2010年8月26日入荷タイトル

MILES DAVIS / DIETIKON 1971 FIRST SHOW(2CDR)


cyberseekers


1971年10月22日、スイス・ディエティコンで行われたステージから
その第1部を新しく発掘されたマスターより収録されたオフィシャル仕様プレス盤CD.。


この10月22日のライブは6年ほど前にレジェンダリー・レーベルからブラック・エモーション
でリリースされていましたが今回、新たに発掘された2003年・オランダのDRS3FMで
再放送音源を収録したDATマスターが使用しており音質の劣化なしの
ファースト・ジェネレーション・マスターから製作されています。既発盤(ブラック・エモーション)
と比べると音質の差は歴然としており、ウルトラクリアーと表現しても全く問題ない
鮮度抜群・安定感トップクラスの極上音質でショウの第1部を楽しむことができます。
因みに既発盤であるブラック・エモーションは1987年の放送マスターを使用しておます。


まずはオープニングでのレオン・チャンスラーのダイナミックなドラムでスタートしそれに
音を重ねるはキース・ジャレットのエレピ。そしてマイケル・ヘンダーソンのベースが始まる
や否やマイルスの鋭い一撃がこれからはじまる魅惑のマイルス・ワールドに貴方を誘います。
また、立体的なリアル・ステレオの音質でこそキース・ジャレットのパートが燦然と輝きを放っています。
1曲目、2曲目と疾走したバンドをクール・ダウンさせる名曲「サンクチュアリ」での繊細なタッチ。
チック・コリアがバンドを去ってから、キースのエレクトリック・ピアノはステップ・アップしています。
そして、3分42秒続いた静寂を切り裂いて始まる「イッツ・アバウト・ザッツ・タイム」。
曲の冒頭聞こえる「ウォウ!」と云う粋な雄叫びはキースなのでしょうか?
そしてこの日の宴は「ビッチェズ・ブリュー」から狂乱の後半に突入してイキます。

時代を超えて今なお多くのファンを魅了し続ける「帝王伝説」から人気の1971年ライブを
最高音質で楽しめる本作は間違いなくファン必聴で限定プレスCDでリリース登場しました。


Cyberseekers - 新譜ブログ


LIVE AT DIETIKON, SWITERLAND 10/22/1971(EARY SHOW)


DISC 1

1.DIRECTIONS
2.WHAT I SAY
3.SANCTUARY
4.IT'S ABOUT THAT TIME


DISC 2

1.BITCHES BREW
2.FUNKY TONK
3.SANCTUARY / THE THEME


MILES DAVIS(tpt)
GARY BARTZ(ss, as)
KEITH JARRETT(el-p, org)
MICHAEL HENDERSON(el-b)
NDUGU LEON CHANCLER(dr)
CHARLES DON ALIAS(perc)
JAMES MTUME FORMAN(perc)




MILES DAVIS / BOSTON 1973(1CD) 


cyberseekers


1973年、10月17日ボストンにある有名ジャズ・クラブ「ジャズ・ワークショップ」における
マイルス&バンドのステージを現地で生放送された音源から収録したオフィシャル仕様プレス盤CD.。


アナウンサーが、バンドの紹介をしているその後ろではもう既にバンドのウォーミングアップ
が始まっており、アナウンサーがその様子を気にしながらの模様が伝わって来ます。
この10月17日のライブを聴くとマイルスと双璧を成すデイブ・リーブマンの演奏が際立って
聴こえています。1週間前、10月10日、11日とNYでファースト・アルバムである名盤
「ルックアウト・ファーム」の録音を終えてこのボストンに意気揚々と馳せ参じた訳になります。
このライブで聴けるリーブマンの過激なソロ・パファーマンスはそのことが影響してるのでしょうね。
勿論、リーブマンを「その気」にされているのは御大マイルスのキレの良いサウンドあってのこと!
その本気マイルスが堪能出来るのは「プレリュード」での演奏。日本以外の海外コレクター間では
「アガルタ・プレリュード」と命名されいます。今回の音源では既発盤を上回るクリアーなステレオ感で
この「プレリュード」の名演を聴くことが出来、それだけでも皆様には感動して頂けます。
また、今回は数種類リリースされているCDR盤とは異なったマスターを使用しており、ホンの僅かながらノイズが生じる箇所もありますが、テープに手を加えず未編集にて収録していますのでご容赦下さい。

