ・ホランド(b)
クリス・ポッター(ts)
ジェイソン・モラン(p)
エリック・ハーランド(dr)







ヤン・ガルバレク・グループ / ジャズ・ワークショップ 1979(2CDR)



1979年、ドイツ・キールで行われたライブを極上のサウンドボード音源にて収録した2枚組。
メンバーはガレエバレクを筆頭に、ギターは元RTFのビル・コナーズ、ピアノはジョン・テイラー
ベースはエバーハルド・ウェーバー、そしてドラムスはヨン・クリステンセン。すべてECM所属
のメンバーでこれはもうECMオールスターズのライブと言っても過言じゃありません。

演奏内容はと申しますと、参加メンバーの代表曲の数々を持ち前のインプロヴィゼーションで
展開しており全編これ聴き所になっている点がこの2枚組最大の売りになっています。
また、ステレオ・サウンドボードで収録された音質も忘れてはいけません。ビル・コナーズが弾く
アコーステック&エレクトリック・ギターの音色が左右から広がり、響き渡るガレバレクのサックス!
ECMファン、また全ジャズ・ファンにお勧めする当店推薦のライブ2枚組です。

ライブ・アット・ジャズ・ワークショップ・キール、ドイツ -7/10/1979

DISC 1
MELTING
2.ENTERING
3.SILENCE
4.WINDOWS
5.RED ROOF / SPANISH SAMBA

DISC 2
1.BLUE SKY
2.PASSING
3.SPHOHR
4.GOING PLACES
5.SKYGGER
6.ARRIVEE

ヤン・ガルバレク(sax)
ビル・コナーズ(g)
ジョン・テイラー(p),
エバーハルト・ウエーバー(b)
ジョン・クリスチャンセン(dr)







イリアーヌ・イリアス・トリオ / プレイ・ビル・エヴァンス(1CDR)



完璧な音質、そしてゴージャスな内容でリリースされたイリアーヌ・イリアス・トリオ
2008年4月のチェコ・ブルノでのステージを収録した傑作盤が登場しました。

注目の内容は、“美の探究者”「ビル・エバンス」の名作を取り上げた貴重なステージ。
スタジオ盤では2007年にNYで録音されたSomething For Bill Evansがリリース
されていますが、ライブでの演奏は本盤が初登場になります。スタジオでの録音と
比べても何ら遜色のない素晴らしい音質はブートとは思えない透き通ったクオリティー
で録音されています。イリアーヌのビル・エバンスに対する想いを聴くことが出来る
「MY FOOLISH HEART」のピアノ・ソロは珠玉の名演と云えます。また。ヴォーカルも
しっとりとしたハスキーな歌声で聴く側の心を癒します。トム・ジョビン&ドロレス・デュラン
の作品「あなた故に」、そしてラストにはスタン・ゲッツやアントニオ・カルロス・ジョビン
でも有名なボサノバの大傑作「デサフィナード」でこのライブをシメています。
スタジオ録音では味わえないライブならではのアンサンブルを是非お楽しみ下さい。

LIVE AT BRNO, CZECH REPUBLIC 04/29/2008

1.I LOVE MY WIFE
2.YOU AND THE NIGHT AND THE MUSIC
3.WALTZ FOR DEBBY
4.MY FOOLISH HEART
5.BOWING TO BUD
6.POR CAUSA DE VOCE
7.HERE'S SOMETHING FOR YOU
8.DESAFINADO

イリアーヌ・イリアス(p, voc)
マーク・ジョンソン(b)
アダム・ナスバウム(dr)







デイブ・ブルーベック・カルテット / バーゼル 1963(1CDR)



デイヴ・ブルーベックのライブ・アーカイブス初登場となる1963年9月
スイス・バーゼルで行われたステージを発掘された貴重な放送音源より収録。

「A列車で行こう」から始まるステージはこのノリの良い1曲で会場の雰囲気は
もう最高潮に持ち上がっており彼らの人気がここスイスでも高かったこと証明してます。
デイヴ・ブルーベックが奏でるピアノは無論、本作品で注目した欲しいのは
やはりポール・デスモンドのアルト・サックスです。オフィシャル・ライブでは
控えめなソロ・パフォーマンスでしたが、スイスでは素晴らしいアルトを響かせています。
そしてジョー・モレロ、張り切って迫力あるドラミングで圧倒されてしまいます。
また、本盤には「琴ソング」も収録されておりファンは要チェックです!!

ライブ・アット・バーゼル、スイス 09/28/1963

1.Take The A Train
2.Audrey
3.Cable Car
4.You Go To My Head
5.Take Five
6.Koto Song
7.Pennies From Heaven
8.Shim Wa

デイブ・ブルーベック(p),
ポール・デスモンド(as),
ユージン・ライト(b),
ジョー・モレロ(dr)





名古屋・今池のジャズ&フュージョンCD、DVDセレクト・ショップ!
専門店ならではの厳選した良品のみを取り扱うジャズ・セレクト・ショップになります。
お気軽にサイトにご訪問下さい。また、リアル・ショップの地図も掲載しています。

メール cyberseekers@cyberseekers.com
電話 (052)741-7020
http://www.cyberseekers.com/new1.htm

コメントの投稿

非公開コメント

Cyberseekers
名古屋市千種区今池1丁目5-9 オフィスイリヤビル2階

新譜ブログ

Author:新譜ブログ
名古屋で創業33年となるジャズ・セレクトショップです。マイルス、キース・ジャレットを筆頭にパット・メセニー、マイケル・ブレッカー、モダンジャズ等のCDを取り扱っています。オンラインストアはこちらから

リンク
最新記事
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
QR