時代を超えて今なお多くのファンを魅了し続ける「帝王伝説」から人気の1973年ライブを
最高音質で楽しめる本作は間違いなくファン必聴で限定プレスCDでリリース登場しました。


Cyberseekers - 新譜ブログ


LIVE AT JAZZ WORKSHOP, BOSTON 10/17/1973


1.BAND WARMING UP & VOICEOVER INTRODUCTION
2.IFE
3.PRELUDE
4.ZIMBABWE


MILES DAVIS(tpt, org)
DAVE LIEBMAN(ts, ss, fl)
PETE COSEY(g)
REGGIE LUCUS(g)
MICHAEL HENDERSON(b)
AL FOSTER(dr)
JAMES MTUME FORMAN(perc)




MILES DAVIS / NORTH SEA 1984(2CDR)


cyberseekers


1984年、7月15日に出演したノース・シー・ジャズ・フェスティバルでの
ライブを新たに発掘された新サウンドボード音源から収録しています。


この7月15日のライブ音源は過去に、メガ・ディスク・レーベルよりサウンドボード音源で
リリースされていましたが、如何せん音が良好ではないサウンドボード音源・・・つまり
テープ・ジャネレーションが若くないカセット・テープをマスターとした商品となり
演奏内容はAランクながら音質はBランクと云われていた商品でしたが、今回発掘された
新サウンドボード音源は若干のテープ・ヒスは生じますが、マイルス愛好家の皆様には
問題なく・・・と云うより「ここまで音が良くなったのか!」とニンマリと頷いて頂ける商品にと変貌しました。
このジャズ・フェスティバルでの演奏では「SOMETHING ON YOUR MIND」が2回演奏されています。
マイルス自身がこの楽曲自体を気にいっていたのか? またはオーディエンスの反応が好評で
それによって気を良くしたマイルスがラストにもう1回バンドに命じて演奏されたのか???
今となってはその答えが見付かりませんが、その模様はこのブートでしか聴くことが出来ません。


LIVE AT NORTH SEA JAZZ FESTIVAL, THE NETHERLAND 07/15/1985


DISC 1
1.SPEAK
2.STAR PEOPLE
3.WHAT IT IS
4.IT GETS BETTER
5.SOMETHING ON YOUR MIND


DISC 2
1.TIME AFTER TIME
2.HOPSCOTCH
3.JEAN PIERRE
4.CODE M.D.
5.SOMETHING ON YOUR MIND(inc)


MILES DAVIS(tpt, synth)
BOB BERG(ts, ss)
JOHN SCOFIELD(g)
ROVERT IRVING III(synth)
DARRYL JONES(b)
AL FOSTER(dr)
STEVE THORNTON(perc)




名古屋・今池のマイルス・デイビス&ジャズ・フュージョンCD・DVDセレクト・ショップ!
帝王マイルスが残した1940年代~1991年までの貴重な未発表ライブ、スタジオ
未発表録音等、当専門店でしか購入出来ない商品を厳選して取り揃えています。
その数、およそ250タイトル以上で国内最大級の商品数を誇るマイルス・ショップ。
また、ジャズ&フュージョン関係アーチストの貴重ライブCD、ライブDVDまで
専門店ならではの厳選した良品のみを取り扱うジャズ・セレクト・ショップになります。
お気軽にサイトにご訪問下さい。また、実店舗の地図も掲載しています


cyberseekers

コメントの投稿

非公開コメント

Cyberseekers
名古屋市千種区今池1丁目5-9 オフィスイリヤビル2階

新譜ブログ

Author:新譜ブログ
名古屋で創業33年となるジャズ・セレクトショップです。マイルス、キース・ジャレットを筆頭にパット・メセニー、マイケル・ブレッカー、モダンジャズ等のCDを取り扱っています。オンラインストアはこちらから

リンク
最新記事
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
QR